『光の消えざるさきに、煉獄で』再掲しました。
ライトノベルと幻想小説とファンタジーとホラーの隙間を漂い彷徨うよくわからないジャンルの小説でございますが、よろしくお願いいたします。