9年ほど前に書いていた小説の掲示板を見つけました。

自分のは恥ずかしくて読みませんでしたがその時に仲良くなった友人の小説を読むことにしました。

コメントだけ見ても懐かしい。