聖女様~の登場人物一覧です。
5章途中で入れるのもなんだかな……と思いつつ、5章からの登場人物もいるので5章頭に入れるのもしっくり来ず……。

というわけで、ひとまず近況ノートに置いておきます。
5章が無事に終わったら、5章ラストに移動しようと思っています。

5章手前くらいまでのネタバレがあるのでご注意ください。



以下、登場人物一覧。
――――――――――――――――――――――――――
【人間】

〇エレノア・クラディール
主人公。十七歳(一か月足らずで十八歳)。
クラディール伯爵家の次女。聖女を目指していたが、魔力不足で挫折。
幼馴染のアマルダから『無能神』と呼ばれる醜い神様との結婚を押し付けられる。

陽気で強気で無鉄砲。考えるよりも口と手が先に出る。要領は悪い。
友達はけっこう多い方。


〇リディアーヌ・ブランシェット
アドラシオンの聖女。
王家の血を汲む公爵家のお姫様。優れた魔力を持つ。
特技はお菓子作り。それ以外もやらせればわりとなんでもできる。

高飛車で高慢。不器用で誤解されやすい性格をしている。
子供好き。友達はいなかった。


〇アマルダ・リージュ
最高神の聖女。
男爵家の娘。エレノアの幼馴染。魔力量が非常に多い。
穢れを知らない清い心の持ち主。

深い付き合いをしない相手からは非常に評判がよく、深く付き合うほど評価が両極端になる。
悪気はない。


〇ロザリー・フォレ
ルフレの聖女。
高位貴族の娘。神殿の他の聖女をいじめていた。
ルフレからは避けられている。


〇マリ・フォーレ
しまった名前がかぶってました。一か所しか出てないので隙を見て変えておきます……。

つむじ風の神トゥールの聖女。
神様には会えないけど毎日掃除をしている。
ロザリーの遠縁で取り巻き。貴族の血を引くけど爵位なし。
背が高く痩せている。口調はややきつい。口も悪い。

ソフィとは「いとこ」か「はとこ」くらいの血縁。


〇ソフィ・グレース
蔓薔薇の神フォッセの聖女。
マリと同じく、ロザリーの遠縁で取り巻き。貴族の血を引くけど爵位なし。
背が低くちょっとぽっちゃり気味。口調はどちらかというとおっとり。でも口は悪い。

マリとは「いとこ」か「はとこ」くらいの血縁。


〇マティアス・ベルクール
ソワレの聖女。二十代。
優しく優雅な王子様タイプ。下位の聖女にも親切。
神官たちと協力し、神殿の穢れにあたっている。
ソワレの聖女であることが誇り。


〇レナルド・ヴェルス
神殿の高位神官。アマルダの取り巻き。
背が高くかなり太っている。
神殿内ではそれなりに影響力があり、面倒見が良いので特に下から慕われている。
聖女嫌いで聖女からは嫌われている。
口が悪い。


〇エリック・セルヴァン
伯爵家の息子。
エレノアの元婚約者。いかにもな好青年。
エレノアとはそれなりに上手くやっていた。
純朴で、本人が思っている以上に素直な性格。
特に女性関係では騙しやすそう。


〇クラディール伯爵
エレノアの父。
小心者であまり有能でもなく、亡き妻に尻に敷かれていた。
自己肯定感に飢えていて、全肯定してくれるアマルダを娘以上にかわいがっている。


〇マリオン・ルヴェリア
エレノアの姉。
エレノアより要領が良く、エレノアより苛烈。
アマルダとはずいぶんと揉めたらしい。
公爵と結婚し、実家とは縁を切ったが、たまにエレノアに手紙を出している。


〇ルヴェリア公爵
姉旦那。本編で姿を見せることはないと思います。


〇クラディール伯爵夫人
エレノアの母。故人。
エレノアが物心つくより先に亡くなっているので、エレノアに母との思い出はない。



【神様】

〇神様(クレイル)
無能神と呼ばれ、冷遇される神。序列は最下位。
人間たちの持つ悪感情(穢れ)を受けすぎたために姿を保てなくなり、記憶も失った。
姿を保てなくなった神様はヘドロのような見た目で悪臭も放っていたが、エレノアが来てからなぜか急にぷるんとした。
ヘドロ→ぷるん→自在に伸び縮みを経て、現在は人型。
記憶はまだ取り戻していない。

おっとりした性格で、誰に対しても敬語で接する。
アドラシオンにだけ敬語が抜けることがある。
穢れの影響で、思考が若干乱れ気味。


〇アドラシオン
序列二位。
戦神で建国神。弱きを助け悪を挫く正義の神。
いつも忙しくて、ちょくちょく神殿を留守にしている。
でも神様を気にかけていて、よく様子を見に来る。


〇ルフレ
序列三位。
光の神。ソワレの双子の兄。
口が悪いタイプの生意気なお子様神。


〇ソワレ
序列三位。
闇の神。ルフレの双子の妹。
背伸びをするタイプの生意気なお子様神。


〇グランヴェリテ
序列一位。最高神。
口数少なく無表情。人間たちの呼びかけにもほとんど応えない、他神とは一線を画した存在。
こんな顔してたっけ……?


〇トゥール
つむじ風の神。序列は下位。
穢れを受け止めすぎて姿を見せられなくなったけど、今も神殿にとどまっている。


〇フォッセ
蔓薔薇の神。序列は下位。
穢れを受け止めすぎて姿を見せられなくなったけど、今も神殿にとどまっている。


――――――――――――――――――――――――――


こんな感じでしょうか。
不足があればご指摘いただければと思います!

9件のコメント

  • トゥールとフォッセは穢れを引き受けすぎて姿を見せなくなったのですね!
    知らなかった…いや、私が見落としていた??

    読み直してきますっε===(っ≧︎ω≦︎)っ

  • マリとソフィの神様は穢れを受け止めすぎて姿を見せられないんですか!?
    グランヴェリテの「こんな顔してたっけ」の一文が意味深です。
    そして神様の一文!「穢れの影響で、思考が若干乱れ気味。」そうだったんですね!?!?
    これを踏まえて読み直したい・・・!!!

  • 近況コメント発見!
    最近更新届かない作品が結構あり、こちらも見失っていた状態だったので助かりました。
    申し訳なかったです“(. .*)ペコ

    そして人物紹介お疲れ様です。

    しかし、アマルダあれで悪気無いんだ……。
    悪意の塊かの様に読めていたので自分の読解力の無さに衝撃を受けています。

    さて、追いつかないと!

  • >ferrari0430さん
    たしか書いておいた……ような……書いてなかったかも……(あいまい)
    もしかしてぽろっと本編に書き忘れていた設定があるかもです……!

    >春夏さん
    やっぱり脳内にだけあって書き忘れている内容がけっこうあるっぽいですね!
    私も読み直してきます~~~!!

    >hyperclockupさん
    わー!近況書いて良かったです!再発見いただきありがとうございます!
    30話くらい辛い展開が続くと思いますが、追いついてくださると幸いです!
    アマルダの本質が見えるのはもう少し先になりそうです(小声)

  • アマルダを見てると、悪意のない害悪ほど始末に負えないものってないなって、つくづく思います。リアルにいると正気と健康と人間関係をゴミに変えられるだけだから、出会った瞬間に絶縁状を叩きつける事おすすめな人種な気がします。確かルフレがどっかでマリ達の神様の事話してましたよね?ソフィアに襲われた後辺り読み返してきます。

  • ごめんなさい。ソフィアじゃないや。ロザリーさん。2章40話。穢れを溜め込みすぎて〜とは書いてないけど、どこか他のところで書いてましたっけ?村咲様のお話し、キャラクターが丁寧に作り込まれてるから読んでて楽しいです。完結したら最初から読み直したい。

  • >yuna0206さん
    マリソフィの神様、さら~っと本文に書いてないことを紹介していたようです……。
    3章36話のルフレのセリフが一番それっぽいですが、明言していませんでした……(うっかり)

    わーい!丁寧に作り込むことができていたならよかったです~!
    キャラクター、頭の中には鮮明にあっても文章として上手く落とし込めないな……といつも苦しんでいたので、そう言っていただけて嬉しいです!

  • 登場人物だぁ。マリとソフィの神様はクレイル様と同じで穢れを受け止めすぎで、自身の聖女達の前に姿を出せなかったのか。早く穢れを祓えて二人の前に姿を見せてあげれると良いですね。分かりやすくて助かりました。

  • >Cookie569さん
    登場人物です~。
    うっかり本編に書いてないことまで書いてしまっていたようで。。。
    やったーわかりやすく書けていたならよかったです!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン