※早乙女日菜子(ヒナ)
家庭科部の高校二年生。身長は家庭科部では中間。髪の毛は一番長い。
天真爛漫で、正直な性格。直感で動くタイプ。
時にそれが奇跡を起こしたりトラブルを引き起こす。
成績はそこまで良くないが、ノートを着飾るのは上手い。
長い髪の毛をポニーテイルにする行動が、彼女のマジモードへの移行のサインである。一人称「私」。

※菊池麻耶(マヤ)
日菜子の同級生で親友。身長は家庭科部で一番高い。髪の毛は一番短い。
クールビューティーで、基本的に一歩引いたところから客観的に物事を見るタイプ。
その一方、集中すると普段と違う色を出す。
成績は優秀。効率を重視し、ノートは端的にかつシンプルに。
両手で頬を叩き気合いを入れる行動が、彼女のマジモードへの移行のサインである。一人称「あたし」。ヒナに変なあだ名をつけられることが多い。ベリーグッド麻耶ちゃん。イジワル麻耶さん。エスパー麻耶ちゃん。など。

※香坂碧(みどり)
家庭科部唯一の一年。身長は一番低い。
髪の毛はヒナより短い。サイドに結っており、アクセントとなる髪留めをいつも着けている。
礼儀正しく、先輩をたてることもできる、できた後輩。
パソコンの扱いに優れ、動画のアップロードもホームページの開設もほとんど彼女が担った。
片手を胸元に置き、深呼吸をする行動が、彼女のマジモードへの移行のサインである。
着やせするタイプで、実はけっこうデカいらしい。一人称「わたし」。