日々バタバタしていて中々書けずにいたのですが、先日ネタが舞い降りてきまして、こりゃ書かずにはいられないとばかりに書き出しました。
解決するまでの話、というほどボリュームないですが、またしばしお付き合いいただけたらと思います。