まったく先の展開なんかは考えちゃいないんで、自分でもなんで回転寿司の話になったのか、なんでお礼参りの話になったのか分かってないんですが、書いててとても楽しいです。
『トランキライザーワールド』みたいに作品を守らないと!みたいな意識がないんで、描写をブースト出来るのと、キャラクターにすべて任せられるのがいいですね。

とりあえず、東武の第一章が書き終わったら『トランキライザーワールド』の執筆に戻ろうと思っています。
もうひとつの短編集は今、準備中。もうちょい掛かりそうです。

2件のコメント

  • 東京武闘変マジで面白すぎて、何回も読み直しちゃってます
    勢いというか、情熱というか、文吉さんらしさがすごく出てて、本当に楽しんで書いてるのが伝わってくるのが最高
    しっかりとした格闘描写に、単なる夢枕オマージュにとどまらない型破りさと、ノリに乗った台詞回し。そして、槍使いのマチ子や、物騒な一族の3代目の少年の活躍が見られて、まさに感無量です!

  • やったぜ!
    リアルではない、謂わばトンデモ格闘技小説ですが、これはやはり自分が遊べる土俵だなと思いますねー。
    ここから色んなやべー奴が混ざり、色んなやべー戦闘を描いて行けたらいいですね。よろしくどうぞ!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン