・テーマ

苦しい境遇の少年たち5人が、いかにアイドルという高い壁を登ってデビューしていくか。

先輩たちのダンスや歌を見て、どのように自分たちに活かすか。


・世界設定

スターズ(いわばジャニーズのような)という星野英之の元に生まれたアイドルたちが大人気の世界


・登場人物 キャラクター設定

A太 全員小学6年生

貧乏な家庭に生まれた。冷静。


B介

親がいなく、ほとんど独り身で生きてきた野生児。


C也

裕福な家庭に生まれ、父も母も有名人で優しい。


D斗

親に迷惑ばかり掛けてゲームしかしないクソガキ。


E之

親に見放され、保健所も手を焼いているわんぱく小僧。


ヒロイン

5人がスターズの事務所に入所したときのダンスの振付師。優しいけど怒ると怖い。


ライバル


事務所のジュニアの子供たち。

5人よりも上の存在がたくさんいて、何度も5人たちを失望させる。



引っ越してきたA太は、散歩がてらに1人で見知らぬ道を歩いていた。するとその道端にあるチラシが落ちていることに気づく。

それは世界的にも有名なスターズの入所勧誘だった。

デビューすれば大儲け。歌える。踊れる。話せる。有名人になれる。などと書いてあったが、A太はスターズに興味がなかった。

スターズのチラシを無視して、遠くの山をガードレールに手を掛けて見ていると、なんとガードレールが外れてA太は下に落ちてしまう。

そこでB介と出会う。

そして色々な事を経て、C也、D斗、E之とも出会う。

そしてA太はその4人の普通とは違うような境遇を知り、「5人でスターズ事務所に応募してみないか」という。

反応は様々だったが、4人は承諾し、5人は一緒にスターズ事務所に履歴書を書き、応募する。

写真審査に合格すること自体難しいことだが、なんと5人は全員奇跡的に受かる。

しかしその喜びも束の間、入所してからというもの、5人の前には新たなる試練がなんども立ちはだかる。

踊れない、歌えない、話せない、伸びない。事務所には5人の他にも踊れるやつ、歌えるやつ、話せるやつがたくさんいる。5人はデビューなんて不可能ではないのかと思ってしまう

しかし5人は幾多もの困難を乗り越えて、デビューを果たす。

努力で駆け上がるスポ根アイドル物語!