朝霧楓葉です。
 そういえば、カクヨムに作品を投稿してからそろそろ一ヶ月ぐらいになろうとしてます。
 現在投稿中の作品は『おたくの姫さまもらいます!』『間違った魔剣の使い方』の二本となっております。
 実は私、カクヨム以外にも数年前から『小説家になろう』でも小説の方を投稿させて頂いてます。
 まぁ、仕事の関係で色々とエタっていた部分はあるのですが……新人作家……とは言えないでしょう。
 今後、上述の2作品の他、『小説家になろう』で投稿していた作品のリメイクや未公開作品など、ドンドンと投稿していくつもりです。

 では作品について少し語りましょう。
 今回は『おたくの姫さまもらいます!』という作品ですね。
 この作品はですね…………作者である私が言うのもなんですが一話詐欺ですね。
 あとキャッチコピー詐欺でもある。
 姫と言いながら一話以降未だ姫が出てきていない。
 oh……
 ただですね、この作品、最初は軽い気持ちで書いていたのですが、実際に設定などを詰めてみると想像以上に重い作品となってます。
 考えてみてください。
 一つの大都市が異世界に転移し、その異世界の国々から狙われる。
 それも現代のような平和や人権といった概念のない、いわば野蛮な国、そして人達です。
 それだけでなく、転移した『東京』という都市は何かを生産する都市というよりは原油だったり、食料だったり生活に必要な物資を大量に消費する都市です。
 その消費する物資は基本的に『東京』以外の他の日本国内の地域や海外などに頼ってます。
 異世界に転移するということはそれらの供給が途絶えるということです。
 ーーー約千八百万人の都市が物資に飢えたらどうなるか。
 是非想像してみてください。

 少なくとも既存の価値観が破壊されるのは確かです。
 それこそ人は生きるためであれば何でもします。
 中には自分の思想に殉じる人もいるかもしれません。
 ですが、大半は違います。
 そこで作中で出てくるのが独立都市『東京』という都市国家です。
 もうそこは『日本』ではありません。
 『日本』の価値観が通用しないでしょう。
 これは後に作品内でも語るつもりですが、独立都市『東京』は決して正義の国家というわけではないのです。
 一話で主人公が『悪の帝国』というように、国民を生かすためなら何でもします。
 それこそーーー
 察しのいい方々はもうお分かりかと思います。

 まぁ、そんな世界観の作品です。
 重くならないわけはないでしょう(笑)

 ジャンルとしては異世界ファンタジーというよりは近未来を舞台としたSFに近いかもしれません。
 なので世界観の説明や軍人である主人公が負うべきモノ、そして失うモノ。
 その一つ一つが今後に繋がるわけで、この長いプロローグはもう少し続きます。
 個人的には是非最後までお付き合いしていただければと思います。

 これを書いている時点で十話目、おそらく次の次の話には姫が出てくるかと思います。
 くっ殺は出るかは分かりません。

 ふぅ、長々と書いてしまいましたが今日はこの辺で。
 Twitterもやってますので気軽に絡んで頂けたらと思います。
 ではでは、今後ともよろしくお願いします。