第一部完となりました。

雑貨屋は特に細かなプロットを決めずに、大まかな流れと、その場のテンションで書いたものになります。
言ってしまえば手癖で書いちゃった作品ですね(笑)。

実は、この話には前進となるものがありまして、「わたしのお話」という題で、過去に長編として個人的に書き上げたものがベースになっています。
こちらは、全くファンタジーではなく、一般文学として書いたものだったのです。
話がかなり地味で、全くエンタメしてない作品だったので、お蔵となっていたのですが、 個人的にはお気に入りでして、それをファンタジーに再編したものが、雑貨屋となります。
まぁ、これも商業にはならないだろうということで、趣味全開で書こうと思い立ち、こちらでの掲載となったわけですね。

そんな雑貨屋、大まかなプロットはかなり先、物語の終焉まで、なんとなく立っていますが、それは時間と優先順位の折り合いを見て、負担にならない息抜きの範囲でゆっくり書いていきたいと思います。
なにより、私が個人的に雑貨屋の世界が好きなので、ちゃんと終わらせてあげたいのです。

まぁ、当面は次作品に注力する形にはなると思いますが。