「婚約破棄の処方箋」ですが、じいちゃんを助けて奮闘する箇所を削除しました。ヒロインの性格を見せる奮闘を書きたかったのですが、じいちゃん助けても誰も(読者さん)楽しくない……と。
いえ、現実的な問題ではあるんですけどね(苦笑)

そのほか、市場でのシーンなども削除してもう少しシンプルにしました。最初から読んでくださる方、ありがとうございます。自分では必要と思っても、載せる前にそれが削除できるかと言うとなかなか難しい。
2章からは私の話らしいハードモードになります。

2章では学院での生徒間の蹴落としあい風になってしまったのは、私がいま中国の後宮ドラマにはまっているからです!
「如懿伝」という大ヒットしたドラマです。

中国ドラマって微妙そうと思っていましたが、すごく面白い、毎日ここでおわるの!?とやきもきして最後まで夢中で見ました。
終了して今はロスです。今まで見たドラマの中で一番面白かったと思います。

演技派女優さんがやっていたのもあって、演技もすごかったです。目線、手の仕草、感情の表現が見事でした。
これを見てしまうと日本のドラマがお遊戯にしか……自重。
衣装もすごくて豪華で本土では豪華すぎて放送が禁止になったほど。

このドラマでは妃たちの悪だくみがすごいのですが、後半に出てきた召使あがりの妃が本当に悪女で。
かわいい顔して、悪だくみがバレて罰を受けるたびに元カレに泣きついて(その甘え方が視聴者をいらっとさせてすごい)、皇帝にばれても「召使だった私は陛下に育てられました。その私が毒婦だとお思いですか、陛下あああ」みたいなすがりつき、しなだれ方がすごくて。
元カレをヒロインを陥れるために最後宦官(ちょんぎらせる)にさせて、死亡させるのですけど。

この悪女に転生したら、まじで大変、こんな悪女になれないわ、でもモデルにして書いてみる?と思っていたら、この悪女をヒロインにした宮廷ドラマがその前に大ヒットしていました。(「瓔珞」というドラマ)
そちらでは悪を懲らしめる正義のヒロインとなって反対側の視点でかかれれているのだからすごいです。

如懿伝は9月24日から、BS11で再放送されます。
もしBS見られる方はぜひおすすめします。