次はいよいよ『ペルム紀大量絶滅編(仮)です。
次のスゴロクの舞台は約2億5100万年前、
ペルム紀末です。
この頃、地球史上最大の大量絶滅が起きました。
それは、長い時間をかけ進化し繁栄していた地球の生物達の約95%がいなくなってしまったという凄まじいものでした。
 この地球史上最大の大事件をきっかけに、地球上の食物連鎖のピラミッドは大きく書き換えられていくことになるのです。
果たして、蓮姫に待ち受ける運命とは。

ご期待ください。

20件のコメント

  • 明日、ロイヤルが始まった後、
    読ませて戴きます❗❗

    宜しくお願いします🙇⤵

  • 憮然野郎さん、非常に言いにくいことなんですが、
    近況ノートに、書いた、引退表明は、わずか1週間で、
    周りの流れに、流されて、復帰する事が、決まりました。
    せっかく、引退に対する応援コメントを書いてもらったのに、
    ぶち壊しにして、本当にすいません!。

  • 復帰されるんですね(๑>◡<๑)
    僕もその知らせを聞いて嬉しいです♪
    これからもご自身のペースで頑張ってくださいね( ^∀^)

  • はじめまして

    ご挨拶いただいたので、そのお礼に参りました。
    憮然野郎さまの作品も、楽しく読まさせていただいております!
    m(_ _)m

  • コメントありがとうございます。
    応援いただき嬉しい限りです。

    今後ともよろしくお願いします( ^∀^)

  • フォローありがとうございます、これからもよろしくお願いします。

  • 僕の方こそ、自主企画に参加いただきありがとうございます(๑>◡<๑)
     暇三様に参加いただいた作品は僕なりに(自主企画終了後にわからなくならないように)※管理をさせていただいています。
     企画に参加いただいた順に順次読ませていただいていますので、暇三様の作品を読ませていただくまでもう少し日数を頂くかもしれません。
     ですが、必ず読みに行かせて頂くつもりです。
    その時はよろしくお願いしますね( ^∀^)♪

  • 「四季物語」にレビューありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  • 僕の方こそ、「一劫年の蓮姫〜生命40億年のスゴロク」にレビューいただきありがとうございます(๑>◡<๑)
     サトヒロ様の他の作品についてもまた読ませていただこうと思っています。
    今後ともよろしくお願いします♪

  • 中国の方のカニバリズムより、昔の日本のカニバリズムのほうが、詳しいので

    そちらでよければ、ですが

    ーーーどうしても、中国のほうはあまり詳しくないので、すいません

    とりあえず、カニバリズム要素の出てくる話を書いてみたいと思います

    今、構想はできているので、「長期」で、連載するつもりです、

    では

  • コメントの返信にリクエストの内容にまで、
    本当にありがとうございます♪
     昔の日本のカニバリズムですか。
    それ、すごく興味があります!
     投稿されたら是非読ませていただきますね(๑>◡<๑)

  • こちらの近況ノートにご挨拶いただいたので、お礼に参りました
    m(_ _)m

    さまざまな訴訟例ですが、知らない物も多くあって感心したり、笑わせていただいたりしております。

    楽しんでおりまして、これからもお邪魔させていただきます!

  • コメントに返信ありがとうございます😊
     アメリカの有名な訴訟については、噂が人伝いに伝えられていくうちにかなり盛られていった感はいなめません😅
    真相は定かではありませんが、発言責任や行動責任により訴えられやすい世の中になってきたのは確かだと思います。
     なにもそんなことまで訴えなくても、あなた(訴えた側)の価値観の問題じゃないかと思うこともあります。

    実際は相手からそこまで迷惑をかけられていなくても、法的根拠を武器にして隙あらば訴訟を起こそうとする人達ももしかしたらいるのかもしれませんね。
     大切なのは、相手の心を傷付けたかどうかだと僕は思うのですが😅
     


  • あの、怒られるかもしれませんが、小松和彦さんの「異界と日本人」という本

    (多分、図書館にある)には、西行と長谷雄草子ももちろんありますが、

    そのほかにも、様々なネタがたくさんあります

    それはそれとして、「唐琴桟」という人物の元ネタを知りたい場合
    ーーー「梅花氷裂」(ばいかひょうれつ)をコトバンクで調べるか

    「藻の花、妖怪」で調べてみるのもありだと思います、僕は結構同じな目のキャラを少しだけ設定変えて使いまわることが多いのですいません、

    ーー「助」に関していうなら「累」(かさね)ですね、「ルイ」で変換してみるといいですよ

    桟のテーマは「子殺し」「因果応報」「女の嫉妬」

    累のテーマは「発端」「めぐる因果」「幽霊」です


    助は、実在の「事件」--累は「実在の盗賊」梅渋吉兵衛の妻がモチーフらしいです(梅花氷裂においては、白鳥蓑文太という男が、吉兵衛モチーフです)


  • あの、怒られるかもしれませんが、小松和彦さんの「異界と日本人」という本

    (多分、図書館にある)には、西行と長谷雄草子ももちろんありますが、

    そのほかにも、様々なネタがたくさんあります

    それはそれとして、「唐琴桟」という人物の元ネタを知りたい場合
    ーーー「梅花氷裂」(ばいかひょうれつ)をコトバンクで調べるか

    「藻の花、妖怪」で調べてみるのもありだと思います、僕は結構同じな目のキャラを少しだけ設定変えて使いまわることが多いのですいません、

    ーー「助」に関していうなら「累」(かさね)ですね、「ルイ」で変換してみるといいですよ

    桟のテーマは「子殺し」「因果応報」「女の嫉妬」

    累のテーマは「発端」「めぐる因果」「幽霊」です


    助は、実在の「事件」--累は「実在の盗賊」梅渋吉兵衛の妻がモチーフらしいです(梅花氷裂においては、白鳥蓑文太という男が、吉兵衛モチーフです)


  • あの、怒られるかもしれませんが、小松和彦さんの「異界と日本人」という本

    (多分、図書館にある)には、西行と長谷雄草子ももちろんありますが、

    そのほかにも、様々なネタがたくさんあります

    それはそれとして、「唐琴桟」という人物の元ネタを知りたい場合
    ーーー「梅花氷裂」(ばいかひょうれつ)をコトバンクで調べるか

    「藻の花、妖怪」で調べてみるのもありだと思います、僕は結構同じな目のキャラを少しだけ設定変えて使いまわることが多いのですいません、

    ーー「助」に関していうなら「累」(かさね)ですね、「ルイ」で変換してみるといいですよ

    桟のテーマは「子殺し」「因果応報」「女の嫉妬」

    累のテーマは「発端」「めぐる因果」「幽霊」です


    助は、実在の「事件」--累は「実在の盗賊」梅渋吉兵衛の妻がモチーフらしいです(梅花氷裂においては、白鳥蓑文太という男が、吉兵衛モチーフです)


  • あの、怒られるかもしれませんが、小松和彦さんの「異界と日本人」という本

    (多分、図書館にある)には、西行と長谷雄草子ももちろんありますが、

    そのほかにも、様々なネタがたくさんあります

    それはそれとして、「唐琴桟」という人物の元ネタを知りたい場合
    ーーー「梅花氷裂」(ばいかひょうれつ)をコトバンクで調べるか

    「藻の花、妖怪」で調べてみるのもありだと思います、僕は結構同じな目のキャラを少しだけ設定変えて使いまわることが多いのですいません、

    ーー「助」に関していうなら「累」(かさね)ですね、「ルイ」で変換してみるといいですよ

    桟のテーマは「子殺し」「因果応報」「女の嫉妬」

    累のテーマは「発端」「めぐる因果」「幽霊」です


    助は、実在の「事件」--累は「実在の盗賊」梅渋吉兵衛の妻がモチーフらしいです(梅花氷裂においては、白鳥蓑文太という男が、吉兵衛モチーフです)

  • 基本的に、僕の作品は「元ネタ」ありきなので、(そうしないと書けない)

    「助」は「西行」×「累」、「累」は「累」

    「唐琴桟」は「梅花氷裂」(山東京伝作)です、

    、、、桟に関していうのなら、梅花氷裂の過激なイメージではなく、普通の主婦
    というイメージにしてください、彼女は根っからの悪人ではないのです
    (最終的に、妾はりつけ、いたぶり、赤子を絞め殺し、間男と不倫からの、
    家から財産奪っての逃走ーー間男の裏切りを知り、間男を殺しに行くわけですが)

    それには理由があって、まず第一に「武士」の妻であること

    ーー(子供が産めなかったこと)夫を溺愛していたこと
    だから、「偽の手紙」で騙されタ時に、愛が憎しみ、恨みへと変わったこと

    ーー最終的に、取り返しのつかないことをして「白鳥」という男を「夫」のかわりに、愛したことーー愛が裏切られたこと(白鳥蓑文太は、最初から金目当て)という女性が元ネタです、、、いわば、人一倍強い愛が、悲劇へと墜落させてしまった人間ということです


    、、、だから、「やったこと」を見て、いやな奴にしないでください

    多分、普通の家庭人だったと思うんです、普通の「三十路女」--普通に「夫」を愛していた、善良な一般人ですね

  • 暇の三です、先日プロットを見直していたところ、少し変えた方がいい部分を見つけたので
    すいませんーーが、グレードアップさせたものでいいですか
    「和風異世界」は

  • グレードアップさせたものでいいと思いますよ😊

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン