フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

  • 1パーセントの深い哀しみ

    『1パーセントの深い哀しみ』という小説を、note で公開いたしました。お読みいただけましたらとても嬉しく思います。 はてなブログでも、「Blue あなたとわたしの本」を運営しております。こちらの方も ご訪問、読者登… 続きを読む

  • 初めての駅で降りる

    エッセイ Blue 8  ローカル電車に小一時間も揺られ、降りたことのない駅で降りるのが好きだ。  つつましいロータリーを抜け、ひなびた商店街を歩く。鉄柱にスピーカーが付けられていて、そこからラジオの音声が流れて… 続きを読む

  • Blue あなたとわたしの本 61

       あなたや僕のやっている仕事が認められるのは、  今日ではないかもしれない。  明日でもないかもしれない。  そう考えると、たしかにさみしい。  すぐにでもわかってほしいものね。  それは僕だって同じだよ… 続きを読む

  • Blue あなたとわたしの本 89 【詩人の螺旋階段】

    【詩人の螺旋階段】  ぼくは以前とおなじように詩を書いている  ひとりこの屋根裏部屋で  窓から見える空と森もおなじだけど  色味がなくなってしまった  きみがいなくなって  うるむ目をふせ… 続きを読む

  • Blue あなたとわたしの本 75 【祭り】

    【祭り】  青年は祭りが嫌いだった。  馬鹿馬鹿しいと思った。  意味がないと思った。  だからもちろん  加わりもしなかった。  みんな馬鹿らしいと思わないのだろうか。  あんなに笑った… 続きを読む

  • Blue あなたとわたしの本

    はてなブログで、〝感受性が豊かで、傷つきやすく、ひとりが好きで、そして優しすぎる〟そんな〝あなた〟へ向けたサイト、「 Blue あなたとわたしの本 」を運営中です。お立ち寄りいただけましたら、とても嬉しく思います。 … 続きを読む