まず、ごめんなさい。m(_ _)m
 GJ部復活! と喜ばれていて、ガッカリしちゃった方がいらっしゃるかもしれません。
 しかし、これには理由があるのです。

 GJ部の復活を望まれる声は、前々から届いていたのですけど……。
 「卒業」という、完全無欠の形で美しく終わっている「あの物語」を、ただリブートさせたのでは、それは死体繰りにしかなりません。
 そうして安易に望まれるまま物語を提供したとしても、読者の方々が本当に望まれているものには決してならないと、作家として、確信しております。
 GJ部が生き返るわけではない。あくまで死体が動いているだけ。「ゾンビ」か「フランケンシュタイン」が生まれてしまうだけであると……。

 GJ部をやっていたころ、当時の担当編集さんに、叱られたことがあります。
 僕は編集さんに「GJ部ロスタイムを2巻3巻と続けていきましょうよ~、なんならいっそシリーズ化もしちゃいましょうよ~」と、ぐずぐず、うじうじ、言っていたのですね。
 新しいものをはじめて、売っていける気がしなかったとか、そういう不安なんてものもあったんでしょうね。
 GJ部という人気コンテンツに、自分が依存してしまって、だめな作家になりつつありました。

 しかし、当時の編集さんは、「それはあかん」と、びしっと叱ってくれたのですね。

 「それでは単なるファンサービスにしかならない」
 「ファンサービスを永久に続けていっても、作家もファンも幸せにならない」
 「作家は新しい読者を得られるものを書かねばならない」
 「ファンサービスと新しい読者と両方獲得できるものを書かねばならない」
 ――と、教え諭していただきました。

 中等部のときには「妹たちを主役にした新しいGJ部」として、「よし、やろう」と言ってくれた編集さんですが、このときには、頑として、止めてくれました。
 まさしくこのときの新木は「死体繰り」をしようとしていたわけです。

 そこで新木は目が覚めまして。無印GJ部ファンのための「ロスタイム」は1冊きりと決定されたわけです。

 ……で、7年が経ちまして。
 ついにリブートさせる「アイデア」が降りてきてくれました。

 このところ、ラノベ業界では「ラノベ作家もの」を多く見かけるようになっています。なんか3つも4つも5つも出てきています。
 それを見ていた新木は、「自分ならこう作る」と考えていまして――。
 それは「部活動でやってる、高校生たちの、ゆるふわ作家もの」というものでした。
 それをするなら、登場人物の書いた作中小説も載せたら、おもしろいなー、と、そこまで考えたところで――。

 そのアイデアと、GJ部復活とが、化学反応を起こしまして――。
 激しく火花を散らしながら、結合しました。

 「作中小説」という形で、「GJ部」や「GEφグッドイーター」を書く。
 そうすれば動く死体のゾンビではなく、生前そのままの「生きている形」で、再びまた皆様の元にGJ部のあの連中をお届けすることができる。

 ――と。7年間かけて、ついに「方法」が見つかったわけです。
 なので即座に、寸刻も無駄にせず、可及的速やかに実行して、「連載」を開始したわけであります。
 頑張れば、ちょうど7周年の3/18に連載開始できる!
 と、わりと無理くり、スケジュールに都合をつけまして……。書きましたー! ノリノリでしたー! 楽しんで書きましたー。

 ちなみに「GEφグッドイーター」という話は、GJ部のキャラ配置をそのまま適用した異世界ファンタジー飯テロ小説でして。部長にしか思えない人と、紫音さんにしか思えない人と、全員、出てきます。
 あと十数話ほど待っていていただければ、そちらの回も出てまいります。

 期待されていた「GJ部」の連載ではなく、KB部の連載であったことに、お怒りのかたもいらっしゃるかと思います。ガッカリされてしまった方も多いと思います。

 ですが、もうしばらくは――。
 できれば長い目で連載を見守っていただけると嬉しいです。
 GJ部のあの子たちの保護者代表、新木伸として、お願い申し上げます。

 あと、心配される方がいらっしゃるかもしれないので、ここははっきりと書いておきますが。
 関連する担当編集部の許可は、いただいております。(カクヨム運営も含む)

4件のコメント

  • 怒っているなんてとんでもない!
    非常に楽しく読ませていただきましたよ!

    カインたちの登場を楽しみにしつつ、これからも拝読させていただきます。

  • ありがとうございます。
    あともう一つだけ白状すると、ハルヒのアニメのTV放送第1話で、「部員の作った作中映画」を放映するというのがありましたが。

    あれをやってサプライズさせたい、というのもありました。すこし悪趣味だったかもしれません。

  • GJ部の新作がやってると聞いておっ、となり、
    KB部が始まった!と聞いてオッ!?となりました。

    面白かったので絶対最後まで続けて下さい!

  • 怒りやクレームなんて無いですよ!一度完結して巣立っていた部員達をどう書くのだろうと思い読んでいました。そしてグッドイーターも含めて世界線を1つにした世界でリブート、面白いです!書籍化してあるやさんのイラストで読みたいです

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン