読んでいただき、ありがとうございます。

 れんげシリーズ第2篇『鋼揚羽』について、少し。
 頒布している同人誌版のあとがきにも書きましたが、備前刀剣博物館に行ったのがこの話のきっかけです。
 だから、というわけではないのですが、刀工の流派は備前長船、揚羽姉さまは岡山訛り、紋の鎧蝶もそこからきてます。
 こまごまとした設定ももちろん作ってますが。

 同人誌版には、挿絵をいただいてます。
 この揚羽姉さまがもう、美しい&格好いい。
 もし、カクヨムに画像掲載が(1作品1枚でいいので)実装されたら、見ていただきたいところ。


 さて、刀の付喪神、といえば今はもっぱら、男子ですね。
 私も一応というか、やっております、審神者。
 その名前を『揚羽』で。

 そんなところで。