ちょいとあらすじ案。

移動要塞で詰んでる世界をひっくり返す

 災厄をもたらす「終末を招く者」が出現し、これに対抗するため世界的に勃発していた戦争が全て終結する。
 いがみ合っていた勇者、戦姫、魔王が一丸となって「終末を招く者」に挑み、これを打ち滅ぼした。
 代償は大きかったが、全ての生きとし生ける者たちは歓喜する。

 だが――。
 もし、ラスボスを倒した後にラスボスがまた出現したとしたらあなたならどう思う?
 しかも、そのラスボスがコブリンのように多数ポップしたとしたら。

 それでも尚、勇者、戦姫、魔王、さらには孤高を貫く龍王までもが「終末を招く者」へ挑む。
 もはや絶望しかないと知りながら。
 ――この世界は、もう詰んでいる。

 しかし、巨大な鉄の塊が世界に招かれた。
 四本の足を持つそれは、見たことのない金属とも生物ともいえる不思議な物でできていた。

「攻撃を感知しました。自動反撃します」
「ちょ、待て。敵か味方かもわからんのに」

 蟹のようにも見える胴体の中央が眩いばかりに光る。
 次の瞬間、光の刃が迸り「終末を招く者」の一体が粉みじんに吹き飛んだ。
 
「や、やっちまった。なんてことすんだよ!」
「サーチアンドデストロイです。マスター」
「俺はお前のマスターになった覚えはねえ」
「命令を。マイマスター」
「聞いちゃいねえ」

 終末を避けることができない詰んだ世界に突然姿を現した鉄の塊――移動要塞が全ての常識を吹き飛ばす。
 搭乗員は二名。
 冴えない青年と小さき妖精が織りなす、滅亡回避ストーリー。

13件のコメント

  • 移動要塞はビグザム型。

    ・機能
    中央からブラスタービーム(大破壊)
    背中にパカンと丸く開く箇所が二つあり、そこからミサイル
    衛生射出し、世界中の全てをスネーク可能。
    人の強さ解析(ステータス)も閲覧し放題。

    衛生は実はキラー衛生で、衛星レーザーが発射可能。

    機体はバイオと金属の複合。
    補給は金属やら生命体やらを捕食し、中でミサイルやら破損パーツやらに組み替える補給機能、修復機能を持つ。

    特徴:無敵。

    これくらいかな。。


    魔王や勇者
    レベル99 
    うおお。カンストしてんじゃんと主人公。

    そのすぐ後にボス見る

    ボス
    レベル999

    終末を招く者
    レベル300

    ちなみに、移動要塞をレベル表示すると9999である。

  • 序盤でボスを一掃した後の展開がまるでうかばねえw

  • 衛星だ衛星!
    ってツッコミはともかく、そのあとどうするかだよねえ。

    実は自分でもアイデア考えちゃったのよ。

    舞台はゾンビあふれる世界。
    ゾンビを発生させてるのが「死霊の魔王」。
    元は普通の魔族=エルフだったんだけど、愛妻を失って狂気に陥り、世界全てを滅ぼすためにゾンビの王と化した。
    どんな軍団で攻めても、最終的には負けてゾンビ化させられてゾンビが増えるだけという絶望的状況。
    そこで「死霊の魔王」を止めるために、当の「死霊の魔王」の娘=ヒロインが研究して開発したのが移動要塞「サタン」。
    それの魔力供給コアとして召喚されたのが主人公。
    ヒロイン「あなたはもう元の世界に戻れません。この世界を救うために『サタン』のコアになってください。代わりに、この私の躰を好きにしてかまいません」
    実はヒロインは「死霊の魔王」の娘ということで、世界中の人類や亜人から敵視されている状況。
    世界の敵として迫害されながらも、父親の尻拭いをするために健気に頑張るヒロインの気高さに惚れた主人公は、躰を求めることはせずにコアになることを承諾。二人で「サタン」を操りゾンビ軍団を蹴散らして「死霊の魔王」討伐を目指す。

    「サタン」のスペック
    外見はカブトガニ風だが下面はキャタピラ。そしてキャタピラで移動できないところでは日本の細い足が伸びて歩ける。その場合は、上面の半球状装甲に隠されていた下部装甲がダンゴムシ状シャッターとして展開されて足以外の下面を覆い隠す。
    上面のカブトガニ装甲を開いて作業用アームを出すことも可能。
    外装は無敵の超合金「サタニウム合金」と「アダマンタイト」の複合材で、いかなる魔法も物理攻撃も跳ね返す。

    決戦兵器「メガサタンビーム」
    前面に装備された大型熱線砲。収束して発射するほか、なぎ払いや、拡散射撃も可能。多大な魔力を使用するので、一度使ったら主人公の魔力が枯渇してしまうため、サタン自体の行動が不可能になる諸刃の剣。また、発射前にチャージ時間も必要。

    主兵装「全周式サタンビーム」
    カブトガニ装甲の隙間から全周囲に向けて多数配置されている小型熱線砲。普通のゾンビなら一撃で倒せる威力があり、連射も可能。

    副兵装「サタンアロー」
    細長い尾が、矢となって発射される。誘導式で、相手を貫いてから戻ってくる。敵に当たると同時に敵の固有振動周波数を検知し、それに干渉する超音波を発生させて破壊する能力がある。ビームの効かない敵に対応するための兵器。

    副兵装「サタンカッター」
    前面装甲のメガサタンビームの横から突き出されるチェーンソー。前方の障害物などを排除するための作業用の装備だが、武器としても使用可能。その威力は岩をも砕く。

    可視光線から赤外線や紫外線のほか、X線透視も使用可能なメインカメラ「サタンアイ」で敵や建物の内部を探査可能。
    アクティブ/パッシブソナー「サタンイヤー」で周囲の状況を把握できる。
    飛行能力もありカブトガニ装甲の隙間から「サタンウイング」を展開することで短時間の飛行が可能。
    燃費の問題ですぐ主人公の魔力が枯渇してしまうため長時間の飛行は不可能。

    なお、作業用アームも強度があるので物理攻撃「サタンチョップ」ができる。
    もちろん、長い足で跳び蹴りをかける「サタンキック」も可能。

    「サタン」自体は無敵兵器なのだが、魔力供給源である主人公やヒロインの食料や水は必要で、その補給が不可欠。しかしヒロインは世界の敵。見つかったら殺されるかもしれない状況でも人里で補給しないといけないという縛りがある。

    ……みたいなネタ考えちゃったんだよねえ。
    あ、武器とか能力が「悪魔の力身につけた正義のヒーロー」っぽいのは仕様です(笑)。

  • 日本じゃねえ、二本の足だ(笑)。

  • 収束じゃねえ、集束だ!
    誤字多いな(爆)。

  • でびーるうぃんぐ!

  • 性能が難しいぞおw

  • 無敵にすると、それだけで話が終わっちゃうんだよねえ(笑)。
    でも、無敵要塞にしないと爽快感無いしねえ。

  • 要塞は無敵でも中の人の精神力がーすかねえ

  • それはそれで鬱展開になりそうなんで困る。
    元がビグザムだから15分しか動けないとか、すぐガス欠ってのもアリかなとは思うんだけど。

  • 魔力で動くとか全力疾走したくらい疲れるとか、ありですよね

  • うみさん、こんばんは。
    大変ご無沙汰しています。
    長い間、不義理をしてごめんなさい・゜゚(>ω<。人)ゴメンチャィ
    にもかかわらず、近況ノートに来てくれて心より感謝いたします。

    身体の調子が悪く、精神的にも滅入ってしまい、生きる屍と化していました。頭ではがんばろうと思っても身体が言うことを聞かず、カクヨムとの距離も遠くなってしまいました。でも、おかげ様で戻ってくることができました。またこうしてお話できてよかったです。

    カクヨムコンへの執筆はままならなかったけれど、読み手として参加はできそうです。あと1週間足らずですが、できる限り読ませてもらいます。そうすることでリハビリにもなりますから❤

    今後も変わりないお付き合いをお願いします。
    いつもありがとうございます(〃'▽'〃)

  • RAYさん

    こちらにまでありがとうございます!
    今後ともよろしくっす。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン