長さとしてはまだまだ短編の域ですが、私の中で一番長く付き合いのある作品、四葩の色が完結しました。読んでいただけると幸いです。