ひとみ ゆう 様レビューありがとうございます。

私がこの作品を書く上で、最後に殺し屋の仕事として対象を「殺す」という描写を際立たせるために最もこだわりをもって風景や仕草の描写を書きました。そこの細かいところまでわかっていただけるとは作者として感無量です。浅く読んだ程度では書けないような厚い感想をありがとうございます。

orion474 様 レビューありがとうございます。

私もこのような「殺し屋」だとかが題材のダークなお話が好きでこのお話を書くに至りました。こんなお話でも「好き」と言っていただけたので作者としてとても嬉しかったです。ありがとうございます

北乃 ガラナ 様 レビューありがとうございます。

ボライ・ミクスという登場人物は主人公以上に練ったキャラで彼の過去と考えから主人公が殺しにくさを感じる。そんなキャラに仕上げたつもりです。しかし、後日談を語るのならば彼の死で彼に殺された人達は救われるのでしょうか。と描写しきれなかった部分もあったりします。
ありがとうございます。

他にも作品をフォローしていただいた肩パット・S・譲吉様ありがとうございます。