今日、ダイソーに行ったら、妻がおにぎりを形作る枠型を購入してくれた。ということなので明日からは私が娘と妻のお弁当を作ることになる。

 在宅で仕事をしていると、こんな役割分担の仕方もいいかなとそう思えてくる。もともと料理は好きな方だ。味付けにときどき失敗したり、間違えて肉じゃがにカレー粉を振ってしまったり、間違えてクリームシチューにカレー粉を振ってしまったり、間違えて鍋にまでカレー粉を振ってしまったことはあるが、料理は好きな方だ。

 ここ最近では美味しい料理ができあがる確率がぐんと高くなった。ここだけの話、出汁を取るのにいちいちかつお節や昆布を前は使っていたのだが、それを出来合いの追い鰹出汁と白出汁に変えただけだ。かつお節や昆布から出汁を取るだけならたぶん問題なかったと思うのだが、手間がかかる分、時間もかかる。そうすると途中で飽きてしまう。出汁を取るのが。そうして飽きた挙句にカレー粉を振ってしまうのだ。

 これには妻が驚いていた。
 「なんでカレー粉を入れるのよ?」
 と聞かれ
 「そこにカレー粉があるから…。」
 と答えた。

 その翌日、台所のどこをさがしても、カレー粉は見つからなかった。


 あれ以来、私は心を入れ替えた。汁物を作っている途中で、飽きたからといってカレー粉は入れない。…たまに豆板醤は今でも入れてしまうが。
 そうして美味しい料理になる確率が日を追うごとにどんどんと高まっていった。

 当初は10%くらいだったろうか。それがカレー粉を使わなくなった途端に50%まで跳ね上がった。
 そこから地道な努力を重ねて、ここひと月ほどは90%台をキープできている。…残念な結果になってしまった料理も、妻が再作成することで立派に食べられるものになる。妻の手、神か?!


 …で、なんの話だったか?


 ああ、そうだ。明日ははじめて、お弁当を作る。メニューはおにぎりとから揚げとほうれん草のおひたしに、ミニトマト。おにぎりは今日購入してきた型枠で小さく握り、間にシーチキンマヨを挟む。
 明日を楽しみにしている妻と娘の笑顔がとても嬉しいと思える。



 …そんな日なのに、今さっきのことなのだが、おにぎりの型枠をしまう場所を探している最中に、懐かしのカレー粉を発見してしまった。
 実に一年以上ぶりの、再会である。



 明日の朝までにどこか別の場所に行っていてくれることを願う。しかしそのことを妻にも娘にも、報告はしていない。

 いらぬ不安を抱かせたくない。私は変わったのだ、この一年で…。





 明日以降、投稿が滞ってしまうようであれば察してください。そうしてできれば☆をください。せめてもの慰めに…。




                 仁