こんにちは、こんばんは、出壊鉄屑です。

一体誰が予想できるでしょうか。
自分の小説に、各章ごとの詳細な感想をくれる人を。
一体誰が信じられるでしょうか。
4000文字を超える長文レビューを書いてくれる人を。

レビューを見たときはたまげました。目が飛び出る勢いでしたよ、本当に。


このノートにてお礼をさせて頂きます。
綾辻さん、熱い感想ありがとうございます!
こんな激烈に自分の作品を押してくれる人は初めてです。こんなにも自分の小説で感動してもらえるなんて、とってもとっても嬉しいです。

もう、すごく読み込まれているみたいで……。自分の文章一文一文が綾辻さんの思いに見合うほどしっかり作りこまれてるか、気が気でなくなりました。
一言一句に注意を払い、しっかりと吟味して文章を作っていかなければ、読者の皆さんの期待を裏切ってしまうかもしれないと、再確認しました。


私は、カクヨムの第一線で戦っている皆さんと肩を並べるには忍びない未熟者です。しかし、その自らの稚拙さを言い訳にせず、少しでも分かりやすく、少しでも感動できる文章を時間をかけてでも作りこんでいきたいと思います。


何だかとても、堅苦しくなってしまってすいません。
しつこいようで申し訳ないですが、綾辻さん、レビューを下さった皆さん、本当にありがとうございます。


第1回 カクヨムWeb小説コンテストの読者先行期間も残り僅か。アンチヴレイブも無事完結。
後は座して結果を待つのみです。(文章の修正や他小説を読んだりはがんがんやっていきます)

今後ランキングがどうなっていくのか、楽しみながらこのコンテスト期間を満喫したいと思います。

それではまた、次の機会に!