「魔法が廃れた世界の果てで」
を連載形式で書いてみようと思います。
なお、執筆速度は遅いので、忘れた頃に続きが上がっているくらいだと思われます。