現在作品中一番新しく、自分流の文体がある程度出来上がった
作品「竜星機オルディウス」が読者様に好評で感謝の極みです!

作品中に自分が込めた、人類の行いの愚かさを哲学的な面から
散りばめておりますが、その点にも読者様よりの反応を頂き
非常に満足しております!

自分が求めるロボット物の定義は、勿論数あるかっこいいロボ
ットが獅子奮迅の活躍をするのも大事ですが…
やはり重要なのはその力はなぜ現れたのかや、その力を人類が
手にする事が許されるのか…またそれの使い道を誤ればどんな
命運を辿るのかなどの人類に問われる命題こそが重要と、
常に意識し執筆しております。

これは今に始まった事ではなく、かの偉大なる漫画家様などが
子供達へ夢と希望を与えるだけでなく、大人達へ問いかける様
に昔からの日本のロボット物文化へ根付かせた本質でもあり
ます。

自分もそれに倣い、ロボット物で現代の人間に問いかける様な
内容の物語を作っていけたらと思います!