各長編執筆の合間にふと浮かんだ短編を忘れぬうちに書き上げたら、いつもボクの作品を読み続けて頂いているフォロワーさんからの反応がありカンゲキでした。

ジャンルが完全に違うにも関わらず、目を通して下さり応援やフォローまでして頂けて、感謝しかありません!

短編は自分が苦手な分野ではありますが、何かの拍子に思いついたら書きなぐるかも知れません。

その際は是非ご覧になって頂けたらと思います!