カクヨム甲子園のショートストーリー部門に出品するため、ショートストーリーを書きました。
短くするのは、それはそれで大変で、でも楽しかったです。
一捻りした作品が書きたく、脳内で構想を練っていて、それをこのような機会で書くことができて嬉しいです!
「時間泥棒」読んでいただけると幸いです
ついでに、「ロゴスの情動」「僕の一生」も読んでいただけると嬉しいです!