フォロー

40万文字という長きに渡り、お付き合い頂きました読者の皆様に感謝いたします。最後まで辿り着けたのも、偏に皆様のお支えがあったからだと思います。
自分でも、この様な長編小説を書ききる事が出来るとは、驚きです。この執筆を通して、自分自身、小説家として成長できたと実感出来ました。大げさではありますが、話に行き詰まった時に、小説の神様が降りてくる様になりました。
実は、執筆の途中で、新たに書きたい話も溜まってきました。今後は、その中から吟味し、次の作品に続いてゆきたい所存です。今後とも、乞うご期待下さい。