いやはや、日本の梅雨久しぶりすぎて、引いてます。

まだ日本にいる、このまましばらく日本、たぶん。

そんな中、遅ればせながらビッグニュース!

藤浪くんが書籍化だ!!!すげー!おめでとうございます!!



ちなみに、俺と藤浪くんの関係は、俺が勝手に藤浪くんすげーと、言ってるだけの関係です。(多分、藤浪くんは、うざいやつと出会った。。。と思ってる感じで)。

あ、そういうこと書くと「いやそこまでは、別に深く考えたことない」というようなことを言いそうな誠実キャラの人です。

真面目で誠実って良い素質ですよね。「偏差値いくらだったの?」なんて、普通に話題に出すと「こいつ何なの?」と思われると、日本の長期滞在で思い知ったところです。

「はよ実力見せろや!!」と各方面から、日々、喧嘩売られまくり、俺、そんなに癇に障ります?なんでだろう。

日本、とても息苦しいです。これは蒸し暑いせいだけじゃない気が。この暑さ、まるでタイみたいでした。(でも今日は涼しかった)

藤浪くん、これで夢の作家ライフへGO!!!!

本当におめでとうございます。

岬@野次馬


50件のコメント

  • おー。どもどもー。

    まあ、偏差値とか学歴を気にしすぎるのは日本だと微妙かもね。別にランク低い大学出ててもデキるやつはデキるからなぁ。官僚とか医者は派閥あるんだろうけど一般人には関係ないや。

  • 岬さん、今日は「告白3」にレビューとお星さまを頂きまして、ありがとうございます✨

    正直、自分としてはもうダメかも・・・(いろいろ)と思いつつの作品なので、ものすごく励まされました!まず書くのが遅いのと、書けるのかどうか自分でも怪しいのと、常に自分の力量が疑わしいので・・・

    なのにこんな状態でも、読み続けて下さる方がいること、素晴らしいレビューまでいただけたことに心震えています。

    思えば「告白」で初めてコメントとレビューを下さったのも岬さんでしたね。悩みつつ、あやしみつつもカクヨムで進んでこられたのは岬さんのお力添えのおかげです✨

    神様、岬さんを遣わして下さってありがとうございます・・・!!と思いました^^

    いまあらためて、岬さんとの絆を感じています。(一方的でしたらすみません^^)

    昨年でしたっけ、失言してしまい激怒させてしまったり・・・
    それで私も感じ悪かったと思うのですが、戦いそうになってみたり・・・(笑)

    その後、岬さんの書かれたものに感動し号泣し、ひれ伏しました。エロティックで美しい短編作品にもぎゃふんと言わされ・・・(笑)

    ここカクヨムで、岬さんと濃い交流をさせて頂けたこと、感謝しています。

    びいさんとの日々も、引き続きフォローさせていただきますね。

    今後ともよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました✨

  • 藤浪くん、コメントありがとう!
    最近、日本人の友人から「日本の東大はレベルが低いから」と言われ、偏差値ランキングを見比べるようになった。これって国力と関係するから、由々しき問題じゃね?

    高校の時、俺、馬鹿だったなあ。英語も第二外国語も、ここまで必要になるなら、もっと「将来使うんだぞ」と思ってやっておけば良かった。理系でないのも後悔したのは、地下室に膝下くらいまで水が溜まって池になった時「電気の知識ないが、これは感電して死ぬんじゃねーのか?」と思ったからなんだよね。

    俺、文系でいいや。数学苦手だし、人生に数学要らねえ、と思ってたことをマジに後悔した。車のキーを閉じ込みした時(アメリカで)どうやって素手でドアこじ開けるか真面目に考えたし、本当にやばい状況で逃げるには、キーついてないバイクのエンジンをかけて逃げなきゃならない時もあると思う。(津波とか)

    爆弾かもしれない荷物の中身は開けちゃダメだけどね、もし見つけたら、どの線切れば良いかとか、高校の化学部は爆弾作ってたけど「あいつらあぶねーな」としか思わなかった。今から思うと「理系でないと死ぬよ」。

    いざっていう時さ、エレベーターに閉じ込められた時、仕組みわかんねーと、天板開けて逃げても、あぶねえじゃん。とにかく、仕組みがわかってないと、死ぬかもしれないわけ。藤浪くんに力説しても仕方ないけど、飛んでる飛行機が不時着する時、生き残れる確率はどこでどうしてれば高まるか、とか、一瞬にして計算しないといけない。

    藤浪くんなら、そういうの得意なんじゃねーの?俺、飛行機の搭乗にパラシュート一応持ち込もうか考えて、不時着、結構死ぬから意味ない、と聞いたもんね。

    いやはや、長いコメントごめん。

  • <そうそう、藤浪くん、飛行機乗るには、いろんな計算をコックピットでできなきゃ乗れなかったらしいね。失敗したら死ぬわけだから、酸素薄い中で、すげー。

    言ったっけ?エクセルが自分のノートパソコンに入ってなかった件。ってことは、俺、エクセル使ったことないのかも!!(昔はwindowsだったからゼロ経験ってことはないはず)

    せっかくカクヨム保存法、公開してくれたのに、試せない……。

  • 神原先生へ

    失言??

    なんだっけ?


    ああ、DTの件?

    だったのかなあ……。

    ちょっと生意気な年上女性を怖がらせたりして思い通りにしてみたい衝動にかられ、エロ対決など、大人気なかったです、俺。

    今となっては恥ずかしい。(エロが抜けました、自分から)

    最近、全くそういう余裕がなくて。忙しいと元気になるような人ではない自分がまあ、ちょっと衝撃です。もっとエロエロなタイプかと思ってた。小説書いてた時は「よっしゃこの路線で行こう」と思ったんだけど、実際は、「そこまで女の人をないがしろにするのは自分らしくない」ので。

    やっぱりね、女の人とは真面目に将来を見据えておつきあいしたい方かもしれないです。

    何真面目なこと言ってるんだ。(赤面)

    ちょうど書籍化の藤浪くんと同時の書き込みで素晴らしい。藤浪くんから良い上昇気流の空気をお裾分けしてもらいたいところですね!

    俺の目に狂いはない、ということで。

  • でも、エロ対決の「挑むような目線の女性」も結構良かったですね。

    冷たい感じで、それをねじ伏せる試合が緊張感ありました。(武道かよ)

    ちなみに、藤浪くんもツンデレですが、もしかして神原先生もそうでは?

    俺の好み(?)がツンデレと露呈してしまったな。(笑)

  • 神原先生へ
    それと、ちなみに俺の書いてるやつは、ほとんどが「読むと適当な文体がうつるよ」という書き流しが多く、申し訳ないです。
    文章というのは、普段読んでる文体、文章にすごく影響受けやすい。
    アテナイを書き始めて失敗したのは、適当すぎる文体だから。そろそろ、真面目に何か書かないと「真面目な文章が書けなくなる」危惧があります。
    でも日記は書いとかないとダメだし、そんな文章なのに、過剰にべた褒めは身内状態になってしまったせいかもしれなくて、申し訳ないですね。

    でも俺がいつも覗きにいってるところは、そう多くありません。

    告白が完結したら、前にエロ対決した時のような大人でクールな女性の恋愛バトルとか興味ありますね。あの時は「負けそう」で暴力に訴えて、ちょっと申し訳なかったです。いや、若かったからかな。好きって気持ちが暴走するのも若さゆえということで、俺のカタルシスにおつきあいを本当にありがとうございました。

  • いやー、全然わからん。理系だからって何でもわかるわけじゃない。文系なら漢文すらすら読めるのか? 知りたいことがあるならググるのが一番。

    大学も真面目に通ってなかったしなぁ。今でも単位落として卒業できなくなる夢見るわ。しかも一度落として再履修なのに全然出席してなくて試験範囲すらわかんないって夢(そんなことになったことはない)。

    一応理系出だけど向いてる職業診断したら文系職だったから、ガチ理系でもないと思う。


    カクヨムのバックアップはカクヨムの機能でできる。公開したのはエピソードごとに分かれてるテキストファイルを一ファイルにまとめるマクロ。とりあえず保存しておきたいだけなら使う必要はない。

  • そうです、そうです、かつてのDT発言(笑) 失礼いたしました・・・💦
    この世で他人に言ってはいけない言葉として、「デブ」、「ハゲ」等の体にかんする悪口と、「死ね」もだめですし、DTもなのね・・・?と学習いたしました。

    とはいえエロ対決、なつかしいです^^ 基本、喧嘩等はしない穏健派のつもりでいましたが、ツンデレでしたかね・・・?そういう部分もあるのかもしれません。平和主義な割に、根っこがキツイのかもしれません。たまに指摘されるときがあります。

    でも岬さんは最近はエロ路線じゃないですもんね。枯れちゃいましたか・・・?あるいは、岬さんの本来の真面目さに戻っているのかもしれませんね。

    岬さん、過去のアテナイと比べると、話数がすすむごとに愛あふれる方になっているように思えます。それが本来の岬さんだったのかと思いますが。他へのコメントやレビューが、岬さんはいつもまっすぐな言葉なところが気持ち良いです。

    私も、とても助けられて励まされています。いつもありがとうございます✨

  • 漢文は読めるだろう。。。中国人と感じでコミュニケーション取れるのは本当に便利だぞ。

    藤浪くんは専攻はなんだったの?

    ガチ理系じゃないのか。でも一年で文系だったやつが医者になったから、わからんもんだ。(ここだけの話、高一くらいまで同じような成績だった。)

    カクヨムのバックアップってカクヨムの機能でできるのか。最近来てないから遅れてる。

    なんで医者や理系に自分がこだわるかやっぱり「死ぬかもしれん」時に「なんとかできるかも、自分は神じゃないが、自分の力で」と思えるからかもしれん。
    高校の時に気づいておけば良かった。黙って指をくわえて見てるだけになりたくないなら、勉強しろ、と。

    無力感半端ない。

    でも飛んでる飛行機が自分のせいで落ちたりしそうなのが、なんとも。(爆)
    ああいうのって、なんだろうな、やっぱり向き不向きがあるのか?

    藤浪くん、書籍化っていつなの?あれって実は「編集者と打ち合わせるだけでいつかはわかりません」とかふざけた内容なんですか(ここだけ微妙に敬語なのは、俺と喋るせいでカクヨムの運営の人に悪い印象与えると藤浪くんに悪いからだよ。(苦笑)。

    まさか、打ち合わせるだけで、書籍化は次作で!

    みたいなチートもあるの?

  • 漢字(訂正
    〜〜

    いや、書籍化されたら買ってあげようとおもって。顔写真とか載せてくれるなら、2冊買って、誰かにあげるから載せて。(アプリで男前加工してもいいよ。つか俺が加工してやろうか?もはやビデオさえいじれる時代だから、男前かどうかなんてメディア内なら、ほぼ関係ないな。)それに男は結局、中身だから。

  • 神原先生、俺再び、また笑っちゃいましたよ深夜に。

    誰もいないからいいけど。

    DTがハゲやデブと同じくらいの爆弾力を持つというのは、笑えます。いや俺、初めて言われたからショックだったのかな。

    というか、そんなふうに見えたのか。俺の書いてる内容が。それはショック。

    ただ、日本に来て「岬くんアホだろ?」と言われまくって、カルチャーショックですよ。俺、単純なのかなあ。アホってここまで言われると、いや、びっくり。

    俺、最近エロ、全くダメなんですわ。不思議。

    なんでこんなに真面目になっちゃったんだろう。枯れたのかな??

    飽きたのか?(爆)

    本当に好きな人でないと、意味ないですよね。やはり、ある種、来るもの拒まないとか、間違ってました。

    あ、そうか、もしかして、エロ対決である意味、女の人に対する憎しみからくる「遊んでやる」的なそういうのが消えたのかもしれない。そうだとしたら、俺が更生?したのは神原先生のおかげでしょう。

    あんなに憎んでた状態から、ここまで復帰したってことは。

    好きって気持ちが裏返ると、憎しみに変わって怖いというのはありますよね。俺は全く自覚なかった。本当に好きだったからそこまで憎んでいたということ。

    まあでも今は、仕方なかったと思える。まあもしかして、誰とも縁がなければ、独身かもしれないけど、それも道理。もうそこまで誰かに真剣に関わるということをしないかもしれない。(相手がやって来たら別かもしれないけど)

    今はとにかく、びいを更生させなきゃならないし、今の状態で、自分が誰かと中途半端に恋愛したら、話がややこしくなる。(というか、びいを放っておけないから。最初、ちょっと興味から恋愛感情みたいなのはあったけど、もう今はない。っていうか、びいは「岬くんは、ない」という感じ(苦笑)。びいの場合、恋愛・有り無しは、最初の出会い段階で既に決定してて、しかもそれが覆ることはないらしい。(それもすごいね)

    俺、結構最初、投げやりだったかもしれない。

    やっぱり人の世話をする人でないとダメだね。(苦笑)。

  • 漢文て、漢文だよ? 古典の方の。マジで読めるのならそれは尊敬するわ。漢文も古語も全然駄目だった。まだ物理の方がましだったな。

    詳細の選考は秘密だけど実生活には全くもって役に立たん科学の基礎研究をやってた。


    書籍化の話はどこまで言っていいかわからんから黙秘……!

    さすがに顔写真は載らないよ(笑)

  • 漢文って、城春にして草木深しとか、そういうやつじゃないの?杜甫とか李白とか?
    中国語で読まなきゃダメなら無理だけど(中国語の発音難しい。習ってみたけど無理。)

    物理は全然ダメだったな。

    なんで専攻秘密なんだよ。(笑

    原子力とか?

    藤浪くんは安定してるから話してて安心。ドブ板踏み抜くような俺とは違うから。いやはや、ちゃんと黙秘。

    口滑らせたら殺される世界とか見てたら、ほんと口は災いの元。死ぬ間際の臨終で秘密バラす人、結構いるんじゃないかと思うわ。俺は最初から、そういう知ったらまずいことは聞かないようにして、社会的に重要なポジションにいないという選択しちゃうから、何事も成せないんだよね。(笑

    無責任な人生がなぜ退屈なのか、わかった気がする。

  • 作家の大先生になった藤浪くんがモテてモテてしょうがなくなって、この安定キャラが嫌な奴に変わったら、驚くなあ。

    俺がイケメン藤浪保をそのうち描いてやるから!モテても性格変わらないヤツね。

    なんかラノベ以外の他の人が知り得ない「専門分野」の文書いてよ。それを参考に、イケメン藤浪保を創作するから。女の子に対するスタンスはどうする?

    自分のリアル藤浪くんのイメージはすごい女性関係、地味だよね。それじゃ面白くない気がするんだけどww

    かといって、チャラいのはちょっとイメージじゃないしな。ははは

  • 大学のゼミとか、研究室で実験とかしなかったの?そういうエピソードとか読みたい。理研の小保方さんみたいな。

  • そうそう、杜甫とか李白とか。あれは漢詩だけどもそれだけでもすごいわ。中国語発音じゃなくてもわからん。

    専門分野の話ねぇ。本当はそれでキャラ文芸が書けたら楽しいんだろうけどね。ミステリーと絡めたり……できる気がまるでしない。

  • なんでできる気がしないんだよ。(苦笑)
    ラノベじゃなく、普通の文芸を書けよ。

    別にラノベが悪いわけじゃないが、読んでくれない人がいるだろ。(俺みたいに)
    中高生向けに薄いカップスープみたいな手ほどき?みたいな本も最初の足がかりにいいかもしれないけど、大人が読んで「すごい」と感じるものも書けるだろ。

    いや、ドラゴンとかすごいと思うよ。(ちゃんと読んでないけど)
    流行りに則った体裁の本は、先に行くと廃れる。
    そうなった時に「あの時、流行に乗ったからな」と思うじゃん。
    やはり時が経っても読み継がれる普遍的な作品を。(あ、俺偉そう?)

    別に悪役令嬢がそうでないとは限らんが。(ごめん、途中でドロップしたまま)

    一番最初にほら、企画で組んだ人の中に、伽藍さんっていただろう。あの人も書籍化した。あの人や藤浪くんは稲垣足穂みたいなちょっとした少年系ドリーミーな世界を体現できる気がするんだよね。

    足を踏み入れたら、不思議な魔法アイテムが骨董みたいに売ってる店みたいな感じで。そういう意味ですごく期待してる。

    また悪役令嬢の話も読みに行く。(というか、書籍化だから、本で読む)

    漢詩って難しいと思ったことない。タイプが違うから面白いね。そうそう、西洋物を書きたいなら、文化的なオタク(?)になった方がいいよ。そうするとラノベの中でも伝えられることが増える。

    むかーし、スタンダールの赤と黒を文庫で持っていた。持ってただけで読んだかどうか忘れ、社会人になって、古本屋で漫画版を買った。その中に「あの人は私を離縁するわけないわ、だって大金持ちの伯父様がお亡くなりになったら遺産の相続があることがわかってるもの……」というくだりがあり「!?」と思ったものだが、住んだらわかる。

    いや本当にそういう世界だった。(爆)

    日本と社会階層のあり方が全く違う。同じ社会のように見えて、根本が全く違うから。社会階層館の厚い壁が未だに見える。そういうの、多分オタク的に西洋の書物、文学、歴史、至る所から多分感じられる。西洋って言っても、イギリスとフランスとドイツ、スペイン、ポルトガル、各国全く違うし、アメリカやオーストラリアなんかも、海外に出てから全くイメージ変わった。(当たり前か。)

    別にファンタジーだから、そんなの要らねえ!ってことなんだろうと思うんだけど、まるっきりの作り事というのは、判で押したように、似てくる気がする。それがチートとか異世界を俺が読まない理由なのかも。この人達は西洋の基本がなんたるかを知らないで、それっぽい世界を作って描いてる、と思ってしまうから。

    うわ、なんか長い。

    でも俺は実はあんまり、根本がわかってない。

    もっとちゃんとした研究者は、もっともっとすごい。単に長いこと住んでたというだけでは、そういう人に全く太刀打ちできず、やはり語学をサボったツケは大きいね。政府からとか、大学で研究者として長く滞在してる人とか、すごいんだろうなと思う。

    環境を活かせなくてもったいなかった。今、日本に帰ってきて、日本語は文献が読めるからと思ったら、目が痛いw やはり鉄は熱いうちに打てというけど、若い時の苦労は買ってでもしろ、というのを実感してる。

    PC作業ってほんと目に悪いよね。長文書いといてよく言うよw

    休みだから返事をくれたんだろう、藤浪くん。とにかく期待してるから、これを足がかりに「おお」と言うようなものを書いて行ってください。
    自分は日本の小説はあまり興味がなく、高校の時は世界の文学の文庫ばかり買って読んだけど、実際に住んだら「なるほど」と今は思う。そして、日本が戦争に負けてなかったら、全く違う世界が広がってたんじゃないかとすごく思うね。
    日本がこんな国になったのは、あの敗戦が原因だ。(って俺生まれてないww)

    逆に日本の情報が俺はすっぽり持ってない。だから、今、日本に来て「なんでこんな軟弱な国なんだ?これがあの日本か?」と感じてしまう。じーさんとしか話が合わない。不思議な状態だ……。

  • あ、ごめん間違えた。伽藍さんじゃなかった気がする。えーとほら、うわ、まちがってすいません!!

    お茶の子みたいな名前の人。うわ、ど忘れしてる。男性作家さんだと思ったら、妊娠て聞いたから女性作家さんでした。
    お茶の間みたいな音。。。

  • 越智屋ノマ (オチヤノマ) さんだった!!

    名前間違えるなんて失礼すぎると怒られるな。(苦笑)

    あの企画、今となっては伝説だね!(って俺嬉しそう?)
    その後、掲示板で叩かれるとかはもうないの、藤浪くん。

    傾向と対策でスコッパーしてたのかな?と、今は思うほどだよ。日本の作家でダントツに人気があるのは「村上春樹」なんだけど、自分は読まなくなって久しい。あの人がすごいところって、コツコツ英訳もやってるところじゃない?

    たまに、ジャズのバーとか、ああ言う人がやってるとこあったらいいのに、と思うことがある。「ピーターラビット」。それと、書くのは健康に悪いから、ちゃんとマラソンするとか。(苦笑)。日本に帰ってくると、日本の文学世界に急に引き寄せられ、不思議な感じがする。

  • ああいう人(訂正)
    日本の梅雨って激しく長いね。良い休日を!

  • 普通の文学ねぇ。

    自分が好きなのはラノベで、書きたいのもラノベだからなぁ。Web小説は基本ラノベ向けだし、カクヨムコンも審査するのはラノベレーベル。別にWebから文学作品が生まれるのは全然いいと思うし、カクヨム外の賞に応募したっていいんだけどさ、自分が書きたいと思ってないからなぁ。

    というか、やっぱ書ける気がせんよ。短編ならまだしも、普通の文芸で10万文字って何を書けばいいんだ?

    そもそも最初ファンタジーで10万文字書いたときも奇跡だと思ったんだから!

  • そーなの?もっと固いイメージあったんだけど、書きたいのはラノベだったのか。

    意外だなあ。。。。

    ラノベの魅力ってよくわからんのよ。携帯小説とか。。。
    文字の空間が携帯小説は空きすぎて、3秒くらいで一冊読めちゃうじゃん。。。

    ラノベはなんで苦手なのかなあ。人の世界で遊ばされることに抵抗あるからかなあ。ゲームみたいじゃん。

    俺案外、ゲームしないんだよ。ゲーム脳みたいに見えるんだけど。

    藤浪くんの真面目な側面を知りたいと思って書いたが、意外な返事だな。

    なんで真面目な側面を知りたいかって、「藤浪保」というキャラを気に入って、かなり長い間、ネタにしてるからだよ(苦笑)。

    イケメンだと、いかにも、ってなるから、そこそこの雰囲気イケメンに設定変えようか考えてたところなんだよ。俺の書くやつって、出てくる人が全員イケメンで美男美女と指摘されたことがあり、実生活でもイケメンと美女としか縁がないんだよ。それって不思議なんだけどさあ、普通の顔の人って、印象残らないから、気がついたら身の回りにいないんだ。。。。

    不思議だよなあ。

    で、藤浪くんの普通の側面が知りたかったわけ。電気の配線とかチョチョっと自分でやっちゃうとかさあ。。。。

  • 最初の企画モノの時は、そこまでラノベっぽくはなかった気がするんだよね。博士が出てくるやつじゃなかったっけ?

    ライトノベル、この間クライアントさんからプレゼントされて、途中まで読んだんだけど、確かに面白いかもしれないけど、どうなのかなあ。

    魔法モノ?異世界?みたいだったんだけど、この人って、クロウリーとか知ってるのかなあ、とか読んでて思ったりする。そういうのもすごく詳しくて書いているのなら、興味持てるんじゃない?自分も。

    カバラとかさあ。魔法世界だと中世、宗教、魔術。ハリーポッターを一番最初に読んだ時、まさかここまであの本が有名になると思わなかったけど、これは面白いとは思った。それってなんだろうな。すごく不思議なんだけど。

    一冊しか読んでないけどね。映画はたまたま観た。ロード オブ ザ リングとかも観たけど、ああいうのは嫌いじゃない。

    何かやっぱり普遍的なメッセージと、作り物でない物語の奥行きが重要なんじゃないかな。ラノベにもそれがあるなら、読みたいかもしれない。

    ああでもエンターテイメントという意味で、誰だっけ、ほら、透夏さんって人の描いてた、あれもラノベなのかもしれないけど、あの人のはなんか面白い。漫画・アニメ調っていうか。男の主人公がなんか美形女子になるやつ。

    そう考えるとジャンルってそんなに重要じゃないのかもね。高橋留美子なんかはすごいなあ、といつも思うし。ラノベも漫画も別にメディアの違いだけであって、作品世界がきっちりできあがっているものなら、お勧めできる面白い作品、と言えるよね。

    西洋って意味で「ベルサイユのばら」なんかはフランスでも売っている。違和感ない。それってすごいことだなあ、と思う。どうやって下調べが成されたのかと。やはりジャンルは関係ないね。作品世界ありきということなのか。。。。

  • 日本書籍を長い間読んでない。だから文字はウェブばっかり見てたってことになって、何を読みたいか、ってなった時にたまたま本屋で手に取ろうとした本って、沢木耕太郎の深夜特急だったんだよね。(多分、家の何処かにある)

    なんかオーソドックス。いっぱいタイトルの長い今風の本が並ぶ中、それが読みたいの?

    あとずっとイチオシしてるのが、ムック本しか出てないけど篠原さんの本。

    アテナイでずっとネタにさせてもらってるけど、バレたらキレられると困る。
    あの人8月4日にまたムック出すんだよ。

    特攻隊の生き残りの人のドキュメンタリー記録本。直人さんっていうんだけど、俺が見つけたのはもう10年以上前になる。当時は本を出したいと言いながら、無名の人だった。言葉の使い方がすごくセンスがあり、出てくるんじゃないかと思った。まあ、ドキュメンタリーの人だから、ちょっと毛色は違うよね。

    それが、なんですごいと思ったのかというのは、短い簡潔な装飾のない文で、日本人の凛々しさを表現できているからなんだよ。それで注目した。

    今やっと本を出すに至って、ムックじゃなく普通の本でもいいんじゃ、と思うんだけど、デザインの畑の人だから。でもそれが今の時代にマッチしてるから、すごく出てくるんじゃない?これから。

    10年かあ、長かったな。

    まあ、2ちゃんなんかで当時叩かれてた。あれって残酷だなあと思ってみてた。
    その中にいた人たち、今のこの快進撃?を知ってるんだろうか。

    結構いい本だよ、特に文章部分。デザインはちょっとデザインしてる人が若すぎるし、文字の組みがアレだけど。

    なんか本の話できる人いないから、書いちゃったよ!本人に言うわけにもいかないし。

    とにかくセンスのある言葉を使える人は貴重と思う。案外いるんだろうけど。

    吉本ばななとかも出てきた時は、すごいセンスと思った。

    カクヨムの中にもセンスある人はいるよね。他に誰、と言われてもパッと書けないが。

    やっぱあの企画、一番最初にやった時に参加してた人たちとか、良かったんじゃね?俺、先生に添削してもらった。ロボットのお話書いてる人とか。

    懐かしいね。

  • 今、まわりがじーさんばっかりで、俺までじーさんみたい。(苦笑)

    お前ちゃんと読んでから感想書けよ、と言うのは本当に当たってる。

    平野さんの「日蝕」とか、ぱらっと見てこれはすごい、読めない、と当時思ったけど、今、なんか軽いの書いてるの見た。

    思ったんだけど、すごい人はすごい。

    むかーし、文藝賞の最年少獲った人、そこからあんまり小説書いてないと思うんだけど、これ、その年で書いたのすごい、とかいうのは結構あるよね。

    綿矢りさとかはちゃんと読んだ気がするな。(立ち読みで)

    ああ石田衣良とかは好きかもしれん。先輩のお友達だそうだ。

    ああいう路線はどうなの?あれはラノベではないだろう。

    あとね、好きな作家さん、あの人も好きかな。伊坂幸太郎!

    別に難しくないエンターテイメントだろ?

    思い出した。企画に参加してた中では、川上神楽って人、センスあったな。参加してなかったか?全然更新されないから、やめちゃったのかな。

    まあ、センスあって面白いもの書いてる人のを読んでると、自分はダメだなあ(苦笑)とよく思う。もっと真面目に書け、と。

    真面目に書こうとして気がついた。自分の書くものって面白くないな、と。

    それで、答えなど要らない、と決めたんだよな。答えなど設定して書くのは向いてない、と。

    で、今のようになった。

    藤浪くんが面白いものを書き続けてくれることを祈る! ははは

  • 安部公房とかねえ、すごいなと思ったかな。そういう意味ではカミュの異邦人とか。これらはちゃんと高校の時に読んだよ。高校の時は電車が長かったから、読む時間があって良かったな。
    三島由紀夫とか、川端康成とか。

    ドストエフスキーとか、ヘッセとか、堀辰雄とかな。

    古いものが良いのは、流行ってるものは淘汰されて、本当に良いものしか残っていかないから。

    だから古いものでちゃんと残ってるものを読めば、という考えがあった。長い時間経たないと、ちゃんとした評価出ない。

    100年経って、残ってるものしか価値ない。

    そう思うと、自分がどういうものと関わっていきたいか、はっきりする気がするよね。

  • 電気配線するのって普通の側面か? 日常生活のどこでそんな状況になるんだ。



    100年残るものって考えるとラノベは向いてないね。てか100年前って太平洋戦争より前だから。戦後出た本で今残ってるのだってまだ15年は残らなきゃならんのでしょ。それはなかなかハードルが高い。

    娯楽としての本は面白ければそれでいいと思っている。まぁ、ついでに何らかの知識が身につけばお得だとは思うけどね。

    自分は読んでくれた人が面白いと思ってくれればそれでいい。価値とかよくわからない。功績を残したいとか有名になりたいとかないし。没頭して楽しんでもらえたら満足だ。恋愛物は泣いてくれたらなお嬉しい。


    岬は「俺が満足できる物を書け」と言いたいわけだよね。それは書きたいものとは違うから、期待には応えられそうにないな。

    というか、物語は天から降りて来るものであるので、一般文芸よりの話が降りてくれば書くよ。

  • いや、本当なんだ。電気の配線ができなくて困ってる。
    直人さんは第2種の資格を持ってるらしいんだ。あの人さりげなくすごかったな。何でも作れると思う。

    うちの兄貴もそうだがな。ガスの湯沸かし器、本当は許可がいるんだ。


    へえ!!!

    天から降りて来る、か!

    それは藤浪くん、そういう詩的なこと言うような側面があるの、俺は知らなかったね。
    いいねえ。

    さっきのメッセージは、

    <俺が満足できる物を書け

    ってことになるのか。おもしろい。とことん俺が自分勝手と言われてしまう所以なんだな。

    このあたりが俺と藤浪くんの違うところで面白いね。藤浪くんの方が「ちゃんと人のことを考えられる人」って感じがして、いいじゃないか。だから俺が興味持ったのかもね。自分とはタイプが違うから。

    直人さんもそうだった。「俺が俺が」と言うな、とよく言われたな。案外と、そういうこと、人生で言われてこなかったからな。

    電気の件、どういう時に感電するのか、本当に知ってないとまずい場面にいつも遭遇する。日本にいる限り、そういう場面はあまりないからいいな。

    でも、電線が地面に落ちてきたりしたら、雨降ったらまずくないの?電柱倒れてる時とか。ああいうの、どこにどう注意するべきなのか。

    電線と水。

  • 100年はそう古くないぞ。

    俺たちが向こうで購入した屋敷は、125年前に建てられたものだった。

    付き合ってるギャラリストは94歳。このあいだ取材した人は84歳。一昨日会った画家の先生は81歳。

    100年は全然古くない……

    ナポレオンの城の中にあるものも、ファブリック系は全てオリジナルではない、と言ってたが、中にはオリジナルのものもある。長く持たないという意味で、俺は布にはあまり興味が持てない。すぐダメになるからな……。

    人生はうたかたの泡のようなイメージがあり、結局遺るもの以外には意味ないと感じるのは、生きてるスパンが前世も含めてて長期過ぎるのか?

    死んでも結構すぐ生き返るイメージあるから、100年なんて本当に短いぞ。

  • そういや隣のじーさんも84歳なんだよな。人類って物理的には120歳くらいまで生きるの可能って意味で、60歳だとあと60年あるイメージ。もちろんそんなに長く生きると、あちこち身体がガタつくから、パーツ取り替えないとふべんなばっかりだよな。最近、つか昨日、レビューしたダイスケさんって人がものすごく面白い短編書いてた。あの人も書籍化何かしてたよ。

    ラノベにどうしても抵抗あるって言って。
    そういう意味で藤浪くんがラノベそんなに好きとは知らなかったな…硬派なイメージが変わるな……。いや、俺は硬派だよ、書いてるのが別にラノベなだけ、と言われるか。

    いろいろあるよね。
    オンラインでは言えないことが。

  • 不便(訂正)

    カクヨムって不便だよね。何でこんな普通ならダイレクトメッセージで話すような内容を公開しなきゃなんないんだ。この辺り陰謀を感じる(苦笑)。

  • 藤浪くんの書いた中で双子の話も面白かったと思うよ。
    藤浪くんは案外、女性を特殊な感じで書くよね。自分の身の回りにあんまりいないタイプ。だから面白かったんじゃない?
    あの書籍化の主人公の子も、自分の周りにいないタイプ。

  • 藤浪くんはああいう感じが好みなのか(笑

    いや、自分に引き寄せて考えると、自分の好みの人を物語に登場させるわけでは断じてない!だから、違うな。。。(苦笑

  • 出かける。

    あ、後、藤浪くんの偉業は統計だね。それとスコッパーの書評。
    なのにそれをすっぱりと下げるあたりが頭がキレる感じがある。そういう戦略、只者でない感じがした。

    でも、ちゃんと追っかけて見てる人って案外いないことに驚く。そこから書籍化まで今、行ってることって、案外、みんな知らないんじゃない?

    そういうのがやっぱり大衆なんだよね。その時その時だけ。ファンって恐ろしい。いたはずのファン皆無という浮き沈み。

    熱狂的な固定ファンが獲得できたらいいね。

  • 価値があるかどうかの判断基準として100年があるなら、100年前にはラノベはないし今のラノベのうち何冊が100年後も残るかって考えたらこれは残るって断言できないしハードル高ぇなと言う話だったのに、なんで建物や人と比べて長いか短いかって話になるんだ?

    1000年なら長いのか? 源氏物語や枕草子は価値があると思うよ。娯楽的な面白さは自分には感じられないけど、文化的な価値はある。

    とにかく100年は長くないと言いたいのはわかった。それで言いたいのは、100年は長くないんだからそれくらい残る物を目指して書け、でいいんだろうか? だとすると、残ったらすごいことだけどそこまでの野望は持てていない。目の前の読者のことを考えるので精一杯だ。じゃなきゃWebで書いてないだろうな。Webはすぐ目の前のたった今読んでくれた読者の反応をすくう媒体だから。



    ラノベが好きだし漫画とゲームとアニメも好きだ。というかここ数年一般文芸に触れていない。十二国記読み直したくらいか。あれも元はラノベか。

    双子の話ってなんだっけ? そんなの書いただろうか。

    身の回りにいる女性っぽいキャラがいないのは、読者がそれを求めているわけじゃないと思ったから。そう思って書いたら受け入れてもらえた。

  • さすが理系。論理のすり替えバレた?(笑

    源氏物語は海外でもすごい有名。俺もあれは好き。すごく好き。
    枕草子はうーん、徒然草の方が好きかな?枕草子は作者が不美人(?)なイメージが微妙に消えない。不思議だな。美意識ってあまり強く押されると押し付けがましい例なのか。(俺もそうかも)徒然草の方が感じいい。

    あれっ、藤浪くん野望が低いぞ。
    目の前の読者のことだけ考えてどうすんだよ。

    双子じゃなかったか。なんか可愛い女の子を描いてた。俺、星入れたと思うよ。あ、双子じゃなくて、女の子が二人出てきた話。なんかキュートだったよ。

    日本のコンビニスイーツってあんまり美味しくないな。なんかオススメないの?
    昔、数年前、藤浪くんのところになんか持って行った記憶が。(苦笑)不動産屋時代。覚えてない?

    こんなに忙しいのに、いろいろ話をしてくれてありがとう。実はスーパーでしんみりしたわ。

    一個真面目に質問していい?

    30センチくらいの高さに水がじゃぶじゃぶに溜まってる地下室。原因は回り続けているままの洗濯機。

    それを見つけた時、感電死しない方法は?

    で、とりあえず何とかして洗濯機にたどり着き、排水させるにはどうしたらいいのか。外に通じるドアは40センチの高さがある。幸い杯数用のポンプもあるんだが、このポンプ濡れてないという保証はどこにもないんだが、繋いで感電しないか心配。

    だが洗濯機も水に浸かっているだろう少なくとも20センチ以上は。前開きの海外製。

    水と電気の死なない取り扱いを知ってないと本当にいつか死ぬ。地下室がこうなったのは初めてではないからな。

    感電についての基礎知識が欲しいんだけど、こういうのググって出ない気がするんだ。。。宜しくお願いします。

  • 排水用。(訂正)

    電気の火花でガスの爆発が起こる起こらない、小麦粉みたいな粉が舞ってる場所と火災の確率の関係、電気の漏電火災をどう防ぐか(古い電線のままの家屋)。自分で電気の線を張り替える方法。


    俺も2種を取ろうかと参考書を買ってきたが、うーん。

    友人は自分のところを自分で全部張り替えたらしい。海外でも資格がいる。日本の資格は有効じゃないから。でも具体的に何かあってからでは遅いから少なくとも、何がどうなって危ないのか目視で確認したいな、と。

    藤浪くんが電気とは限らねーよね。(多分、違う気がする。)
    弟に聞けばいいんだけど、やめといた方がいいよと言われそうな気がする。
    いや、やりたくないけど、どの程度危ないのか、気になって仕方ない。
    高いのが問題なんだよね。線張り替えるの。しかも適当だから、向こうの人は。しかも半年以上待ちで良いことがないから。

    自分でできたらなあ。
    そんなに難しいの?具体的に自分でやったらまずいの?と友人に聞いたら笑ってたけど。(昔そういう仕事をしていたらしい)

  • それと、ラッキー?なことに、すべてのコンセントは目の前の高さにありました。全部水に浸かってたら引く。

    友人の住んでた部屋が漏電で全焼してるから全く他人事じゃない。。。断熱の方法が、海外のやり方は無茶苦茶なんだよ。大きな掃除機のような逆の装置でボロボロのコットンを屋根裏に噴射して詰める。

    俺は反対したんだけど(屋根裏を改造できなくなるから)、馬鹿が(以下略)。

  • 与太話に付き合ってもらって悪いね、藤浪くん。クライアントさん以外と話すの久しぶりだわ。あんまりにも馬鹿な話だから、学生時代の友人にはできないんだよ……。なんつー生活してんの、サバイバルすぎると思われるから。

  • そう、屋根裏って、電気の線って走ってないのか。普通に考えてあんな「火を起こすのに使いそうな綿」を天井裏に詰めるか!?

    普通は電気の線を保温するようなものを周りに置かんだろ。作業するのを見ていたら、すべて自分でやる方がまだマシだと思うことが毎回だから。

    理系でないことを死ぬほど後悔する日々。正直、文明が終わる時、生き残るためには理系でないと無理。(苦笑)知識ないと死に直結する。だれが夾竹桃をバーベキューの串に使うんだよ。俺はバカと一緒に住むのは本当にもう嫌。知らないと死ぬかもしれないことを知らない奴と一緒にいるとこっちまで巻き込まれる……。

    日本も災害多いのに、みんなのんびりしてるよね。何故なんだ??すごく不思議なんだけど。

  • <十二国記

    これしらねー。俺、三国志とか、坂の上の雲とか、そういうの読んだことない。。。老子とかはあったかも。
    頭のいい人って、中国の古い文献を読んで戦略の参考にしてる。俺はそういうの無縁だったから、なるほど、と思った。(が、読んでないね。日本語書籍手に入らなかったから)

  • なんで源氏物語はすごいんだろうかね。
    俺の中ではある意味、むしろコスプレ的に面白い物語だと思うけど。
    やはり今と昔の文化摩擦が面白いんじゃないのか?

    中世の人間は、今の人間と一続きじゃない、という説がある。
    中世の人間の方が、ずっと男もセンシティブだろ?
    全く今の人類と繋がってる感じがしない。
    もともとまるっきり別だという説を頭に入れて読むと、なんか納得するものがある。

    それね、最近も実感した。
    ファースト・ガンダムのニュータイプって言葉、あれも歴史的なキーワードだと今思う。俺、別にアニメに詳しくない。

    人間の進化って、案外、目に見えるものなのかもしれない。
    別種かという特徴をたまに見ることが増えた。

    名前の例を出すと問題だから出せない。(苦笑)
    これをね、天才とかそういう「くくり」にするのは当たってるかどうかわからない。まさに例古いけど「アルジャーノンに花束を」の世界だよね。(俺読んでないわ。立ち読み程度だわ。)

    完成から何から何まで、もう別種、という例は本当にある。サヴァン症候群とか有名かもしれんが、そう思うと、広く人と付き合わないと、出会いって意味で、世界狭い。

    軽く表面的に付き合ってるだけじゃわからないこともある。
    源氏物語的な面白さって、人類の別種が描かれてるというのはある。中世の物語が面白いのは、「別種」がたくさん存在していた時代で、今ももちろん、そういうニュータイプは居るんだよ!!

    俺はそういう人に注目する。必ず成功したり、必ずしあわせになるわけじゃない、むしろ逆だったりするが。

    そういう意味ではファースト・ガンダムが描こうとした世界観はすごいということになるよね。富野さん?

    ラノベというメディアでも、そういう文化的な側面から意義ある歴史的金字塔的(?)コンセプトはどこか何かの作品にあるんじゃねーの。

    娯楽エンターテイメントだけではない文化的な意義。いや別にそれが必ずしも必要とかいうわけでなく、どうせなら今の文化背景を説明するのにちょうど良いキーワードを含むような大作になればいいね、的な期待だよ。(勝手に期待するな??)

  • 感性から何から何まで(訂正)

    <どうせなら今の文化背景を説明するのにちょうど良いキーワードを含むような大作になればいいね、的な期待

    これちょっと齟齬がある。

    どんな作品もそういう視点から読むことはできるんだけど、時流にうまく利用されるされないが、作品が広がる広がらないというのはもちろんある。

    そこだけじゃダメだということなんだよね。

    何故100年なのか。

    100年経てば、価値観の変遷が本当に明らかになる。それでかつ、意味があるものでないと淘汰される。それでもいいのかもしれないけど、100年経ってゴミになるもののために命賭けるのはしんどいでしょう。

    何もやってない俺が言うのもなんだけど。

    やってる時くらいはすごく意味があると思えることでないと、頑張れないことない?それとも、今に集中してるからそこまでの長いスパンを考えると、なにもできなくなる、か。。。

    戦争が終わってその前と後ろで、価値観の大逆転が起こった。
    振り返れば、そう言うことって多くないか?

    俺あんまり長く生きてないけど、その時々の価値観に振り回されるのはごめんだという気持ちが強い。
    いつまでも普遍的に変わらない価値を持つものを自分の中心に置きたいという気持ちはどこかにある。
    そうなってくると、それこそ感情的な何かさえも、ほぼあまり意味を持たなくなってしまう。空の雲のように感情は移り変わるからな。

    人の喜怒哀楽に訴えかけるものはその時々で良いのかもしれないが、やはりうたかたの泡でしかない。そういうニヒリズムに落ち込むと、これは病気の範疇になる。何もできなくなる。
    何をしてもほぼ意味がない、というニヒリズムに落ち込まず、永久不変に価値のあるものを中心に置くにはどうしたらいい?

    まあそういう感じでパラサイトニートになって現在が大問題な訳だw

    釈迦とかどうしてたんだろう。(苦笑

    お前、付き合いきれんからもう帰るね、と藤浪くんに言われそう。
    そうそう、前、パンプキンプリンおみやげとか言ってなかった?(俺の近況ノートでなく、藤浪くんのノートだったら残ってないね。)
    ということは秋頃だったんだな。

  • いつも藤浪くんの誠実さに感謝しているよ。多くの人はブチ切れて会話が終わるからな。(特に男。女の人は俺に優しいです。)

    前にも真面目に答えてくれて、「でもお前、情報にフェイクかけてるだろう。だからここまでにしとく」と藤浪くんは言った。
    いつも問いについての誠実な答えをくれるから(しかも、そんな義理はないのに!)、藤浪くんに一目置いてる。

    俺はいつも案外真面目に話してるつもりなのに、相手に結構、失礼なことをわからんで言ってることが多い。(今回びいの母さんにブチ切れられて、よくよく分かった。あんな温厚な人を怒らせるとは、俺の話し方、話題の選び方に問題があるのだろう。)

    パリだと大丈夫なんだけどね。何が違うんだろう。

    基本的にソードを持った戦いだからね、会話って。笑いながら真剣振り回す会話なんだよ。だから日本にいると、ダメなのかなあ。かといって海外は、下手したら感電死とかの危険が毎日だし。他にも危険はいっぱいある。メトロの中で煙の匂いとか俺、真面目に蒸し焼きはごめんだしね……。

    落ちこぼれ〜ドラゴン〜の方の読者さんが「胸悪」展開について書いてる人が多く、そういうの聞くと、「どんなのかな」と興味は湧くね。俺は、もう一個の短編の、元カノにばったり会ったとか、ああいう普通の話の方が個人的趣味で好みなんだけど、「お前の趣味など知らねーわww」という話だろう。

    何故、藤浪くんのイメージに、アニメとラノベとゲームが好き、というイメージがなかったのか、不思議だよね。最初の作品がラノベでなかったからか。オタクなイメージは全然ないね。統計とかで数字を操る理知的なイメージがある。

    俺、藤浪保について語りすぎw

  • そう、それともう一個訂正がある。

    俺の満足するようなもの書いて、というのはちょっと違うな。

    藤浪くんならもっと完成度の高い面白いものが書けるだろう、下調べを少しやればきっともっと面白くなる、と言いたかっただけだ。せっかくなのにもったいない、と。

    読者に合わせないと売れないから合わせろ、と必ず言われるけど、時代に阿ると後で後悔するかもしれない。藤浪くんはかなり緻密な方だと思うから、そういうところを引っかからないでスーッといってしまうのが意外だったということ。
    俺がなんか言えば、ちょっと気になって調べたりしない?

    そういう意味もあって、悪役令嬢の時、書き込んだけど、俺の日本語って、翻訳必要なくらい感覚的だよね。(苦笑)もっと参考文献はコレ、みたいな有益な情報だったら。(俺はそういうタイプじゃないから申し訳ないな)

    あんまりたくさん言われると、何が大事かわからない。もっとズバリ短く必要なことを言え、と二週間訓練されたはずなんだけど、黙るのが精一杯だったわ。(苦笑)

    それ、ちょっとおかしくないですか?とか言い過ぎると、先に何も進まないからな。藤浪くんは要約してくれるから助かるよ。

  • 感電に対する質問への答えは「自分にはわからない」

    なぜ答えられると思ったのか謎だけど、とにかくわからない。期待に応えられなくて申し訳ない。

    自分に言えることは

    水が純水であれば絶縁体なので感電はしないけど、洗濯機から漏れているのなら水道水に含まれているものや洗剤が入っているだろうから通電はするだろう。どの程度なのかは含まれる量による。

    感電死するかは電圧じゃなくて電流の量に関わるので抵抗が大きければ死なない。ゴム長靴を使えばマシなように素人目には思える。

    漏電していればブレーカーが落ちる。漏電しているのに落ちないのであればその辺に問題があるのでまずはそこどうにかすべきではないだろうか。ブレーカー落ちてないなら漏電していないんじゃないかと素人目には思える。てか落とせばいいのでは。

    危険を感じるならポンプを入り口近くに置いておけばいいと思う。

  • 藤浪くんありがとう。水を掻き出すのにポンプを使ったんだけど、そのポンプのソケット部分が水に浸かってなかったのかどうか、俺は知らないんだよね。水にそのポンプが水没で浸かってたなら、ソケットに入れた段階で足元が水、ソケット+水でかなりまずいよね?「ゴム長靴を履けよ!!」と言ったんだけど、うちにそんなものはない。。。

    とりあえず何も起こらなかったんだが、ポンプの置く場所をもっと上に保管して、二度と同じことが起こらないよう(ポンプまで水没は最悪)、注意したほうがいいよね。

    写真撮っとけばよかったなあ。リアル地下牢じゃぶじゃぶみたいな状態って、映画でしか見たことない。。。。いや、撮ろうとしたんだけど、スマホじゃ、画角が足りなくて、何撮ってんだかわからないものしか映らず。(汚い水面のみ)

    全部ブレーカーを落として、とりあえずドア(外に繋がる)を開け、その明かりで、外からの電源に繋いでポンプを動かしてればよかったのかな。ドア開けても水が流れ出ない(ドアの高さが膝上以上)から。よく考えたら、水が自分の背丈より一杯になるとかは可能性は。。。低い。(ドアの隙間からちょろちょろ流れ出るんじゃないか。。。それよりも水のスピードが早いとリアル水責め。。。)

    わざわざ地下室の電源に繋ごうとするから、じゃぶじゃぶに浸からないとできない。。。外からの電源取るって車じゃダメだよね。。。(やったことないから器具?アダプタ?持ってない)

    いやはや、忙しいのに変なこと聞いてごめん。もう一回同じこと起こったら、どうしたらいいんだろう、と。まあ、一年は日本に居たいから心配しなくてもいいんだけど、せっかく日本にいるから、やっぱ電気の勉強したほうがいいよね。

    それにしてもたくさんの対話をありがとう。ため池に電線が落ち、子どもが亡くなった事件を思い出し、「水+電気=結構、簡単に感電死」のイメージが拭えなくて。貯めた風呂の中で湯船に浸かりながらドライヤー使う馬鹿はいないと思うんだが、何があるかわかんないから。(ほんのジョークだったとかね。。。)そういうジョークで死にたくない。。。

    ロシアで誕生日に自分とこのプールでドライアイスの演出をして、何人か死んでる……ドライアイス=二酸化炭素=死ぬって知らなかったのかな……外国人怖い。ドライアイスの購入をやめて、氷とか、スモークマシンにしておいて本当に良かった。事故怖い。子供がペットボトルに拾ったドライアイス入れたら、おおごとになるからな……

    まあ、日本にいる限り、そういう危ない目にはあんまり遭わないだろう。。。さんきゅー!藤浪くん、いつもありがとう!

  • そう、俺の頭の中では「水に膝下じゃぶじゃぶ浸かりながら、濡れてるかもしれない電化製品を手に持ち、ソケットにその電化製品を差し込んで使うのか!?」っていう恐怖があったんだよね。

    普通に考えて怖くない?

    仮に、その電化製品(ポンプ)が濡れてないとして、自分が膝下、濡れてるのに、いいのか。。。??

    ため池に子供がいて、切れた電線がそのため池に落ちて、泳いでた子供が死んだってニュースがあった気がする。ポンプを水の中に突っ込んで、水を排出するのに、そのポンプのソケットが濡れてても「びりっ」とくる程度で済むからだいじょうぶとか、そんなのか????いやはや。。。

  • ごめん、お礼にもしなんか俺にできることあったら言って。ありがと。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン