詫び石と魔法の書庫

詫び石と魔法の書庫 1

「頼む頼む頼む……今度こそ! ――ああ、こねー! もうレディ・サウザンドは持ってるしいいよ! 鳴原君なりわらのきみが欲しいんだよ鳴原君が! ぜってー絞り枠だし! 排出率表記しろ運営! ……せめて天井があればなー。鳴原君、このほわっとした見た目も好みだし、新スキルの5ターンカエル化、強いんだよなー。欲しいなー」


 うららかな日の午後。

 ミーティングルームには、独り言が延々と響く。

 

「給料出たばっかなのに……これ以上はヤバイ。でも、そろそろ出そうな気がすんだよなぁ。まあアパートにいれば生きていけないってことはないし、いざとなればマリーみたいに借金すれば……いやいや、でも……いやいや……あと、10連だけ……! あっ、虹演出キター! こいこいこいこい……! はーいレディ・サウザンドー!」

「何やってるの? 祥太郎しょうたろうくん。楽しそうね」

「わっ! 遠子とおこさん!」


 ソファーの背もたれに寄りかかり、のけぞる視界に逆さまの顔が突然入ってくる。祥太郎は声を上げ、そのまま頭から滑り落ちた。


「――って!」

「なになに……『最凶さいきょうの魔女フェス』?」


「いやいや、ほんと何でもないですからっ! ちょっと試しに遊んでただけで!」

「そうなんだ。――そういえば最近、ゲームにハマりすぎて、お金使いすぎちゃう人が増えてるらしいわね。祥太郎くんも気をつけて」

「……遠子さんいつから聞いてました?」


 今日は掃除でもしていたのか、遠子はエプロンにマスクを着け、大きな箒を持っている。


「ヒ・ミ・ツ」


 彼女は言ってふふふと笑い、さっさと部屋から出て行った。


「あの人ほんとに神出鬼没だな……」


 そんなことを呟き、恥ずかしさを誤魔化そうとする。一部始終を見られていたかもしれないと思うと顔が熱くなった。

 祥太郎は再び部屋の中央にあるソファーへと戻り、何度か周囲を確認してから、視線を手元へと向ける。


「あーあ、目当てのキャラは出ないし最悪。どうしよっかな……あと10連くらいなら……」

「やめとけって!」


 すると今度はドアがバンと開き、さいがミーティングルームへずかずかと入ってきた。


「うどぅわっ! ななにが? 何の話だよ?」


 慌ててスマートフォンを投げ捨てつつ振り返る。才は誰かと電話しているようだ。


「炎上するのがオチだって! もう100パー! な、俺は警告したからな!」


 何度か念を押した後で通話を切り、彼は大きくため息をつく。それから自分に向けられた顔を見つけ、目をまたたかせた。


「おー祥太郎か。どうした?」

「いやいやいや、別に。……何かあったのか?」

「ダチがさ、石でもプレゼントして詫びをしたいらしいんだけどさ、俺には炎上する未来しか見えねーから絶対やめとけって警告したわけ」

「ああ……やり方間違えると、炎上することあるよな」

「だろ? 何度も視てみたんだが、今回はぜってー炎上するから、じっと我慢が正解」

「だけどさ、あとで蒸し返されたりするじゃん。あの時きちんと対応してくれなかったって。それで一気にオワコン化したりするし」

「まー、そりゃそれで、命なくすよりはマシだろ」

「命? 殺害予告されてんの? その人ってプロデューサー? 結構よくある話って聞いたけど」

「プロデューサー? いや、学生。彼女が発火能力者パイロキネシストでさ」

「えっ?」

「えっ?」

「二人とも、今ひま?」


 かかった声に、一瞬止まった時間が動き始める。

 いつの間に戻ってきたのか、遠子がドアのところに立っていた。


「お、遠子さん。まぁヒマだけど」

「僕も、それなりには」

「書庫のお掃除頼まれたから、手伝ってくれたら嬉しいな」

「じゃあ今度、俺とデートしてくれよ」

「いいわよ。『つるみや』にお団子買いに行きましょう」

「よしっ! 祥太郎、いこーぜ!」

「あ、うん」


 どう考えてもそれはデートではなくお使いだと思ったが、ご機嫌な才に突っ込むのも可哀そうな気がしたので、祥太郎もとりあえず足を動かす。


「あら、三人ともどこに行くの?」


 廊下を歩き始めてしばらくして、今度はマリーとばったり会った。今日は赤が目に鮮やかなマーメイドラインのドレスを着ている。

 所持しているドレスが多すぎて、遠子以外は誰も確信をもって指摘はしないが、今日のように顔がにやけている時は大抵、新調した時だ。


「お掃除に使えそう」

「何の話?」


 今にも床につきそうなドレスの裾を見て呟かれた言葉に、彼女は怪訝な顔をする。遠子は「何でもないわ」と笑ってから続けた。


「あのね、これからみんなで書庫のお掃除に向かうんだけど、マリーちゃんも一緒にどう?」

「OKよ」


 返事は意外にも即返ってくる。


「ちょうど書庫に行ってみようかと考えてたの。一人じゃ行きづらいし……せっかくだから、リサも誘わない? しばらくお仕事がなくて暇を持て余してるみたいだから」

「そうね、理沙ちゃんが良ければ、人手が多い方が助かるな。私この前、書庫の本棚一つ消滅させちゃったじゃない? あれ以来『ブックマーカー』から目をつけられてて」

「それはトーコの自業自得じゃない! 『ブックマーカー』を怒らせると、こっちまで書庫に立ち入りづらくなるから勘弁して欲しいわ。……とにかく、リサを呼んでくるわね」


 それからマリーは、ランウェイを歩くモデルのようにキレのあるターンを披露し、理沙りさがいるという食堂へと歩いて行った。

 二人を待つ間、祥太郎の中ではモヤモヤとしたものがずっとくすぶり続ける。なるべく意識しないようにはしていたが、流石にやり過ごせそうになかった。


「あの、つかぬことをお伺いしますが、『ブックマーカー』というのは……?」


 口にしながら嫌な予感はどんどん膨れ上がっていく。どう考えても危険な臭いしかしない。


「大体想像つくと思うが、書庫も『ゲートルーム』みてーにすげー広くて迷うわけ。んで、目当ての本を見つけるのに『ブックマーカー』が存在する」

「なるほど……名前の通り、栞? みたいなもんなのかな」

「ま、貴重な魔導書とか資料もあるわけで、それを守るシステムでもあるんだけどな」

「はぁ……」


 少し軽くなりかけた気持ちは、再び重さを増していく。


「そんなに緊張しなくても大丈夫よ、祥太郎くん。刺激しなければ大人しいし、いざとなったら、これもあるから」


 遠子が笑顔で取り出したビニール袋には、茶色の円い物体がいくつも入っていた。


「せんべい……?」

「みんな、連れてきたわよ」


 そこへ、マリーたちがやってくる。


「お待たせしました! ちょっとデザート食べてて遅くなっちゃって」

「山盛りあったのを、あれだけのスピードで平らげたんだから立派だと思うけれど」


 照れ笑いをする理沙の頬には、白いクリームがついている。そこへ吸い寄せられるかのように伸びた才の指は、マリーの扇によってはたき落とされた。


「じゃあ、行きましょうか」


 遠子は言って、先頭に立って歩き出す。

 祥太郎は結局、新たに生まれたモヤモヤを抱えながら、後へとついていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!