終章 クレイジーデリバリー

クレイジーデリバリー

 そうして。

 最愛の妹、苅家かりやサツキを目覚めさせるという悲願を達成した俺はと言えば。


「夢現怪盗プリズマ! 逃げるんじゃない! 俺のガジェットを返しやがれ!」

「ですから。私と一緒に怪盗稼業をして下さるならお返しすると、言っているではありませんか」

「分かった! 怪盗になる! 怪盗になるから返せ!」

「……嘘ですわよね?」

「勿論嘘だ」

「正直なのは良いことですわ」

「ああ、俺のバカバカ! 口先だけでも怪盗になるって言えば良かったのに! でもガジェットの能力で操られて、嘘をつくことが出来ないの!?」

「本当。貴方から盗んだガジェットは便利ですわね。これからも私の盗みに大いに役に立って貰うと致しますわ」

「やめろ! お前が便利に使う度に、俺の金がどんどん減らされるんだぞ!」

「友情があれば、悲しみは半分・喜びは倍になるって言いますわよね?」

「何で俺が全悲しみを引き受けなければいけないんだよ! ほら、今返せば怒らないから! 罪も問わないから、返せって!」

「……嘘ですわよね?」

「勿論嘘だ……くそ、また!?」

「それでは、また何処かでお会いしましょう、私のお友達」

「あ、てめえ! 逃げるな! 戻って来いプリズマ!」

「ちゃお♪」


 夢現怪盗プリズマは、別れの台詞を残し、その場から姿をかき消した。

 恐らくガジェットの力を使ったのだろう。

 残っているのは白く広がる雪原だけ。影も形も、足跡すら見当たらない。


「おいコハネ。念の為、そこら辺を轢いておけ」

「いやどんな指示ですか。流石に、もういないと思いますよ」

「クソッ、また逃げられたか。あの野郎、ガジェットを返す気はない割に、ちょくちょく現れやがって。一体、何のつもりなんだ……」


 軽トラックの窓から乗り出していた身体を引っ込め、窓を閉める。

 冷えてしまった身体を温める為、助手席の上で身を縮め、エアコンの発射口に手を当てる。


「というか先輩、何で働いているんですか?」

「え、俺働いちゃダメなのか!?」


 そんな前時代的な暖の取り方をしている俺に掛けられたのは、運転席でハンドルを握っている後輩、絹和きぬわコハネの辛辣な一言であった。


「別に、働いてはダメとは言いませんけど。でも、先輩が『OZ』で働く理由であった、妹さんを目覚めさせる薬は手に入った訳ですし。何だか物騒な感じはしますけど、妹さんも無事に目を覚ましました。もう先輩は働く理由はないのでは?」

「まあな……」

「無事に目的は達成したことだし。もう絶対に働きたくない。死ぬまでだらけようって考えるのが先輩なんじゃないんですか?」


 確かに、コハネの言う通りだ。

 つーか誰だって、出来ることなら働きたいとは思わないだろう。

 働かないで生きている道が用意されているのなら、絶対に選ぶに決まっている。

 少なくとも俺は選ぶ。ボタン連打して選ぶ。

 しかし、そんな俺が今までと変わらず、多元世界干渉通販会社『Otherwhere Zone』、通称『OZ』で配達員をしている理由はと言えば。


「しょうがないだろ。サツキの入院費がまだ掛かるんだから……」


 そんな、至って現実的な理由からだ。

 金を稼ぐ必要性から解放されたかと思えば、また新たな金が要る。

 全く、この世は世知辛い。


 長い昏睡状態から無事目覚めた俺の妹、苅家サツキは、しかし未だに長い睡眠と目覚めとを繰り返している。

 サツキの身体の内に眠る『人災』と呼ばれる超常的な力と折り合いを付け、日常的な生活を送れるようになるには、まだ継続的な治療が必要になるらしい。

 そんな特殊な治療が出来るのは『OZ』の病院くらいしかなく。

 従って、それなりの入院費が掛かるのである。

 

 今回の人災の一件や諸々の貢献度を鑑みて、入院費の全額免除、あわよくば今までの支払いの全額返金を社長に申し出たのだが。


『実は、もう既に大分割引いているんだよね。はいこれ、本来の請求書』


 と、渡された紙には、見たこともない数の0が並んでいた。

 信じられないものを見ると、本当に目が飛び出るんだな。


 とにかく、しばらくはサツキの為にも働き続けなければならないし。

 引き続き、アラタにも協力を頼み続けなければならなそうだ。


 俺が配達に出ている間、サツキのことはアラタに任せてある。

 いざという時に役に立たないヘタレメガネではあるが、あいつに任せておけば大丈夫だろう。

 ちなみに、サツキが目覚めたことを話すと泣いて喜んだアラタだったが、黙って『人災』に向かって行ったことについては、こっぴどく叱られた。

 俺のことも、コハネのことも、サツキのことも心配をしてくれたようだ。

 何だかんだ言って良い奴なんだよな。


「あ、そう言えば私、この前妹さんのお見舞いに行って来ましたよ」

「はぁ? お前、1人で行ったのか?」

「はい。先輩にご迷惑を掛けまいと思って、1人で行きました」

「マジか。そ、それで、何もなかったんだろうな?」

「はい。丁度起きていて、快く受け入れてくれましたよ?」

「マジか」


 絹和コハネと苅家サツキ。

 初対面の出会いがアレで、その後の空気も大分アレな感じだったから、相当相性が悪い2人なのかと思っていたけど、いつの間に仲良くなっていたのだろうか。

 まあ、考えてみれば同じような年頃の2人なのだ。

 仲良くしてくれるに越したことはないのだけれど……。

 

「サツキは、元気そうだったか?」

「はい、とっても。あれだけ元気だと、私も嬉しくなっちゃいますね。つい、本気を出してしまいそうになりました」

「……本気?」


 おい、何だその不穏なワード。

 お見舞いをする時に、本気を出す機会なんてないだろ。


「ちょっと待て。お前達は何をやっていやがるんだ」

「別に、変なことはしていませんよ?」

「詳細を報告しろ」

「え、えーと、ほら、妹さんも、寝ているだけじゃあ身体がなまりますから。ちょっとばかり運動に付き合ってあげたんですよ」

「運動? どんな運動だ?」

「……殴り合いを少々」

「やめろ!!」

「あ、間違えた。ボクシングごっこです」

「ごっこを付ければ良いってもんじゃない! 病人相手に何をしているんだ!」

「それがなかなか侮れないんですよ。病人とは思えないぐらい元気な拳を放って来るんですから。あの拳の調子だと、退院も結構早いんじゃないですかね?」

「何でもかんでも拳で測ろうとするなぁぁぁ!!!」


 こいつは本当に何なんだ、現役のアマゾネスとかバーバリアンなのか。

 というか、やっぱり仲悪いんじゃないかこいつら。

 今後、2人きりで会わせるのだけは絶対に避けねばならない。


「ってか、この前お見舞いに行った時、病室が滅茶苦茶になっていたのはお前のせいなのか!? やめろよ。あれも追加料金払わせられるんだぞ!?」

「あ、勿論、お互いに顔は殴りませんよ? 狙うのはボディだけですから」

「当たり前だ!!」 

「でも、本当に元気になって来ていると思いますよ? 最近はフットワークのキレも良くなって、私、一方的に殴られてばかりですから」

「お前、大丈夫なのか? この前だって、包帯まみれの上、更に結構攻撃を食らっていたのに……」

「おや、心配ですか? 妹さんではなく、私を心配してくれるんですか?」

「うるせえな。心配しちゃ悪いのかよ」

「大丈夫ですよ。私の身体は特別製ですから」


 そう言って、自らの胸を叩くコハネを見て、思わず言葉に詰まる。

 あの騒動の最中に判明し、うやむやのままで過ごしてしまっているけれど。

 絹和コハネは人間ではない。


 神である、『OZ』の社長によって作られた存在。

 その身体には肉の代わりに機械が、血の代わりにエネルギーが流れている。

 道具を使う為に作られた、道具使いの道具。

 統御人間型ガジェット『統制機姫ガジェッティア』。

 それこそが、絹和コハネの正体なのだ。


「何しろ、お父様謹製の肉体ですからね」

「お父様ぁ!?」


 突然飛び出た呼び名に思わずツッコミを入れてしまう。

 少しもシリアスに浸らせてくれる気はないのか。


「ちょっと待て。その『お父様』ってのはまさか……社長のことか?」

「あ、すいません。業務時間中はそう呼ばないようにって言われていたのに、つい」

「いやいやいや、そういう問題じゃない。つーかお前、前は『パパ』って呼んでいなかったか?」

「ああ。あれは日曜日でしたからね」

「……まさか、日替わりなのか?」

「良く分かりましたね。日曜日は『パパ』の日なんです」

「あの変態親父、何をやらせているんだ」


 それって本当に合法なんだろうか。

 何か色々と危険な匂いがするんだけど。

 というか、完全にプレイの一種なんだけど。


「一応、あの後精密検査もキチンと受けましたしね。問題ありません!」

「なら、良いんだけど」

「というか、この身体凄いんですよ? 中身はアレですが、ほとんど人と変わらないんですから。食事だって味わえますし、代謝機能もついているから、爪も髪の毛も伸びますしねー」

「妙にディテールにこだわったんだな、あの変態親父」

「それに、人間と同じように成長もするんですよ? ほら!」

「って、いきなりシャツをたくし上げるな!?」


 急に制服のシャツをたくし上げ、自らの上半身をさらけ出そうとしたコハネを慌てて止める。

 ギリギリで前回になるのだけは阻止出来たが、しかし、腹筋の付いた白いお腹と、可愛らしげなおへそが、目の前にこんにちはしている。

 

「あー、止めないで下さいよ。ここの成長が一番分かりやすいのに」

「分かりやすいとか、分かりにくいとかの問題じゃない! いいからしまえ!」

「あ、じゃあ触って確かめてみます? 良いですよ? 先輩なら」

「う、うるさいうるさい!」

「ほらほら、私は先輩の道具ものなんですから。自分の道具を責任持って管理するのも、配達員の務めですよ?」

「い、今は業務時間中だぞ! ちゃんと運転に集中しろ!」

「ちぇー」


 コハネは、たくし上げていたシャツを下ろし、両手をハンドルに戻す。

 横目で向けて来るのは、明らかな非難の視線。


「先輩って、実は結構ヘタレですよね?」

「うるさい!」


 本当、いきなり何をしてくれるんだこいつ。

 っていうか、これって逆セクハラじゃないのかよ。

 

「でも、本当に成長しているんですよ。これも先輩のおかげですね」

「知るかそんなこと。勝手に俺のおかげにするんじゃない」

「はい。でも……」


 コハネは、軽トラックを運転しながら。

 前を、行く先を真っ直ぐ見つめたままで告げる。


「ありがとうございます、先輩」


 そして。


「これからも、宜しくお願いします」


 俺は『ああ』とだけ短く返事を返して、両手を頭の後ろに回し、フロントガラスに向けて足を投げ出す体勢を取る。いつものサボりの体勢だ。

 考えるのは、これまでのことと、これからのこと。


 俺達、配達員の仕事は、人や世界を救う為のチートアイテムを配達すること。

 神の意思の下に、人や世界を守ること。

 

 しかしその裏側で、失われていく世界が存在すること。

 そして、災害配達人と呼ばれる、俺達とは対局に位置する存在のこと。

 まき散らされる災害のことを知った。

 

 自分が、妹を救う為、金を稼ぐ為に働いて来た仕事の裏に。

 そんな壮大な事情が隠されていることを知った。


 その、大きすぎる事情を前にして、俺は。


「……正直、どうでもいいな」


 そう。

 どうでもいい。

 別に世界を救えなかったことに怒り、悲しむことも思わなければ。

 義憤に駆られて、全ての世界を救おうだなんてことも思わない。

 そんなこと、一配達員である俺にとっては関係のないことだ。

 

 恐らく今この瞬間でさえも。

 俺の関係ないところで、世界は救われ、同時に喪われているのだろう。

 そんなの、どうしようもないじゃないか。

 俺のやるべきことはと言えば、せいぜい日々の仕事に勤しむことだけだ。


 次元を駆ける軽トラックの荷台にチートアイテムを載せ。

 それを求めている何処かの世界の誰かへと配達する。

 世界の理を守る為、と言えば聞こえは良いけれど。

 何のことはない。毎日、与えられた仕事をこなしているだけなのだ。


 それでも、それだけでも良いというのならば。

 手の届く範囲内で、適当に頑張って行こう。

 神ならぬ人の手で、何とかなることだけを、やり遂げて行こうと、そう思う。


 自分の手で届く範囲内を、少しでも良く出来たのなら。

 僅かな歩みであっても、何かを残せたのなら。

 それはきっと、俺のした仕事にも、意味があるということだから。


 俺は今初めて。

 目的ではなく、手段を誇る。

 自分の仕事、そのものに対して、やりがいを感じているのかも知れない。


「っていうか、やりがいを感じるの遅くありませんか? 一体何年この仕事をしているんですか先輩は」

「いきなり割り込んでくるんじゃない。そもそも、どうして考えていることが分かるんだ」

「当たり前じゃないですか! 私は先輩のパートナーなんですから!」


 鼻歌など歌いながら、妙に嬉しそうにハンドルを握っているコハネ。

 使われるべき道具として生まれ、今もなお俺という使い手によって使われ、使われることを望む、作られた少女。 

 それでも、自らに与えられた思いをしっかり抱きしめながら生きている。

 拒絶するのではなく、自分の存在がそういうものだと受け入れながら。

 

 自分が何者かを、受け入れること。

 自分が自分であることを、知ること。

 自分が誰と共にいるのかを、探し続けること。


 それが、人として生きるってことの証明なのかも知れない。

 コハネの横顔を見ながら、俺はそう思った。


「先輩、そろそろ起きて下さい。次の配達先に到着しますよ」

「面倒だな。お前、全部やっておいてくれないか」

「っていきなりそれですか。さっきまでの熱意はどうしたんですか?」

「何を言っている。熱意バッチリだぞ! よーし、配達伝票を寄越せ!」

「えーと、これですね」



 品物   : 伝説の聖剣・クーゲルシュライバー バージョンⅢ

 おところ : 魔王城 最深部 魔王の部屋

 お届け日時: 勇者と魔王の最終決戦 勇者の残りHPが3を切った時

 配送方法 : お急ぎ便



「ちょっと待て! あいつら、まだ戦っているのかよ!?」

「みたいですね。勇者さん、また聖剣が折れて負けそうみたいですよ?」

「またかよ!? それ、もう滅びちゃっていいんじゃないのか?」

「間違えたフリして、また魔王さん撥ねてみます?」

「…………」

「…………」

「……着いてから考えよう」

「……そうですね」



 世界を巡り、次元を駆け、求めに応じて、あらゆるものをお届けする。

 太陽も月も、星も命も、あらゆるものをお届けする。

 全ての品物に、在庫切れはなく。

 どんな世界の果てまでも、送料無料のお急ぎ便で。

 古今東西、森羅万象、何もかもを取り揃えて、軽トラックに乗せてお届けする。

 

 それは、次元を越える通販会社。

 多元世界干渉通販会社『Otherwhere Zone』、通称『OZ』。

 

 これは、そんな『OZ』で働く、とある配達員達の物語。


 1人の先輩と、1人の後輩。

 苅家ヒビキと、絹和コハネ。


 2人の配達員が織り成す配達記録である。



おわり

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます