四場 暖かい部屋


 私は毛布をおしのけて上体を起こした。


 急ぎ、何かをしなくてはいけない気がしたのだけれど、それが何かは思い出せない。


 頭痛。それによって緊張した手足の先端に激痛が走った。


 軽い放心状態なのか意識が定まらず、ぼんやりと周囲を見渡してみる。


 見知らぬ。民家の一室だろうか。

 目が覚めたのは簡素なベッドの上だった。


 記憶にモヤがかかっているよう。



「あらあら、お目覚めですか」


 すぐに老齢の女性が駆け付けてきた。

 見知らぬ顔だが、家主だろうか。


 私は訊ねた。「どなたですか?」


「名乗るほどの者ではございません。生き埋めになられていた所を近所の男達がお助けして、一時お預かりさせて頂いております」


 生き埋めになっていた――。

 どうやら私は助けられ、ここに運ばれたようだ。


「そうですか、ありがとうございます……」


 私が感謝を伝えると「勿体無いことです」と、老女は微笑んだ。


 なんだか、何もかもが夢だったみたいに現実感が希薄だ。

 まるで悪夢のように理不尽で、残酷な目に遭った気がする。



 老女は恐縮しながら、ベッドの横にある椅子に腰を掛けた。

 話し相手をしてくれるということか。


「息子を王宮に向かわせましたので、もうすぐお迎えが来ると思いますよ」


 身体中が痛む。特に四肢の先端は包帯で強く固定されていた。


「末端のケガは頭痛や吐き気を誘発しますからね。安静になさってください」


 自分の手を眺める。刺すような痛みが持続的に襲ってきている。

 思いもよらず、涙がこぼれ落ちた。


 一粒がこぼれると、後を追うように水滴が包帯に落ちて吸い込まれていく。


「あらあら、痛いわよね。どうしましょう」


 老女が容態を心配してくれる。

 だけれど涙の理由はそうではなくて。


 手足の先端がいたむ程に、頭部から背にかけてまったくの無傷であることを思い知る。


 それが哀しい。そして、それがどうしようもなく恐ろしい。



「あの……」


 指を握り込めないこと。

 掴めないということの途方もない心細さに、背筋が冷える。


「私と、一緒に……。生き埋めになっていた騎士は?」


 レイクリブの安否を確認すると、老女は俯いた。

 辛そうに言葉をつむぐ。



「まだお若いのに……」


 その一言で充分だった。


「そうですね。知っていました」


 鮮明に覚えている。


 背中越しに感じられていた鼓動が弱まり、やがて止まってしまった時の絶望を。


「……知っていました」


 レイクリブはもうこの世にはいない。

 二度と、私を叱ってはくれない。



「大変でしたね。こんな小さな娘さんがね。私は知っていますよ、女王様がそれはもう頑張っていることはね」


 老女は私の背をさすって、慰めの言葉をかけてくれる。

 もう感情の抑制はできなかった。


 レイクリブの死という悲しみが。

 手を差し伸べられなかったことに対する恐怖が。

 老女の温かい優しさに対する安堵が。


 すべての事態を招いた自分の無力に対する憤りが。


 一斉に降りかかり、一塊りになって私の感情を打ちのめす。


「申し訳ございません! 私が、至らないばかりに……! 国民の皆様に、……苦労をかけてしまいッ!」


 私は抗う術もなく、溢れ出るままに咽び泣いた。


「とんでもないことですよ。とても、真似できるようなことじゃあ無い。頑張ってますよ、女王様は」


「私はッ!! 私は……ッ!!」


 喉を痛めつけて叫んだ。

 甘えを全て吐き出してしまいたかった。


 老女は「可哀想な子だ。可哀想な子だ」と、私を包み込んでくれる。


「女王様にだって、心がありますものね。感情が通った一人の人間ですものね……」



 私は彼女を大変困らせただろう。

 涙の原因を私自身、明確に説明できないのだ。


 人間とはなんなのだろう。

 あの様な冷酷な者もいれば、こんなにも優しい人もいる。


 私は泣いた。涙が枯れて疲労で声を発する気力が尽きてしまうまで。




 しばらくして、騎士団が到着する。夜更け過ぎだ。

 率いるのはダーレッド・ヴェイル騎士隊長。


「陛下! お迎えに上がりました!」


 ダーレッドは居住まいを正し敬礼をして見せた。

 何故だろう。それに対して私はやけにシラケた気分だ。


「レイクリブが死にました」


「それは……」



 私の第一声にダーレッドは戸惑っている。


 騎士団の手厚い迎えに私が謝辞を述べるとでも思ったのだろうか。

 平時ならば、私はそうしたのだろう。


 しかし、今はもうそんな気持ちは微塵も湧いてこない。


 泣き枯らした掠れ声で続ける。



「ダーレッド卿、騎士団は半日もの間何をやっていたのです。私達が戻らなかった事を不自然には思わなかったのですか?」


 私は初めて臣下を咎めた。

 自分でも知らない冷めきった感情と、そこから発せられる冷徹な声で。


「申し訳ございません。目的地が遠かった為、遅れることもあるかと。それに護衛部隊がついていましたもので」


 まあ、そうだろう。ありふれた理由だ。

 特別な不備はない。


 なのに何故、こんなにも不快な感情が体内を渦巻いているのだろう。


 あの男は言っていたな。

 言い訳をするのは反省していない証拠だと。


 お前はどっちだ?


 敵なのか、味方なのか。


 水分の抜けた渇いた眼でそんな問いかけをするように。

 私は彼を睨みつけていた。



「護衛部隊はどうしていますか?」


 礼拝堂の外で待機していたはずの兵士たち。何故、現場を離れたのか。

 そして、戻って来なかったのか。


「それが、報告によれば先日の黒衣の騎士の襲撃に遭い、殉職。または消息不明と」


 ザワリと、血が泡立つのを感じた。


 また、アイツだ。礼拝堂の崩落も奴の仕業なのか。

 アルフォンスを殺し、レイクリブまでも。


 なんだ? 誰だ? 何が目的だ?


 私が憎悪の念に周囲の音を遮断している間。

 ダーレッドはレイクリブを悼む様子を見せていた。


「レイクリブとは諍いが耐えませんでしたが、それも好敵手と認めていたが故。本心では敬意を払っていました。残念でなりません」


「……そうですか」


 なんて言ったか、聴き逃してしまった。

 私は適当に相槌を打つ。



 ダーレッド騎士長を責めても仕方がない。


「城に戻ります」


 帰って仕事をしなくては。

 友が死んでも、教師が死んでも、仕事をしなくては。


 民を幸せにしなくては。


「我が背におぶさりください」


 ダーレッドが差し出した手を私は振り払った。

 当たった指先が痛みで痺れる。


「大丈夫、馬車まで歩きます」



 入口には家主の老女とその長男が見送りに立っており、私は二人に挨拶をする。


「おば様、お世話になりました。この御礼をしに必ずまたお伺いします」


「いいえ、先程いただいた分で充分でございます」


「遠慮なさらないで。私はあなた方のような人々にこそ報いたいのです」


 私は彼女らの手を握り。

 心の底からの感謝を伝え、民家を後にした。



 帰路の間、馬車の振動が怪我に響いていた。

 陰鬱な精神状態でなければ、苦痛を訴えたはずだ。


 しかし、私は自らの内に起こっている変化に気を取られ、それを無視していた。


 向かいに座っているダーレッド騎士長に伝える。


「明日、捜索隊を出して頂けますか」


「黒衣の騎士ですか?」


 そちらも放置してはおかないが、さしあたり盗賊ギルドに調査を任せてある。


「いいえ。礼拝堂の崩落後、敷地に立ち入った二人組の男性がいます。目撃証言が無いか調査してください」


 まったく理解し難い存在だった。

 今後のためにもよく研究しなくてはならない。


 何故、あのような態度を取れたのか。納得いく説明をさせよう。


「それだけでは特定するのは難しいかと」


 ダーレッドの反応は芳しくない。


「見つかったらで構いません。嫌疑のある人物は全員、私の前に連れてきてください。特定は私がします」


 あの下卑た声、忘れもしない。


「どうなさるつもりです」


 さて、どうすればよいだろうか。


 どうすれば今後、あのような悲劇を回避できるだろう。

 私に逆らわなくなるだろう。



「もし、満足行く釈明ができなかったならば、処刑しましょう」


 その言葉は初めて口にしたけれど、別段、抵抗もない。

 むしろしっくりと来た。


 ああ、こんな感情が存在するのだな。


 これが憎悪――。



「生皮を剥いで苦痛を与え、充分に後悔させた後に首を跳ね。城下でさらし者にします」


 私は微笑んでいた。


 そう決断した時、苦しみが少しだけ和らいだ気がしたからだろう。



 リヒトゥリオに始まり、アルフォンス、レイクリブ。

 私を支えた力ある人々が立て続けに失われた。


 これ以上、大切な人々に悲劇が及ばぬよう。

 私は、変わらなければならない。


 変わらなければ。


 無力な自分には、もうウンザリだ。

 




  『方針転換』▶︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます