第17話 心の仮面編(4)

この日、仕事を終えたジュンペイは、すぐには家に帰らなかった。会社の正面玄関を出ると、すぐそばにあるベンチへと座った。そして、自動販売機で買っておいた缶コーヒーをカバンから取り出し、缶のフタを開けると、チビチビと飲み始めた。『サラリーマン・サクラギジュンペイ』から『ユキさん旦那だんなさん』へと気持ちを切り替えていく。



「サクラギくん」



ジュンペイが声の聞こえる方へと顔を向けると、アヤが缶コーヒーを二本持って立っていた。



「お疲れさま。横に座ってもいい?」



「おっ、おう。少しかたいけど、どうぞどうぞ」



ジュンペイが言うと、アヤは彼の隣に座った。



「うゎ、ホント固いね」



「でしょ! 前から思ってたんだけど、やっぱりこのベンチ、少し固いよね」



アヤは軽く微笑んだ。



「缶コーヒ持ってきたけど、要らないよね」



アヤは、ジュンペイがすでに手に缶コーヒを持っているのを見て言った。



「えっ! いやいやいや、もらうよ。ありがとう。誰だよこんな所に飲みかけの缶コーヒーなんか捨てていったやつ!」



ジュンペイは、今まで飲んでいた手に持った缶コーヒーを、他人が捨てていったものだとし、なぜかカバンの中に仕舞しまってしまった。



「中身入っているんじゃないの?」



「いいのいいの! オレのカバン汚れてるし。それより飲もうぜ」



ジュンペイは、アヤから差し入れの缶コーヒを受け取ると、同じタイミングでフタを開け、二人は一気に飲み干した。



「さっきは、私のせいでごめんなさい」



コーヒーを飲み終えてまもなく、しんみりとした空気へと一変する。



「別にタカオカさんが謝ることないよ。オレが勝手にキレただけなんだし。それより、大丈夫だったか」



「うん。私は大丈夫だよ。ありがとう」



ジュンペイの優しいニュアンスの言い方に、アヤは今にも泣き出しそうになりながら、お礼の言葉を言った。



「そんな顔するなよ。何かあったらいつでも相談しろよ。なんてったってオレのバックにはヤナセさんがついてるんだぜ」



ジュンペイは、アヤを元気づけようと陽気に振る舞った。



「サクラギ君がかばってくれた時、すごく嬉かったよ」



「おっ、おう」



ジュンペイは照れ隠しのためか、気取った言い方をした。



「もしよかったら、今週の日曜日、映画でも見に行かない?」



アヤの予想もしていなかった発言に、ジュンペイは戸惑いを隠せないといった様子である。



「無理だよね。奥さん心配しちゃうか」



アヤはジュンペイの表情を見て、発言を訂正した。彼女は笑顔で言ったが、寂しさは隠しきれないといった感じである。



「……行こう、奥さんのことだったら大丈夫だよ。別に女性と二人っきりで出かけるっていっても、やましいことなんて何も無いんだしさ。映画、見に行こうぜ!」



「本当に! すごく嬉しいよ。そしたら楽しみにしているね」



アヤは、心の底からき出てくる喜びを抑えきることが出来ずに、それが満面の笑顔となって表れていた。



それから二十分ほど雑談を交わした後、二人は別れて家に帰った。帰り道、ジュンペイは後悔の気持ちを抱いていた。


















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます