Matchless Online 〜不遇ステータスに全振りしたら、いつの間にか伝説のプレイヤーになっていた〜

神谷霊

プロローグ〜現状〜

第0話〜プロローグという名の題名回収〜

Matchless Online。

それは、全世界で10億人以上の人がプレイしているVRMMOだ。


僕がそのVRMMOのβテスター、製品版を始めて、早半年。僕は、このVRMMOで伝説のプレイヤーとなっていた。


でも今僕は、隠居している。強くなり過ぎてしまったためだ。現状、あるモンスター?を除いて全てを一撃で倒してしまう状況なのだ。そのため、戦うことに飽きてしまったのだ。でもさすがにここまでやって、やめてしまうのはもったいないので、やめられないという状況だ。


それでも、やれる事はあるし、意外と今やっていることにはまってしまって、やめられないっていうのもあるんだけどね。


技術革新のおかげか、ゲーム機の値段が一般人にも手が出るくらいまで下がりつつあるので、買うっていうリアル友人がたくさん(と言っても2人だが)いるから、やめることができないのだ。


いろいろと教えて欲しいと頼まれているからだ。しかし、今のステータスだと教えることは難しいのだ。それに、自分のステータス振りを教えたくないっていうのもある。


ということで、ステータス振りがバレないように立ち回らないといけないのだ。そのために今僕は、ある技術を磨いている。これさえ完成すれば、ステータス振りは絶対にバレない、はず。もしくは、強くならない限りわからないようになると思う。


しかし、あまり練習する時間がなくて全然出来る気がしない。タイムリミットまで、あと約一カ月。……余裕だな。


練習できないのは、かなり忙しいのだ。リアルではなくて、ゲームがだ。隠居してるのに忙しいかって、そりゃ忙しいさ。何せ今僕がしていることをしなくなると、社会が回らなくなるからな。そのせいで一時期、暴動が起こったくらいだし。まあ、これをやっているのは僕だけじゃないけど。それでもほとんどは僕がやっている。まあ、そのせいで忙しいんだけどね。


このゲーム、無双とか言っている割に今じゃあ全然無双ができないから、結構やりごたえがあるんだよね。僕以外は、ですけど。そのせいで隠居しながら、皆さんがやらないことをひたすらとやっているんですけどね。


最初のうちは僕も楽しめたし、それに不遇とか言われたせいで、見返してやろうとも思ったくらいだし。本当にあの時は充実していた。


それなのに今や強くなり過ぎて飽きてしまったという始末。はあ、あの頃のようにプレイしたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る