少年は探偵であり、王であった。

作者 トトが暮れ

39

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界で嫌々、王様をやっていた主人公が毒殺され、現代日本の赤ん坊に転生。
テンプレっぽくはあるが、要所要所で王様目線での言動がクスリとさせるコメディ。
チョコチップクッキーに感動したり、桃太郎を王様目線で解釈したりとなかなかにはっちゃけてる。
某メガネの魔法少年に憧れて、フクロウをねだったりと俗っぽいところも個人的には好き。

あとは推定未亡人のお母さんがどことなくエロくて私は好きです。

Good!

赤子でありながら前世が王らしい、尊大なものの見方が実に滑稽で笑ってしまいます。
夏目漱石の「我輩は猫である」にもやや通じるものがあるかもしれません。

幼稚園児になるとそれらがやや薄れて、当然のように受け入れてしまっているのが少々惜しまれます
是非世間知らずな王目線で世の中の「当たり前」を徹底的に皮肉ってほしいものです

あと少々誤字脱字が目立ちますので焦らず校正なさってください
今後を楽しみにしております