第76話 サンダーバード

 サンダーバード……。 なんでこんな場所に居るんだ?

 この場にいる全員が、唖然とした。


 さすがはSSランカーと騎士団長、すぐに応戦しようとした…が。


 雷鳥は休ませるつもりはないらしく、放電流を何本も流してくる。

 あの放電はまた、魔法とは違う物だ。雷鳥自らの身体から雷を出している。

 俺の吸魔の剣でも吸い取れないだろう。


 行動を起こそうとしていた二人は、すぐに、その放電から、騎士団長は王様、バッカスさんはテュールさんを庇いつつ、うまく回避した。

 ラハンドさんは、ミュリさん、リロさんから電流を遠ざけたが、彼は電流一本を、足に喰らってしまったようだ。

 オルゴさん、ルインさん、そして意外にも大臣さんは自力で回避していたが、オルゴさんが右腕に被弾してしまった。

 オルゴさんとラハンドさんには、後でポーションを渡そう。


 ところで、俺とカルアちゃんのところだけ以上に本数が多い気がする。


 俺はカルアちゃんを苦しくも突き飛ばし、電流から逃れさせる。

 俺は、迫ってきた電流のうち、4本を捌ききれなくて、被弾してしまう。


 一本は左腕、一本は右の脇腹。


 そして残り二本は顔面に。

 


「ヴグガァァァァッ……………」



 主に顔が燃えているのがわかる。痛い。苦しい。

 唇が火傷で塞がってしまい、まともに声も出せない。左目も、焼き#爛__ただ__#れてしまったようだ。耳も聞こえなくなった。


 幸い、右目と右手、両足は使える。


 十分だ。俺の友達を襲った糞鳥を切り刻むには、足と片手と片目さえあればいい。



「あ………り………おが……かおがぁぁ……」



 カルアちゃんが泣きながら何かを言っている。ただ、今の俺には全然聞こえないが。

 周りのみんなも、俺の顔を見て口を抑えていたり、顔を背けたり、ふせたり、泣いたりしている。

 そんなに酷いのだろうか?


 騎士団長とバッカスさんはスクッと立ち上がり、怒りに満ちた顔つきで、サンダーバードに向かって行った。



 ……させっかよ。そいつは俺の獲物だ。



 幸い、あのグローブはつけてきている。つまり今、俺は4倍の速さで動ける。



 一瞬で、空中にいるサンダーバードとの間合いを詰める。

 そして、気痛剣を取り出し、8000MPを注ぎ込み、剣の強さを20倍にして『剣極奥義・五の滅』を叩き込む。この間一瞬。

 そして、奴は気絶。


 俺は、サンダーバードが落下する前に、その巨体のくちばしを掴み、空いた壁の穴から、城の中に無理やりねじ込む。

 そして、食会会場内で『剣極奥義・一の段』2回。トドメに『剣極奥義・五の滅』をもう一回放つ。

 城内は、俺の攻撃によって付けられた傷はない。本当にこの剣は役に立つ。

 ヤツは無傷で倒れた。



 カルアちゃんが無事か気になり、ふと、その方向を見てみると、白い煙が何やらカルアちゃんに近づいてきている……。

 その煙は実態化し、あの醜男の手となった。趣味の悪そうな装飾品をつけていたから、よくわかる。

 なるほど、こいつはサンダーバードと戦ってる間にカルアちゃんをさらう。

 そういう計画だったんだな?


 俺は、その手に向かって、カルアちゃんに当たらないように剣を投げる。カルアちゃんが驚いてる。ごめんね。

 

 だが、残念、完全に実態化する前だったらしく、煙が散るばかりで、ファウストの手は攻撃できなかった。

 俺は今、痛みで動けない。さっき、身体を酷使しすぎた。

 醜男を捕まえられない。また、カルアちゃんをさらいに来るかもしれないのに。


 でも、でも、本当に痛くて動けない。

 主に顔が……。ははっ、多分今、冗談でも美少女なんて言えない顔してんだろうなぁ…。

 グレートポーションで治したいけど、口が開かない。

 

 そんなこと考えてると、見張りの兵を含め、その場にいた全員、こちらに駆け寄ってきた。

 

 そして、騎士団長さんは、俺の口をナイフでこじ開け、そこに、おそらく、俺が前にルインさん達にあげたであろうグレートポーションを流し込んできた。


 わかる、身体が癒されていくのが。

 わかる、全てが元に戻るのが。



___カルアちゃんが、俺に大泣きしながら抱きついた。


 俺は自然と涙が出ていた。ちゃんと、両目からだ。

 王様達もみんな、涙目だ。ははっ、ラハンドさんもだよ。

 そして口々に『良かった良かった』と言っている。


 

 俺は担架で医務室に運ばれた。別にグレートポーション飲んだからそんなの必要ないのに。

 そんなに、様子が酷かったのだろうか?

 医務室に一緒に来たルインさんに、俺はどんな顔をしていたのか聞いてみたが、『知らない方がいい』と言っていた。


 まぁ、自分の感覚でも一部分、骨ぐらいは剥き出しになってた感じがしたし、相当なものだったんだろうね。



 カルアちゃんが、やはり、大泣きしたまま『ごめんなさい、ごめなさい』と謝ってくる。

 なぜ、そんなに謝ってしているのか聞くと、こう答えた。



「あ"りむぢゃんがっ……ぅっ……わだしを庇って……あんな、あんな風になっじゃっで……っ……うぁぁぁぁぁ……ごめなざいっ…ごべんなざおっ………おごっでっ!……ますよねっ……」



 なるほど、庇って貰って、自分の不備だと感じ謝ってきたのか。その気持ちは嬉しいが、俺はおこってないぞ?



「え……ボク、全然怒ってないよ? むしろ、カルアちゃんが無事で良かったって思ってるよ?」

「え……そうなん……ですか? てっきり、怒ってるから、剣を投げつけてきたのかと……」

「そうだ、アリムよ。それは私も聞きたい。お前が理由も無しに、姫様に剣を投げつけるなんて考えられないからな。今日、一緒に過ごしてそう思った。……なぜ剣を投げたのだ?」



 騎士団長さんが、食い気味で聞いてくる。

 王様も知りたいようだ。まさか、誰も気付かなかったのか?

 


「え……? みなさん、気付かなかったんですか? あいつを…」

「なに? サンダーバードのことか?」

「いえ、違います。サンダーバードを倒したあとに、カルアさんに向かって、手が、不自然に浮かんでた煙から伸びてたんです」

「なんだって!?」

「はい、あれは確かに連れ去ろうとしてました」

「なるほど……このドサクサに紛れて姫様をってことか……とんでもない奴だ。今すぐ全兵を警戒させよう」

「ん? 煙だって? ………まさか」



 バッカスさんが何かに気付いたようだ。

 その煙というワードが強調されたためか、騎士団長さんも、その人物に気付いた。



「煙……まさかファウストか?」

「……確かに、あの手はファウストの手でした。趣味の悪い装飾品が見えましたから」

「…そうか……あのファウストか……サンダーバードもおそらく……」



 そう、国王は呟き、一旦下を向く。

 そして、次の瞬間、彼から膨大な魔力が溢れ出る。 

 この世界の人間は、本気でキレた時、身体から魔力が溢れ出るのだ。

 すげぇ…この人も、相当強いな…。


 そして、彼はこう、騎士団長とその場にいた兵士達に、鬼の形相で命令した。



「今すぐ、今すぐにっ! ヤツの指名手配を強化し、捜索をしろっ! 1000万ベルの賞金をかけてもいいっ! 各国に連絡し、見つけ次第、報告してもらうようにしてくれ! 俺の家族をサンダーバードにより攻撃した罪、神聖なる食会を怪我した罪、国に仇をなした罪、城を破壊した罪……そして我が娘の友を、一瞬でも、あのような姿にし、大怪我を負わせた罪を問うのだぁっ! 奴め……捕まり次第……二度と、二度と外の景色を見れると思うなよっ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます