第75話 食会



「くそっ…まさか逃げる術を持っていたとはな…」

「まぁ、いいですよ。次、見つけたら捕まえればね」

「そうだな。早速各国にも連絡し、指名手配するぞ」

「はぁ、バッカス…なんでここにぃ? それに騎士団長様まで…」



 誰だろう、この二人は。ラハンドさんは知っているようだが…?


 二人が、俺に自己紹介してきた。



「君がアリム・ナリウェイだな。自己紹介が遅れた。私はゴルド・キングズ。前にオルゴが世話になったようだな」

「私はバッカス・デュソース…SSランカー兼酒造者。今日は王様達の護衛できているんだ…。以後、お見知りおきを。ちなみに、ラハンドとは、一緒に奴隷制を撤廃した仲さ。 ね?ラハンド」

「ど…どうも、アリム・ナリウェイです」



 なるほど、オルゴさんのお父さんに、王様の護衛の冒険者…兼お酒を作ってる人か。


 バッカスさんが、ヒソヒソと話しかけてくる。



「(ウルト氏から聞いてるよ…物を司るマスタースキルを持ってるんだってね? 私の酒造りに今度、協力してくれない?)」

「そんな…ヒソヒソ声で話さなくても……いいですよ」

「やったー! これで私と君はお友達だね」

「そ、そうですね」


  

 おう、ウルトさんや、勝手に広めないでくれよ。俺、酒なんて飲んだことないっての。

 まぁ、いいか。いつも暇だし。

 それにしても、奴隷撤廃の人達って結構いるんだな。


 ゴルドさんが申し訳なさそうに、口を開いた。



「アリム、ラハンドよ、私は謝らなければならない。あの男を捕まえるための証拠を掴むためとは言え、不快な思い……特にアリムは、想定外ではあったが、性的な行為をさせられてしまっていた………誠に申し訳ない」

「あ…はい。いえ、今は大丈夫です」

「そうですぜ、気にすることありやせん」

「そうか……本当に申し訳なかった」


 

 4人で、今あったことを話している時、姫様がこの部屋に入ってきた。



「お料理ができましたわ! アリム様、ラハンド様、それにバッカス様と騎士団長様も、いらしてくださいね」

「御意」

「はい」



 俺ら4人はカルア様についていく。

 ついた場所のその先にはテーブルに並べられた沢山の豪華な料理。

 すでに、王様や王子様、大臣さん、ルインさんなどなどの人達は席についていた。


 王様はいう。



「二人とも、悪かったな。あの者の逮捕に協力させてしまって」

「いえ」

「気にしてないでくださぁ」



 俺らの言葉を聞き、安心したようだ。

 俺はセクハラされたけどね。



「ふむ、そうか。感謝する。………ではこれより、第452回武闘大会優勝者の2名を讃え、食会を行う! 皆の者! 天に感謝し、地に感謝し、神に感謝するのだ。 それでは……いただきます」

「「「「「いただきます」」」」



 食会が始まった。城お抱えの料理人たちが作った料理だ。その材料も相当なものが揃っている。CランクやAランクの魔物の肉などだ。……あの青舌の煮物もある。

 飲み物も一流品。バッカスさんが作ったお酒だそうな。この国では17歳以下は酒をのんではいけないことになっているので、俺とカルア様はぶどうジュースなんだけど。


 バッカスさんの作ったお酒はすごい。特に王様が飲んでるワイン、価値が宝だ。

 俺がアイテムマスターを持っていることを知っているバッカスさんに、お酒が凄いという感想を伝えると、かなり喜んでいた。

 自分の酒の価値を分かってくれて嬉しいんだと。


 俺らはとにかく料理を食べる。それにしても、王様から聞いた話だと、ルインさんは食会に参加するのが初めてらしい。俺が居るからだからだとか。

 この場にはセインフォースも全員居るのだ。


 お酒の酔いに任せて、リロさんが抱きつこうとしてくる。

 危ねぇ、なんとか回避できた。#女の子__アリム__#に戻るの忘れてたんだよ。さっさと成ってしまおう。


 ラハンドさんは、おもにバッカスさんと話をしていた。



 食会中盤。今、カルア様と一緒に、隣どうしに座って食べている。

 あぁ、とても嬉しそうだ。もう、この娘とは友達だもんね。

 カルア様が、俺に話しかけてくる。



「その……ありがとうございます。アリム様…私、その…友達がいなくて……同い年で一緒に食べてくれる方が居なかったので……私は嬉しくて嬉しくて……」

「いえ、いいんですよ。……そうだ、ボクのことは呼び捨てで構いませんよ? もう友達ですよね?」

「え……そう……じ、じゃあ、私のことも、カルアって呼んで下さい! その、ついでに、敬語もなくして頂けると……」



 やべ、友達だから呼び捨てにしてと言ったそばから、『それはちょっと』なんて言えないよな。


 俺はそーっと、王様と大臣さんの顔を伺ってみた。話の内容がわかっていたのか…? それとも最初から想定内だったのか? 二人とも、既にokサインを出していた。

 


「わかりまし……わかったよ。改めてよろしくね! カルアちゃん!」

「はい! よろしくお願いします! アリムちゃん!」

「ところで、カルアちゃんの敬語は抜けないの?」

「うーん、難しいんですよね……これが私の普段の口調ですから」

「そっか、無理に直して不自然になった方が、ボクとしては嫌だから、普通にしててよ」

「はい、わかりました。アリムちゃん!」


________

_____

__

 


 俺らは食会を楽しんだ。騎士団長さんと剣について語ったり、バッカスさんと食べ物について語ったり、ティールさんとカルアちゃんに、俺の冒険譚を聞かせたり、リロさんやミュリさん、カルアちゃんに抱きつかれたりしてね。



 でも、こういうひとときには、イレギュラーが稀にあるもの。

 ラノベとかでもそうだよね。



 突然なんの前触れもなく、落雷が落ちて、いや、撃たれこまれ、この食会会場の外側の壁が壊された。

 

 城の壁はそう簡単に壊せるもんじゃない。

 特に、この城は俺は鑑定済み、まぁまぁ頑丈だ。

 Sランク以上の魔物の攻撃でなければ、壊れないだろう。


 そう、案の定、Sランクなのだ。


 Sランクの魔物、雷鳥≪サンダーバード≫


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます