第61話 騒動後の帰還

 ガバイナさんのみならまだしも、グレープさんにまで、あの光景を見られてしまった。

 

 俺が、ガバイナさんが追い詰められた、ミルメコレオとかいう蟻とライオンが合体したような、Aランクの魔物三匹を葬り、グレートポーションを惜しげも無く使ったところを…だ。


 なにがまずいかって、グレープさんはギルドと繋がっているのだ。


 

「ん~、悪いんだけどね、アリムちゃん、これ、決まりだから…。ランクをAランクに上げさせてもらうよ。反対してもダメ。いいね?」

「はい…」

「ん~、本当はSランク以上の強さなんだよ? なんだけど、倒したAランクの魔物の数から言って、君はAランクだ。Sランクになるには後、Aランク三匹倒さないとね。魔核でもいいけど。でも君は持っていたとしても出さないんだろう? Aランクになるのも嫌がってたし」


 案の定こうなった。

 本当は、もっとゆっくり進みたかった。

 しかし、そうもいかないみたいだ。

 グレープさんはさらに話を続ける。



「ところで…あのグレートポーションはどうしたのかな?」



 やっぱり聞かれた。もうこんな状況なのだ。正直に答えたって、いいだろう。



「自分で作りました」



 それには、ガバイナさんが驚いていた。グレープさんは、納得したみたいな表情をしている。



「ん~、やっぱりね。普通は皆、アレを使うのを躊躇うんだよ。すっごく高価だからね。でもアリムちゃんは、さも何本もあるように使っていたもんね。それに料理や解体技術、やっぱり只者ではなかったわけだ」



 やっぱり商人ってそういうのわかるんだな。

 下手なことできないな、商人の前では。

 

 グレープさんは次に、ミルメコレオの処理について話し出す。



「ん~、ミルメコレオを倒したのはアリムちゃんだから、魔核は勿論アリムちゃんのもの。ミルメコレオの死骸はどうする? ガバイナさん」

「俺はなにもしてません。全てアリムがやったことです。ミルメコレオの解体品はアリムの物でしょう」



 俺はミルメコレオを丸々全部受け取ることになった。こいつの身体は鎧とかに使える。

 ガバイナさんの頑張った分を本当は分けたいが、それはおそらく、守ろうとしていた者に、逆に情けをかけられるという、恥をかかせることになるのではないだろうか。

 俺にあんなに、逃げろ、逃げろっていってたし。



「では、お言葉に甘えて、この死骸、全てもらいます」



 俺は全部、ポーチで吸い込んだ。


 しばらくして、また馬車は走り出す。

 グレープさんは、『アリムちゃん、今後ともメディアナ商人組会をよろしく』と言い残し、俺らの部屋から去る。

 俺とガバイナさん、二人っきりとなった。

 ガバイナさんが口を開く。



「すまない…情けないな…俺は。守ろうとしていた者に守られるなんてな…。それと、グレートポーションの代金はキチンと払おう」


 

 すっかり、しおらしくなってしまっている。

 俺はガバイナさんに言葉を返す。



「そんなことないです。逃げろって…ボクを気遣ってくれる言葉、とても嬉しかったですから…。グレートポーションに関しては1つ、頼みがあります。それでなかった事にしてくれませんか?」

「ほう、頼みとはなんだ。俺にできることなら、なんでも言ってくれ」



 俺は、粉々に砕けた金属の塊を2セット、ガバイナさんに見せて言う。



「これはガバイナさんの槍と盾です。槍はガバイナさんの大切な物なんですよね? これ、素材がミスリルでしたから…。この槍と盾、好き勝手に弄らせて下さい。お願いします。必ず返すので」

「そんな…ことで良いのか? つまりはこの槍と盾を直すということだろう?」

「いえ、好き勝手に改造させて下さい」

「………………わかった、すきにしてくれ」



 このような言い回しにしたのは、ガバイナさんに断らせないため。

 直すとか、強化する、なんて言ったら、その代金まで払おうなんて言い出すに決まってる。

 俺は金を取るつもりは(今は)無いのだ。

 ただ、作りたいだけ。


 俺はポーチから、マジックルームを取り出す。

 ガバイナさんはもう、驚き疲れたという顔をしていた。


___________

_______

___

 


 そうして、できた物がこの2つ。



【「聖銀の超槍」


・状態→ 最良

・出来→ 最高

・価値→ 宝

・材料→ ミスリル

     エンチャント

・種類→ 超槍

・説明

:攻撃力+370(185×2)

:槍としての性能を超物的に上昇させる(貫通力、耐久性、攻撃力2倍)

:少し軽くする

:壊れにくくする

:常に最良の状態を保つ 】



【「合・ミルメコレオの鉄の超盾」


・状態→ 最良

・出来→ 最高

・価値→ 宝

・材料→ 鉄

     エンチャント

     ミルメコレオの最硬皮

     ミルメコレオの顎骨

・種類→ 魔物合の超盾

・説明

:守備力+294(147×2)

:槍としての性能を超物的に上昇させる(耐久性、守備力2倍)

:少し軽くする

:壊れにくくする

:常に最良の状態を保つ 】



 あぁ、暫く武器を作れなくて、若干欲求不満だったんだよね。

 武器を作るって本当好き。プラモとか組み立ててる感覚。わかるよね?

 でも、あんまり作っても、自分じゃ使わないし。

 グレートポーションの対価としては、自分にとって最高なんだよね。


 

 俺は完成した品をガバイナさんに渡す。最初は渋っていたけど、『受けとってくれるまでがポーションのお代です』というと、受けとってくれた。

 彼は槍と盾をマジマジと見つめ、こう言った。



「アリム、お前は何者なんだ? この2つ、明らかに壊れる前より良いものになっている。鑑定スキルを持っていない、俺でもわかる程にな。こんな武器、店では売ってないぞ。それに、お前がその箱に入ってから、20分程度で出てきたよな…。普通では考えられないような速さで、これらを修復し、改造したということになるが…?」



 俺はその問いに返答する。



「はい、そうですよ。ボク、鍛治のスキルとかも持ってますから。でも、あんまり武器を作りすぎても、使わないんですよね。だから、武器を改造させて頂いたんです。武器を作ること自体は楽しいですから」



 ガバイナさんはその返答に対し、こうかえした。



「アリム…お前は……いや、なんでもない。ありがとう、感謝する」


 


 今は深夜4時。

 とてもじゃないが寝れる状況じゃなかったのか、全員起きていた。

 御者さん達の、俺を見る目が変わった気がする。

 こう、可愛がる対象に向ける目から、まるで偉い人でも見ているような目だ。

 軽蔑じゃないだけましだ。


 ともかく、小腹が空いてると踏んだ俺は、そんな皆んなに軽食を出してやる。


 俺の料理はそんなにやはり、美味しいのだろうか。出した軽食はすぐになくなった。


 さらに、どうせだからみんなでスゴロクで遊んだ。ガバイナさんも一緒だ。


 朝ごはんまで、こうして過ごした。


________

____

_



 朝ごはんは二日目と同じものにした。

 この旅は、いろいろあったが、行きと変わったところがあるとすれば、皆、俺を子供扱いしなくなった事ぐらい。

 ガバイナさんは少し元気を取り戻したみたいだ。



 昼ご飯はハンバーグ。何故、昼間からこんなに豪勢にするのか聞かれたので、夜はものすごく豪勢にするからだと、言っておいた。

 御者さん達の目が輝いていた。


 

 夕飯はAランク魔物、カルキノスのカニ三昧。

 全員、これには驚き、どうやって手に入れたのか聞いてきた。

『港町で、実は釣りじゃなくてこいつを狩っていた』と半分本当の返答をすると、皆の顔が引きつってしまったよ。

 でも、美味しかったようで、御者さん達は無我夢中で食べてた。ガバイナさんも物凄い量食べてた。

 これがこの面子での最後の食事なのだから。



 


 真夜中の2時。


 王都へと帰還した。御者さん一人一人に別れの別れの挨拶をする。でも、この人達、商人組会お抱えの御者らしいので、会おうと思えば会えるらしい。


 グレープさんとは、近い内に、ジェンガ、スゴロク、オセロ、サンドイッチの商品化についての話し合いをする約束をした。

 それと、この雑用の仕事報酬は明日、ギルドで受けとって欲しいとのこと。

 道中に討伐した、ミルメコレオ以外の魔物は、商人組会で買取り、ガバイナさんが5割、俺2割、残り3割を御者さん四人で分けるそうな。


 ガバイナさんには別れの言葉を一応伝えたが、彼も武闘大会に出るらしく、その時に、是非、待合室に会いにきて欲しいとのこと。

 でも彼は知らない。実は、俺は大会のAランクの部に出場するのに必要な、追加料金1万8千ベルを、すでにグレープさんに払っており、俺もAランクの武闘大会に出ることを。

 面白いから黙っておこう。

 

 こうして、俺たちは各々の帰るべき場所へと帰っていった。

 なかなか楽しかったね。この6日間。

 得られるものも沢山あった。








___________

______

___




 俺は宿[ヒカリ]へと戻ってきた。

 早く部屋に入ろう。

宿に入り、少し違和感を感じる。

おかしい……この建物じたい、もうすでに灯りを消して、暗くなっているハズなのだが………こんな時間なのに、受付の奥だけ灯りがついてる。

 少し様子を見ようと受付に近づくにつれ、何かが聞こえる。



「______は、やっ_____いつもいつも」

「そうよ、ウル___________やってないで、もっと______!」

「いい_____で___別に。これ___業なんですし」



 ウルトさんと、男の人一人、女の人一人、計三人の話し声だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます