第17話 アリム、考える-2-

 外に出たはいいんだけど、まだ眠くない。だから、袋作りを始めようと思ってるんだけど、皮のなめし方とかわかんないの。

 とりあえず、今持っている分の大犬の皮全てをウォーターボールで洗い、木の枝に掛けて干しておく。

 ………ん?頭の中にメッセージが……?



【SK2 「革加工★」を取得しました。】



 やったーーー!

 このスキルは総必要SKPもレベルの段階も全て「解体」と同じだ。

 3SKP振って、レベル1にする。


 ……今の持ち物じゃ、なめしできないじゃん!

 とりあえず、さっきの過程が最善だったみたい。

 あと、解体の段階もひとつあげておいた。

なんとなく、あの大犬と毛玉と小ドラゴンの採取すべき場所が分かった気がする………!


 そう言えば、Lv8から一切STP振ってない。SKPも全然ある。合計13Lv分のSTPとSKPを今振っちゃおう!


 STPは130ある。まずは…そうだな………。

 とりあえず、全ステータスに20ずつになるように振ろう。これで残りは60。

 あとはーーー?

 HP、MP、C、W、Sに10ずつ振ろう。残り10はさらにMPとWに5ずつ。

 これでSTPは割り振り終わった。


次! SKP! 残り113。

 とりあえず、火術・風術・土術を全てMAXにして、それぞれを"改"に進化させる。土術の派生で、「E(X):石術」ができた。

 

 あ、そうだ。

「シャボン」にも振っちゃおう!15でMAXになるし、全振りだな。



 …………あ"、詳細見ずに振ってしまった……

 と、とりあえず、詳細みようねっ!


 シャボンのレベルMAXを調べる。



【手で輪を作り、息を吹きかける か、魔法陣からシャボン玉を出せる。Wの1/10のシャボン玉の個数を出して消費MPは1。一個の大きさは調節しなければ常に一定。シャボン玉の大きさを調節でき、シャボン玉1個の消費MPは「元の大きさ × Wの1/10倍」の度に1上乗せ。MPがある限り、いくらでも出せる。MPが5増える。】



 ああ、つまりはシャボン玉を出すだけのスキルね。……失敗した。よく見ておくんだった。しかも、進化も派生も無し!15も損した。

 

のこり68。あとは……そうだなぁ。合成して考えてみよう。

 俺が今、欲しいのは雷! 何故かって? それは、"ドラグナーストーリー"と、対をなす名作RPG、"スタートクエスト"の主人公の魔法が雷だからさ!

 でも、なにでできる?

 多分、火と土は関係ないだろ?やっぱ、水と風かな?とりあえず、試すだけ試してみようか。



【 「E(X):水術」+「E(X):風術」=「E(X):雷術」コスト:Eランクの魔核1個】



 うぉっ! やったー! これだ。

 性能は水術や風術と同じ。ただ、必要SKPは25。まぁ、問題はない。すぐにMAXにする。さらに、"改" に進化させる。

 改に進化させる時にコストはかからなかった。これを、すぐに12振って1段階上げる。

 結果、サンダーボール、サンダーエミッションを覚えた!嬉しい!


 のこりは31。「剣技★」を念のため1段階上げておく。

 28どうしよう?んーと、やっぱり、もう1段階サンダーエミッションあげる?そうしよう。


 さて、16残ったわけだが……。残すよ。

 …もうね、考え疲れたの。


 おやすみ。










###########


今回までの主人公のステータスです。

なお、MPはスキルのボーナスにより、30上がってます。

--------------------------------------------


-ステータス-


name:アリム


Level : 20


EXP:6340


HP :260/260 (30)

MP :300/300 (35)


A(攻撃力):120 (20)

C(器用度):130 (30)

D(防御力):120(20)

W(魔法力):135 (35)

S(素早さ):130(30)



STP:0


-スキル-


SK1)

[D: 水の短剣召喚術]Lv 1

[D(X):雷術・改]Lv 2[D(X):火術・改]Lv 0

[D(X):水術・改]Lv 1[D(X):風術・改]Lv 0

[D(X):土術・改]Lv 0

[E:シャボン]Lv MAX

[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv 2

[E(X):氷術]Lv - [E(X):石術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[剣技★]Lv 1[体技★]Lv -

[槍技★]Lv - [弓技★]Lv -

[解体★]Lv 2[革加工★]Lv 1


SKP:16


称号: -

印: -


--------------------------------------------

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます