第13話 穴

 とても…大きい。

 そんな穴が森の中に不自然にある。得体の知れない大穴に恐怖心がないわけではないんだけど………。

 俺は今、とてつもなくこの穴を覗きたい衝動に駆られている……。


 穴に恐る恐る近づき、中を覗いてみる。

 なんと! 穴の壁一面に昇り降り降りできるような、これまた不自然な岩が組まれていた! さらにその奥にはうっすらと光が見える。


 入れということか? 入んなきゃダメ? どうしても?

 でもこの奥に何かある気がしてならない。

 ………入ってみるか………。


 ゴクリ と唾を飲み、その昇り降りがしやすそうな岩の壁をそろーりそろーり、ゆっくりと、階段のように降りていく。

 降りてくにつれ、だんだん中の様子がわかる。


 いや、これは本当に驚いた。穴の底の床に石畳が敷かれている!!

 かなり怪しい。人工的すぎる。そんな疑問を浮かべながらも、俺は降りる。

 さらにゆっくりと一歩一歩踏みしめるようにして。完全に、恐怖心より好奇心が勝っている状態だ。


 そうこうしてるうちに、かなりゆっくり降りたハズなのに5分くらいだろうか?

 このくらいで石畳の床まで着いてしまった。


着いたと同時に頭の中に、メッセージが流れる。



【ピピーの森「楽しみ」のダンジョン に 入りました】



 えっ………?

 ダ、ダンジョン……?これがダンジョンなのか………。


 どうりで妙に明るかったり、石畳が敷いてあったり、不自然に昇り降りがしやすいように岩が組んである訳だ。


 ピピーの森ってのはこの森のことだと思う。

 「楽しみ」……?

 ボーナスステージか何かってこと?それとも、喜怒哀楽の「楽」……?

 まぁ、どっちでもいいか。ダンジョンって、Lv8でいけるの?

 無理そうだったら戻ればいいか。どうやら、戻れるみたいだし。


 今、目の前には一直線にトンネルのようなものが広がっている。そのトンネルをほんの少し進んだ先に、あいつが見えてくる。

 _______あの、大犬。


 ダンジョンのモンスターってとこだろうか。

 あいつぐらいのやつがたくさんいるのか?そりゃ困ったな。

なんとなくだけど、あいつの目に生気がない気がする。気のせいかもしれないけど。


 なんにせよ、一度倒した相手だし、倒せるよね。

 俺は魔法の範囲内からウォーターエミッションを大犬の頭を抑え付けるように撃つ。

 あんな攻撃しても鳴き声ひとつあげない。怖いぞ。

 魔法がきれたら間髪入れずにまた魔法を発動させ、頭を抑えつけ続けるようにする。そんな感じでウォーターエミッションを連続三回放ったが、倒せなかったようだ。

 前だったら、レベルが上がっている分、これで倒せていたハズ。ダンジョンだと少し強くなるのだろうか?

 まぁ、いいや。様子見のつもりでウォーターボールLv5を放つと、倒せた。……レベルが10に上がったみたい。

 前よりも経験値が多い気がする。ダンジョンだからかな?

 とにかく先に進もう。






















###########


経験値表


ウサギ→30

トリ→30

イタチ→40

小犬→50

大犬→350

大犬(ダンジョン)→550


ダンジョンの敵は攻撃力とHPが上がってます。


レベル10になるのに必要な総経験値数は1500です。


ーーーー


皆さん、Levelmakerを読んでくださってありがとうございます!


ーーーー

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます