Levelmaker ーレベル上げしながら異世界生活ー

Ss侍

プロローグ

第1話 不注意による事故

 修学旅行から帰ってきて、4日が過ぎた。


 俺は今日発売されるRPGゲーム『ドラグナーストーリー4』が家に届くのでルンルンしながら学校に向かっていた。

 ドラグナーストーリーはRPGの王道のようなゲーム。全世界で8年間愛されている。

 俺はレベルをひたすら上げてからラスボスに挑むタイプ。他の人はどうか知らないけど、俺はレベル上げが一番楽しいんだ。

 道中、スマホの通話アプリにメッセージが届いた連絡音がしたので見てみてみる。

 どうやら、幼馴染の美花からだ。



<<ちょっと!なんで私を置いてくのよ!!>>



 ……………しまった。

 ドラグナーストーリーが楽しみすぎて美花を置いてきちゃった。こりゃ今日一日機嫌悪いぞ美花のヤツ……。

 ちなみに幼馴染ときいてカップルだと早計する人がたまにいるけれど、残念ながら違う。

 いや、そうであれば俺は願ったり叶ったりなんだけど、現実はそうはいかない。友達以上恋人未満。

 アイツと俺が一緒に登校してるのは、お互い近くに他に一緒に行く相手がいないから仕方なく…と、いったところ………らしい。美花によると。


……俺は嬉しいよ?


 だから本当に今日は忘れてたんだって。普段ならそんなことしないもの。しかも、連絡がきてるのに返信しなかったらジュース奢らされるハメになるんだよね。

 前に忙しくて返信できなかった時は奢らされたよ。しかも200円のエネルギー系のドリンク。

 だから俺は美花に



<<あ、ゴメンね。悪かったm(_ _)m>>



そう、スマホに打ち込んだ。

 唯、打ち込んだ状況が悪かった。俗に言う[歩きスマホ]をしていたんだ。

 ……………俺は気づかなかった……………

 真上のビルから何かが落ちてくることに。そして送信ボタンを押したと同時に、何かが割れる、大きな音と頭に今まで味わったことのないような激痛が走り___________



 俺は目の前が真っ白になった…………。



___________________________________________

________________________________

_____________________

__________

____

_




「?っ…ん……ん?」



 ここはどこだろう? 目覚めたら俺は、見知らぬ場所に横たわっていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます