第231話 肉 (翔)

「ど…どうしたんだい? なんで涙を御主人が流しているのかな…?」



 俺はその言葉で、ハッと我にかえり、リルから離れた。



「わ、わるい」

「謝ることはないんだよ? 私は…御主人の奴隷なんだから」

「あ、ああ…そうか?」



 リルは俺のことをキョトンとした顔で見つめている。

 この子のどこが欠陥品だというんだろう、よく見てみろよ、めっちゃ可愛いじゃねーか。

 


「ところで御主人、訊きたい事があるんだが」

「ん、なんだ」



 何を質問してくるというのだろうか。なんにせよ、答えた方が良いが……。

 


「なんで私を買ったの?」

「ん?」


 

 そういうのは答えづらい。

 こう言うのって、君を助けるためだとか、可哀想に思ったからだとか、正直に言った方がいいのか?



「あー、なんでそんなことを訊くんだ?」



 よし、まずは理由だな。

 しかし、リルはジト目でこちらをみる。



「質問に質問を返すのは良くないぞ、御主人。昔、私はそれで殴られた事がある。あれは3日腫れたな」



 本当にこの子はどんな環境に置かれてたんだよ。

 いたたまれねーよ。



「あ……ああ、わり」

「いや、いいんだ。ただ、不良品である私をなんで買った…いや、確か無料だと言っていたような気がするから、引き取った…か。暴力的欲求や性欲を満たすわけでなく……なら、家事手伝い雑用かと言えばそれも違う。ここは宿らしいしね。……まったくわからないんだ」



 確かにそうだ。

 俺はこの子を助ける事しか考えてなくて…それは正しかったと信じてるが…。

 ただ、ここに居ろというだけもおかしいもんな。そのうち考えなきゃな、それも。


 だが、引き取った理由は明確にしとかなきゃな。



「なあ、不良品と判定された若い女の奴隷がどうなるか、知ってるか?」

「まぁ少し。…詳しくは知らないけど」

「俺は商人からその内容を訊いたんだ……。聞いてるだけで途中で気分が悪くなって、半分聞いてなかったが…」

「……まさか、それが理由かい?」

「ああ」

「わた…私に同情して私を引き取った…それが理由なんだねっ?」



 気づけば、リルは大粒の涙を流していた。

 また泣いてる。俺は何かいけない事でも言ったのだろうか? しかし、そういう風には見えないねーが…。

 少し様子を見てみるか。



「…ああ…助けたくて助けただけだ。なんなら、ここで奴隷契約を解除してもいい。どうする?」



 俺は契約書を取り出し、それに手をかけてみる。

 リルは首を振る。



「いや、その…元奴隷で…耳が欠けてて、尻尾が千切れてる私はどっちにしろ生きていけない。もし…もし、私が邪魔になったら契約を解除してよ。どこかに1人で居なくなるさ」

「わかった、これはしまっておく。解除して欲しくなったら言ってくれ」

「……そんなことはないと思うけど……わかった」



 リルがそういうのなら…。

 俺は契約書をしまった。



「………なんで泣いてるんだ?」



 俺は訊いてみる。やっぱり、それがわからねーから。

 


「その…私はそういう優しい言葉とか…慣れてなくてな。嬉しくてつい……あ、あ、気に障ったなら、ごめんなさいっ」

「いや、別に」



 大体の事はこれでわかったな。……さて、これからどうしたものか。結局好きな食べ物は訊けなかったしな。

 でも何か食べさせないといけねー。



「で……だ、リル」

「は…はい。なんだい?」

「やっぱり、食事をしなきゃ、なんも始まんねーよ。好きなものがないんだったら、これが食べたい、食べてみたい…ってのはあるか?」

「あ、ある。それはあるよ、私」

「そうか、何がいいんだ?」


 

 リルは何かを思い出すように目を閉じ、しばらく考え込んだ。

 しばらくして、彼女は目を再び開けた。



「……昔、私の父と母が生きてた時に…3人で食べた……ステーキというのをまた、食べてみたいんだ。もう、6年くらい前だけどね」

「…………わかった」



 ステーキか…。

 というか、父と母が生きてた頃…って、この子を虐待していたのは親じゃなかったんだな。

 とにかくそういう事はおいおい聞くとして、今はリルの望みをきかなきゃな。



「わかった、買ってくる。ここで待っていてくれ」

「……わかったよ」



 俺は宿から出て、肉屋を探した。

 大体10分くらい探しちまったが、割と宿の近くにあった。


 訳わかんねー肉が沢山ある。魔物の肉とやらだろーが…。俺の今の所持金、560ベル以内でで買える分の肉じゃねーとな。

 

 俺は一枚の肉が目に付いた。

 チャイルドラゴンの肉、一切れ550ストン。

 ドラゴンって美味いのか……?


 俺は肉屋の店主に聞いてみた。



「すいません」

「あいよっ!」

「この…チャイルドラゴンの肉って美味しいのですか?」

「なに、しらねぇのかぁ!? 高級肉だぜ、うまいにきまってんだろぉ!」

「そ、そうですか……じ、じゃあそれを」

「あいよっ」



 しまった、勢いでめっちゃ高いもの買ってしまった。

 宿屋は朝夕の飯つきだから食事は大丈夫だが……。

 いやいや、これはあの子を助けるためだ。こういうのは多少は仕方ないと考えなくっちゃな。


 俺は宿に戻ると、宿のおじさんに訊いてみた。



「すいません、台所と食器と…それと少量の調味料をお借りしてもよろしいでしょうか?」

「台所ですか? うーん…まぁ、よろしいでしょう。そのかわり、綺麗に使って下さいね?」

「ありがとうございます!」



 宿屋のおっさんに台所まで案内された。  

 この世界はフライパンはあるみたいだ。あと、塩と胡椒か。

 オニオンソースあたりを作りたいところだが、俺はあいにく、焼いて塩胡椒以外の作り方がわからねー。

 焼いてる最中に、料理とかいうスキルが増えた。


 つーわけで、俺はステーキを少し手こずりながらもなんとか無事に焼き上げ、リルの元へと持って行った。

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます