第228話 予言教授 (叶・桜)

 3人は、机と椅子と黒板がある部屋へとやってきた。


 カナタとサクラは椅子に座り、デイスは紙とペンを二人にそれぞれ配った。



「ホー! では改めて自己紹介を。ワシはデイス・アモルン。この国で預言者を務めておりるんじゃのぉ」

「私は桜です」

「俺は叶です」

「ホー、ではではまず、ワシがどのようにお主らにこの世界の日常、仕組み、歴史を教えるかの説明からするが、良いかの?」

「はい、お願いします」



 その返答をきき、デイスは満足気に頷くと、説明の仕方の説明をし始めた。



「まぁ…何度も言っとるように、ワシは預言者じゃ。未来を見る力を持つ特殊なSK2を持っておる。……SK2はわかるようじゃの?」



 二人は頷いた。



「そしてその他にもワシは、相手の心を読むSK2を所持しておる。それと預言をうまく組み合わせて、お主らが知りたいことを察知し、それを教えるのじゃ。ここまでは良いな?」

「はい!」



 最初はカナタは、デイスのことを変な口調で話すお姉さんだと考え、怪しんでいたが、中々に教える方はちゃんとしていそうなので一安心していた。

 サクラは余計なことを一切考えず、ひたすらにデイスの話を聞いている。



「ふむ、良いの。では教えよう。まずは____」



____

__

_




 デイスは二人に、この世界の常識などを長時間、大まかにかつ大事な部分は捉え、わかりやすく説明した。

 冒険者システム、ダンジョンのキマリ、魔物、通貨、日本との相違点…などなどを。


 サクラはもともと頭が良く、デイスに教えられたことはすべてすんなりと頭に入った。というのも、デイスがサクラが目が見えないことを理解し、教え方を工夫したからでもある。

 カナタも勉強は苦手ではなかったが、それに加え、異世界の日常という、彼の裏の心の一つをくすぐるような内容ばかりで、まるでゲームの操作を覚えるように知識を吸収していった。



「では、今日はこれで終わりじゃ。お主ら、すごい集中力じゃったの…。若いのは吸収が良い。最後に質問などは無いか?」

「はい、先生」

「なんじゃね? カナタ」


 

 カナタもサクラも既にデイスを先生と呼ぶようになっていた。

 カナタは質問をし始める。



「この世界の…レベルやSKP、STPは少し軽く見過ぎられていると思ったのですが……、何故でしょうか?」

「んん? そうかのぉ? レベルとはやはり、魔物を日常的に倒してくうちに勝手に手に入るもんじゃからなぁ…。一生をレベル1で終えるものも少なくないんじゃよ。その疑問はちょっと理解できぬの。SK2は自然に上がっていくから生活には困らんしな……」

「そうですか、ありがとうございます」



 二人は席を立ち、一礼してからこの教室のような部屋を出ようとした。

 そんな二人にデイスは声をかける。



「これ、サクラや。もしかして何か悩みがあるんじゃ無いか? ……服のことで」

「あっ…はい! そうなんです…ちょっと露出が高くてコレ……その」

「ふむ、そうなのかの? 普通だと思うが…。ま、気に入らんのだったら肌の露出が少なめなのを、ワシから国王に頼んどいてやるがの?」

「あっ、ありがとうございます!」

「いいんじゃよ、あとそれと……」



 デイスは二人を交互にみると、少しはにかんだ。



「お主らに何があったかは…言わぬ…いや、知らぬが、一度あることは二度ある、二度あることは三度ある。互いに仲良くの。特に夜中は」

「…………? わかりました」



 二人は自分達の部屋へと戻った。

 既に時刻は22時10分だ。昨夜起こったことなど、授業の合間にいつの間にか忘れてしまっていた。


  二人は寝巻きに着替え、ソファに座り、今日あった出来事を話し合っていた。



「いろんな事さ、知れたね」

「うん。あの人ちょっと喋り方おかしいけどね」

「そー、私、見えないからわかんないけど、あの人何歳なの? 声だけじゃわかんないんだけど、50歳位?」

「いや…20代後半くらいだよ」

「……おー…すごい年季の入った喋り方ね」

「うん、あの人、預言が当たる確率もだいたい9割近くだったし、かなりの実力者ってやつだと思う」



 カナタはメイドに入れてもらったココアを一口飲んだ。



「ところで、ダンジョンについてどう思う? デイス先生がさ、ダンジョンは一度でちゃうと、折角倒した魔物が復活しちゃうって言ってたけど……」

「なーに? カナタなんか変な事考えてる?」



 サクラはカナタに向かって首を傾げてみた。

 照れ隠しに、カナタは顔を背ける。



「い…いや…兄ちゃんなら絶対、そういうのは何百回、何千回と出たり入ったりするな、と思って」

「確かにそうね、有夢兄ならやりかねない」

「俺はさ、兄ちゃんのあの非効率なプレイ方法が本当は嫌なんだけど……この世界で、それに頼ろうと思うんだ」

「………なんだか、今日は不思議。叶が頼もしくみえるよ。珍しく」



 サクラにとって本音を言うと、カナタはいつも頼もしい存在なのだが、彼女もまた、照れ隠しに言葉を逸らした。



「と…とにかくそろそろ寝よう」

「そうだね……えーっと……あ」



 カナタは今、思い出した。

 昨日の夜の事を。



「じゃあ俺、ソファで寝るから…」

「え? どうして………あ」



 サクラもまた、今、思い出した。



「い、いや、いやいや、良いわよ! 私がソファで寝るわ! カナタはほら…いろいろ考えてるんだから、ベットで寝なさいよ、ね?」

「いやいや、あれだろ…その…女の子がベットで寝て、男である俺がソファで寝るのが普通でしょ?」

「いや、何そんな紳士ぶってるのよ!」

「我はいつでも紳士であるぞ……? いや、それはともかく、俺はソファで寝るから…おやすみ」

「あーー、もう、埒があかない、バカっ! __________」




________

_____

___




「……ど、どうしてこうなったんだろ……」



 カナタは下手に手を動かせない状況で、眠い目をこすることもできずに固まっていた。


 ベットの上で幼馴染に絡まれながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます