壊れる街

朝になり、グリアはピサロスに謁見を申し入れた。


民衆の暴動は、一晩中続いた。

城にまでも喚声が届くほどに、迫ってきている。


ピサロスは、玉座の間にいた。

さすがにここまでは、騒動は伝わってこない。


ピサロスは、独りだった。

従者さえもいない。


ピサロスが信頼する者は、一人ずつ裏で消していった。


今や城にいる政府関係者の大半が、グリアに従う者か日和見の者である。


まだ王に忠誠を誓う気骨のある者もいるが、ピサロス自身が遠ざけていた。


忠臣を守るためだろう。

ピサロスに近ければ近いだけ、グリアにとっては邪魔になるのだから。


玉座にいるピサロスに、グリアは跪いた。


「……なんの用だ、モートよ」


「陛下に、許可を頂きたいのです」


「……許可だと? 一体なんの……」


疲れきって虚ろなピサロスの眼を、グリアは見返した。


「『ジグリード・ハウル』の使用許可です」


ピサロスの瞳が揺れる。


「なんだと!?」


「暴徒はすぐそこまで迫っております。『ジグリード・ハウル』の力で一掃するしかありますまい」


「ならぬ! 民に、古代兵器を向けるなど……」


「陛下」


グリアは微笑んだ。


「私は、発射準備に取り掛からなければなりませんが、御安心ください。キオエラ殿下には、私の代わりにルインが付きます故」


「……」


放心したような表情になり、ピサロスはうなだれた。


ルインが『コミュニティ』の者であると、ピサロスは知っているだろう。


王子であるキオエラを、人質にしているも同然だった。


これまでの言葉からしても、ピサロスは死ぬ覚悟ができている。


キオエラを心配するのは、人の親だからだろう。


そして、ピサロスだけでなくキオエラまで死ぬことになれば、この国はどうなるか。


おそらく四分五裂することになり、ホルン王国からの侵攻を受ける。


占領された地に暮らす民は、悲惨な生活を送ることになる。


「……好きにせよ」


グリアは、頭を下げた。


「必ずや、暴徒どもからこの城を守ってみせます」


ピサロスの、呻きが聞こえた。


グリアは、玉座の間を出た。


早速、グリアと『コミュニティ』に従うと約束している宮廷魔術師たちに、『ジグリード・ハウル』の移動を命じた。


設置するのは、城門と城壁の上でいいだろう。


城にある七十二門の『ジグリード・ハウル』は、普通の大砲とそれほどの違いはないように見えた。


砲身は純白で、二メートルほどの長さだった。


街の一区画を消滅できるくらい強力な物になると、これが十メートルくらいにまでなる。


「モート殿!」


指示を出すグリアの元に、訪れる者がいた。


グリアと同じく、ドニック王国宮廷魔術師の証である、濃い紫のローブとマントを羽織っている。


「これはエスリナ殿。いかがなされた?」


マヅ・エスリナ。

ピサロスへの忠誠心溢れる男だった。


魔法使いらしからぬ、屈強な体をしている。


兄は将軍であり、国境で魔法兵団の指揮を執っていた。


兄弟揃ってグリアには反発している。


「『ジグリード・ハウル』を、どうするおつもりか!?」


「陛下の御命令により、これで暴動を鎮圧いたします」


「馬鹿な……! 陛下が、そのようなことを……」


「事実です。実際のところ、暴徒たちから城と陛下をお護りするには、これを使うしかないでしょう」


「貴様! 貴様のような、『コミュニティ』の薄汚れた者たちに、この国を……」


エスリナが口を動かしている間に、グリアは魔法を発動させていた。


小さな光弾が、エスリナの胸に穴を空ける。


「……!?」


「ああ、こうしましょう、エスリナ殿。陛下の御命令により、あなたが『ジグリード・ハウル』を起動させた。私は民のことを想い、仕方なくあなたを成敗した」


「きさっ……ま……」


エスリナの口から、血が溢れる。

前のめりに倒れた。


『ジグリード・ハウル』を移動させていた宮廷魔術師たちが、強張った表情でグリアを見ている。


「さあ、みなさん。作業を続けてください」


彼らを見回し、何事もなかったようにグリアはそう言った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


商人組合支部を訪れ、責任者と話をしたいと申し入れると、外でしばらく待っているように言われた。


ユファレートやドラウのような名声が、ルーアたちにはない。


ラグマの元将軍であるテラントの名前も、ここドニック王国ではたいして知られていない。


ドラウの名前を出しても、門番たちは胡散臭気な顔をするだけだった。


無理強いはできない。

少なくとも、待ちさえすれば話はできるのだ。


暴動は続いている。

響き渡る暴徒の声は、時折断末魔の叫びのようにも、獣の遠吠えのようにも聞こえた。


いくら待っても呼ばれることがないので、再度商人組合支部の前にいる門番たちに話し掛けた。


今度は、槍の穂先を向けられた。


離れた所へ移動して、ルーアは商人組合支部の建物を睨みつけた。


「はっは。すっげえムカついた。建物ごと吹っ飛ばしてやろうか」


テラントに肩を叩かれた。


「冗談だとは思うが、一応言っとく。やめとけ。あと、どうせなら本部を吹っ飛ばせ」


商人組合支部なのである。

陰で指図をしているのは、商人組合本部の方だろう。


ここで強引な手段を取っても、暴動を完全に納めることはできないかもしれない。


そして、商人たちの中には暴動に関与していない者もいるはずだ。


彼らを巻き込むような乱暴な手段は使えない。


本部は、確か遠くミムスローパの北部にあったはずだ。


ここからならば、傭兵組合本部や城の方がずっと近い。


「これからどうしますか?」


シーパルの声にも、微かな怒りが感じられた。


何時間も待たされて、この扱いなのである。


朝日が出て、大分経つ。

昼の気配が近付いていた。


「……傭兵組合の方に行くか? デリフィスが……」


『デリフィス・デュラムは、もう傭兵組合にいない』


聞こえてきた声に、不覚にも体がびくりと跳ねる。


ルーアだけでなく、テラントやシーパルにも聞こえたようだ。

二人とも、声を漏らしている。


「エス、お前はな……、まあ、いいか……」


これまでにも何度か要求したが、エスの唐突さは変わらない。


文句をつけるよりも、聞くべきことを聞くことだ。


「んで、デリフィスはなにをしているんだ?」


『デリフィス・デュラムのことは、今は気にしなくてもいい。それよりも、君たちだ』


エスが語ることの内容に、顔が引き攣っていく。


二万以外にも、八万の大軍がミムスローパに向かいつつあった。


それだけでなく、七十二門の『ジグリード・ハウル』が、城にあると言う。


『グリア・モートは、『ジグリード・ハウル』の発射準備を進めている。暴徒たちや市街地に照準を合わせてね』


「……止められないか?」


『無理だ。時間が足りない。ここも危険だ。すぐに避難したまえ』


「……このこと、ユファレートには?」


『……伝えた』


「それで?」


『……』


沈黙するエスに、ルーアは溜息をついた。


「市民を避難させないとな」


「そうですね。急ぎましょう」


テラントとシーパルが続けて口にする。


『なぜ……?』


「ユファレートは、助けるって言わなかったか?」


ルーアが聞くと、またエスは押し黙った。


「よし、行こう」


テラントとシーパルが頷く。


エスが言いたいこともわかる。


『ジグリード・ハウル』は低性能で、連発できない物だという。


安全圏で炸裂するところを眺め、その後城に突入して次弾が放たれる前に制圧、グリア・モートを倒せと言いたいのだろう。


だがそれだと、街の人々はどうなる。


べつに、自分のことを聖人君子だと思ったことはない。


それは、テラントやシーパルも同じだろう。


他人の身よりも、自分の身を優先する。


しかし、巻き込まれようとしている警官たちや軍人たちには、ただ王を信じ、ただ国への忠誠で戦っている者もいるはずだ。


そして、暴徒と化した市民たち。

ありもしない圧政を擦り込まされ、信じ、武器を手に押しかけている。


傷付くことがあれば、それは自業自得かもしれない。


無知は罪かもしれない。

それでも、虐殺されるのは違うような気がする。


三人で、城がある方向へ走った。

エスの声は、もう聞こえない。


警官隊や軍隊と、暴徒たちがぶつかっていた。

殴り合い、殺し合っている。


頭から血を垂れ流しながら、叫んでいる者がいる。

すでに死んでいる者たちがいる。

血の臭いに興奮している者がいる。


ビルの屋上から、いくつかの火炎瓶が警官隊へ投げ落とされた。

警官たちが、火に包まれた。


魔法兵団なのか、軍隊から光線が放たれる。

ビルの上層部が貫かれ、崩れ落ちる。


争いは、留まることを知らない。


ルーアたちは、叫んだ。

古代兵器で狙われていること。

ここは危険だということ。

避難するように、と。


声が届かない。

意味のない叫びや悲鳴に、掻き消される。


テラントが、ルーアの背後で手を振った。


暴徒が投げたおそらくは石を、払い落としてくれたらしい。


たまたま飛んできたのか、狙われたのか。


逃げるようにと、叫び続けた。


肩を掴まれた。


濃い髭をした男である。

暴動する市民たちの一部を指揮する立場なのか、武器を手にした何人かが背後に従っていた。


「君! 古代兵器が起動しようとしているというのは、本当かね!?」


聞こえている者がいた。

これで、何人かは逃がすことができる。


「本当です! ここは危険なんです! 早く避難を……」


突然、男が血を吹いた。

首筋に、短剣が刺さっている。


「ルーア!」


シーパルに、腕を引っ張られる。


視界を遮るように、魔力障壁が発生した。


その向こうで、火球が炸裂するのがわかる。


シーパルのお陰でルーアは無傷だったが、防御魔法の範囲に入れなかった者たちは。


魔力障壁の魔法が解除される。

人が焦げた臭いに、ルーアは歯を軋ませた。


「てめえら……!」


背の高い、『コミュニティ』の構成員の一人であるジャミンが、雑踏の中からこちらを眺めていた。


その前にいる者は、明らかに生者とは違う土色の肌をしていた。

『コミュニティ』の兵士。


左手に短剣を持っている。

投擲してきたのは、この兵士だろう。


暴動が鎮まらないよう、混乱が更に増すよう、争いの場に潜り込み暗躍していたか。


「おい……」


テラントは、別方向を見ていた。


兵士二人の背後に、眼が細く肌の白い中年の小男がいた。


「ヨーゼフ……魔術師組合にいた男です」


事情を知らないルーアのために、シーパルは言ってくれたのだろう。


暴徒たちを避けるようにしながら、少しずつジャミンとヨーゼフ、そして兵士たちが近付いてくる。


「ユファレートは、どうしたのですか!?」


「それは、こちらが聞きたいよ」


シーパルが聞く。


肩越しに見るヨーゼフは片眼を細めていた。

困った、という意思表示らしい。


「部下を追跡させたのだが、あっさりと撒かれてしまった」


「……」


なにか違う気もする。

撒かれたというよりも、きっと見失っただけなのだ。


一人で外を歩くユファレートは、どこに行くのか見当がつかない。


話している間も、互いに牽制し合っている。


ルーアは、ジャミンを警戒していた。


ルーアとは背中合わせに立ったテラントとシーパルは、ヨーゼフに意識を向けている。


ルーアは、わずかに重心を後方に傾けた。


それだけで、テラントは意思を感じ取ってくれた。


エスのように、思考を読み取る能力でも持っているのではないか。


テラントと二人、同時に体を半回転させる。


つまり、ルーアはヨーゼフと、テラントはジャミンと正対したことになる。

互いの相手を入れ換えたのだ。

ジャミンやヨーゼフにとっては、簡単なフェイントになる。


ルーアは、ヨーゼフに突進した。

邪魔しようとする兵士を、剣で薙ぎ倒す。


なんとなく、胸が悪くなるのを感じた。


人を、というよりも兵士を斬るのは久しぶりである。


あの日以来か。

ダンテ・タクトロスを殺した日。

ティアのことを嗤われた日。


あの時の吐き気と怒りを思い出し掛けて、ルーアは内心舌打ちしていた。

戦闘中に、余計なことを。


ヨーゼフともう一人の兵士は後退して、暴徒の中に紛れていく。


ルーアは、前進の勢いを緩めた。

無理に追撃するつもりはない。


市民が周りに大勢いる。

戦いに向く環境ではなかった。


ヨーゼフが逃げるのなら、先にジャミンの方を叩いてもいい。


「ルーン・バインド!」


シーパルの声。

魔力で編んだ縄で、対象を搦め捕る魔法である。


周りの人々を巻き込むため、派手な攻撃魔法は使いづらい。


その代わりではないが、人波が邪魔で敵も魔法をかわしにくいはずだ。


暴徒を盾にしていた兵士に、魔力の縄が巻き付く。


アレンジしてあるのか、縄はシーパルの手元に繋がっていた。


暴徒を飛び越し、兵士の体だけがシーパルの方へ引きずられる。


なんとか兵士は抵抗を試みるが、テラントに胴体を斬り裂かれ、シーパルの放った小さな光弾に額を撃ち抜かれていた。


テラントは、そのままジャミンへと向かう。


ジャミンが、腰の剣を抜いた。

長い腕を振り回し、斬り掛かる。


テラントは、後退した。

実力に押されているのではない。


ジャミンは、周囲の者を傷付けることも構わず剣を振っている。


近くにいた暴徒たちから、血飛沫が上がる。


テラントとしては、市民に怪我をさせたくないだろう。

剣を思うように振れていない。


テラントは、大きく背後に跳躍した。


その耳元を掠めるように、シーパルが放った小さな光弾がジャミンへ向かう。


魔力障壁であっさり防ぐジャミン。


またテラントが、ジャミンに斬り掛かる。


テラントとシーパルの戦い振りを見ることができたのは、そこまでだった。


軟らかい物を床に叩き付けたような、余り聞き慣れない音をルーアは聞いていた。


視界が陰る。

反射的に後ろに跳んだ。


なにかが降ってくる。

ルーアがいた所に着地したのは、ヨーゼフだった。


左右それぞれの膝から、なにかが二本ずつ生えている。


人の足ほどに巨大化した、昆虫の足のように見えた。


六本の足で体を支えている。


「『悪魔憑き』かよ……」


ヨーゼフが、眼を細めにたりと笑う。


跳ねた。

人間では有り得ない跳躍力で、市民たちを蹴りながらルーアの周囲を跳ね回っている。


「……まるで、蚤だな」


ルーアは、テラントやシーパル、ジャミンや兵士が見えるように体の向きを変えた。


どこから襲ってくるかわからない以上、ヨーゼフに対してはどちらを向いても同じである。


傷付けたのはテラントかシーパルか、ジャミンは左足の大腿部から出血をしていた。


当然か。

激しく争っているため、ルーアたちから暴徒は距離を取り始めていた。


市民を盾にすることができなくなった状態で、いつまでもテラントとシーパルの攻撃を捌けるはずがない。


跳ね回る音。

ヨーゼフ。右斜め後ろか。


剣を向ける。

捉えたかに思えたが、斬れない。


『悪魔』の足が、ルーアの剣を止めている。

なかなかの硬度だった。


「フレン・フィールド!」


力場を拡げて、ヨーゼフを叩き落とそうとした。


蝿叩きを振っている気分である。


ヨーゼフが消えた。

瞬間移動の魔法か。


跳ね回り、魔法も利用して移動する。

さすがに厄介だった。

だが、眼が慣れつつある。


ルーアは、背後を向いた。

兵士が突き出した剣を払い、返した刃をその首筋に叩き込む。


また、音を聞いた。

今度は、頭上からのヨーゼフの攻撃。


掌を向けると、ヨーゼフの魔力の波動を感じた。


これは飛行の魔法か。

ルーアの死角に回り込む。


『悪魔』の足が、頭を目掛けて振られているのを感じた。


体を捩りつつ、ルーアも剣を振る。


交錯した。


ヨーゼフの足は首を傾けたルーアの頬を掠めかけ、ルーアの剣はヨーゼフの顔面を深く裂いていた。


のた打つヨーゼフ。


鼻から左眼の辺りまで、ざっくりと裂けていた。


「ばーか。『悪魔』で強化したとはいえ、元は魔法使いだろ、てめえ」


接近戦を仕掛けてくるとは、舐められたものである。


斬ってくれと言っているようなものではないか。


無理な体勢で剣を振ったため、ルーアは地面に倒れていた。


受け身を取ったため怪我はないが、追撃もできない。


代わりに、テラントがとどめを刺そうと向かっていた。


ジャミンは、人込みの中に逃げ込んだらしい。


これだけ人々が多いと、テラントもシーパルも実力は発揮できない。

逃げられるのも仕方なかった。


なんとか跳ねてテラントの剣をかわすヨーゼフ。


宙に浮いたところでシーパルが容赦なく光線を放ったが、それは魔力障壁で遮られていた。


ヨーゼフも、人込みの中に消えていった。


「フラッシュ!」


光が弾けた。

ユファレートの声である。


近くまで来ていたのだろう。

ルーアやシーパルの魔力の波動を辿って、ここまで来たのか。


閃光の魔法が使われたのは、ヨーゼフが去った先ではなかった。


眼潰しを喰らったか、他の者よりも頭二つ三つ分背の高いジャミンが、眼を押さえているのが窺えた。


人々の間から、ティアが斬り掛かるのが見える。


なんとかジャミンは受け止めているようだ。


苦戦するジャミンの体を、ルーアたちの頭上を飛び越えたヨーゼフが掴む。


そのまま、城の方へ跳ねていった。


魔法で狙撃はできない。

他の者が邪魔過ぎる。


「オースター! ユファレート!」


二人を呼んだ。


「状況は、わかるな?」


余程急いでここまで来たのか、二人とも息を弾ませていた。

こくこくと頷く。


「早く、みんなを避難させるぞ」


「……逃げるぞ!」


テラントが吠える。

指差しているのは、橋の向こう、開いた門。


そして並んでいる、『ジグリード・ハウル』。


城壁の上にも、『ジグリード・ハウル』は置かれていた。


砲身は、暴動する民たちに向いている。


「……!」


兵士たちが少なかったのは、手駒の損耗を減らすためか。


ヨーゼフやジャミンが城の方へ逃げたのは、周囲が堀で囲まれているから。


そこは安全圏。

『ジグリード・ハウル』の力は、堀の下までは届かないだろう。


『ジグリード・ハウル』の砲身の先で、光が輝く。


熱を発し、歪んで見えた。

『ジグリード・ハウル』だけでなく、景色が、城全体が。


そして、『ジグリード・ハウル』が一斉に放たれた。


光。眼を開いてはいられないほどの。


咄嗟に手を伸ばし、誰かの手を掴んだ。

魔力障壁を展開する。


他にも、誰かの魔力を感じた。

きっとシーパルやユファレートだ。


光。熱。

衝撃が体を叩く。

崩壊の音。


地面を転がる。

誰かの手は、放さなかった。


立ち上がる。

眼が見えない。

耳も聞こえない。


逃げなければ。

城の中に待機していた部隊が、出撃しただろう。


生き延びた暴徒たちは、捕らえられるか殺されるかしていくはずだ。


そして、軍隊はルーアたちと暴徒の区別がつかないはず。


見えない。聞こえない。

それでも、走った。

城からは遠ざかる方向だと信じて。

誰かの手は、握ったままだ。


なにかに躓き、転んだ。

立ち上がり、再び走り、すぐになにかにぶつかった。

手は、放さない。


走った。

時には這うようにして、進んだ。


もがく。呻いた。

額に、手を当てられる。


ルーアは、眼を開いた。

意識を失っていたらしい。


霞む視界。

泣きそうな顔で、ルーアを見下ろしている。


「ティ……」


呟きかけると、ティアは自分の唇に人差し指を当てた。

静かに、ということだろう。


ティアの膝を枕に、横になっていた。

手は、まだ掴んだままである。


ルーアは、なんとか身を起こした。


鼓膜は破れていなさそうだが、耳鳴りが酷い。


脳を掻き混ぜられたのではないかと思うくらい、頭が痛む。


傾いた建物の陰、路地裏に隠れていた。

這い出て、様子を窺う。


言葉を失った。


薙ぎ倒されている無数の建物。

上空からだときっと、倒れた建造物が城を中心に放射状に拡がって見えただろう。


路面は燃えていた。

そこに、いくつも人間のようなものが転がっている。


城の周りは、随分とすっきりしてしまった。


何人が死んだのか、考えたくもない。


『ジグリード・ハウル』起動後に出撃した部隊だろう、生き残りを狩っていた。


背後から、雄叫びが聞こえた。

城へ向かう、市民たち。

女や子供、老人もいる。


武器がなく、石を握り締めている者もいた。


素手の者もいる。


ピサロスへの、怨嗟の声を上げながら。


近くに、男がいた。

泣いている。


右耳が無く、顔の半分は血で染まっていた。

背中は大きく削り取られている。

致命傷だった。


その腕で抱きしめているのは、女だった。

体の半分ほどは、無くなっている。

もう、息はない。


「なんでだよ!? ピサロス!」


血を吐きながら、泣いている。


「俺たちは……なにも……!」


「……エス」


『……なにかね?』


冷静な、声。


エスの言う通り、『ジグリード・ハウル』の範囲外で待機しておくべきだったのだろうか。


だが、『ジグリード・ハウル』が起動したらこうなると、わかっていた。


安全圏で眺めているなど、できる訳がない。


ルーアたちが避難を呼び掛けたことで、きっと何人かは逃げ延びたはずだ。

そう信じたい。


ティアが、ルーアの着る服の裾を掴んでいる。

顔を伏せていた。


「他の連中は、無事か?」


『ユファレート・パーターは、長距離転移で範囲外に逃れた』


周囲の者も転移させるアレンジした長距離転移は、使う余裕がなかっただろう。


『シーパル・ヨゥロとテラント・エセンツは、行動を共にしている。二人とも無事だ』


シーパルは、ヨゥロ族の技能なのか、視界の外の出来事が視えたりするらしい。


テラントは、勘が良い。


二人とも、見えないなら見えないなりにごまかしが利くのだろう。


『ドラウ・パーターは、元々範囲外にいた。彼は、とても疲れている』


それは、病の影響ではないか。


聞かなかった。

側に、ティアがいる。

ドラウの病のことは、知らないはずだ。


「……デリフィスは?」


『彼は、街の外で二万五千を超えた反乱軍と戦っている。数百の傭兵を指揮してな』


「……」


一体どうやったら、二桁違う人数差をごまかし、敵を喰い止められるのか。


「……デリフィスは、動かせないな」


『ああ。そんな真似、デリフィス・デュラム以外の人間には不可能だ。一万以上の指揮ならばテラント・エセンツの方が上だが、一万以下の……』


「その辺の話は、いい」


息が荒れている。

疲労のためではない。


視界が、はっきりとしたものになってきた。

変わり果てた街並みが、よく見える。


耳鳴りが、治まりつつある。

天を衝くような市民の叫びが、よく聞こえる。


「デリフィスは、いい。聞かせると、集中を乱すことになりそうだからな」


これから先、どうするか。

決まっている。


「俺の言葉、みんなに伝えてもらえないか?」


『……いいだろう』


「俺は、これからグリア・モートを殺しに行く。みんな、付き合ってくれ」


細かい作戦はない。


市民たちを、軍隊は止めきれないだろう。


城へ、民衆がなだれ込むことになる。


それに便乗し、突っ込む。


狙うは、ただ一つ。

グリア・モートの、首だけだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます