消失した印

「……『天使』?」


怪訝に思いながら、シーパルは呟いた。


この宙吊りになっているかのように浮かんでいる女性は、確かに自分のことを『天使』だと言った。


『天使』。


記録によると、その存在が確認されたのは、今から約七百年前。


旧人類が滅び、新人類が誕生した時だとされている。


その正体は、不明だった。


名の通り天からの使いであるとの説もあれば、旧人類が生み出した兵器だという説もある。


旧人類の成れの果てだという説すらあった。


『悪魔』と比較されることが多いが、反目する存在なのか、彼らが戦闘をしていたという記録はいくつも残っている。


『悪魔』もまた、天使と同じく正体不明の存在だった。


個体数に差があるのか、目撃例は圧倒的に『天使』の方が少ない。


彼女は、その『天使』だというのか。


誰がどう見ても、ヨゥロ族にしか見えない彼女が。


「……」


人の言葉は、割りと信じてしまう方だと自覚していた。


だから、騙されたり冗談に引っ掛かることがある。


だがさすがに、女性の言葉は信じられなかった。


「あなたが、『天使』?」


「わたしは……『ルインクロードの天使』……」


「……」


追及しても無駄だろうと、シーパルは判断した。


この女性が、必ずしも嘘をついていると決まった訳でもない。


「……僕を呼んでいたのは、あなたですよね? ……なぜ?」


質問をしながら、シーパルは気付いた。


淀みなく喋れるようになっている。


脳が、急速に学習しているようだった。


急速な勢いで、この空間での在り方を、脳が把握していく。


そんな感じだった。


「伝えて欲しい……」


女性の言葉。嘆きの言葉。


「……伝える?」


「彼に……」


「彼?」


「もう……いいのだと……」


なぜだろう。

無性に、胸が痛む。切ない。


「あなたの想いだけで……わたしは、もう……満足だから……」


◇◆◇◆◇◆◇◆


落下する岩や枯れ木。


ユファレートは、咄嗟に瞬間移動の魔法を発動させて、危険な領域から脱していた。


デリフィスが撤退を口にしていなかったら、戦闘にばかり意識が向かい、反応できなかったかもしれない。


「……」


呆然と、背後を見遣った。


転がる岩、積み重なる枯れ木。

魔法で、なんとか避けることはできた。


でも、魔法が使えないデリフィスは。


「そんな……」


右手側の木立の向こうは、谷だったらしい。


魔法の威力で地盤が緩んでいたのか、落下物の衝撃の影響か、谷の方向へ地崩れが起きていた。

底が見えないほどである。


デリフィスは、谷へと転落していったのか。


それとも、岩の下敷きになったのか。


どちらにせよ。


心中に、暗雲が立ち込める。


思い出す。

ロデンゼラー。館。

虚ろな表情のシーパル。

椅子から転がり落ち、床に倒れる。


まさか、また、仲間が。


心音が、早鐘の如く鳴り響いた。


この光景。

助かったとは、思えない。


(……死んだ? デリフィスが?)


「……そんな訳、ない」


声に出して、ユファレートは呟いた。


まだ、デリフィスの姿を確認していない。


もしかしたら、助けを待っているのかもしれない。


『コミュニティ』の兵士たちの姿はなくなっていた。


罠に巻き込まれぬように、退却したのだろう。


敵を呼ぶことになるかもしれないが。


「ライト」


明かりを生み出し、ユファレートは頭上に浮かべた。

闇夜では、捜索などできない。


力場を発生させて、山積する枯れ木をどかす。


大きな岩は、衝撃波で砕いていった。


寒さが、骨身に染みる。

暖気を発生させ、身に纏わせた。


邪魔な岩や枯れ木を全てどけるのに、二時間は掛かるだろう、とユファレートは予測した。


◇◆◇◆◇◆◇◆


オースター孤児院に、帰り着いた。


無事に戻ることはできたが、翻弄されたとルーアは思った。


幼い子供たちは眠ってしまったのか、孤児院は静かだった。


男たちの何人かは、外を警戒している。


ユファレートやデリフィスは、どうなったのか。

敵の動きは。


リンダの部屋へ向かった。

『地図』という、非常に便利な魔法道具がある。


リンダは、目覚めていた。

介抱のためか、パナとシュアもいた。


パナは、『地図』を手に、青白い肌をさらに青冷めさせていた。


「ユファレートと……デリフィスの二人がさ……」


しどろもどろに、話し始める。


ユファレートとデリフィスを示しているだろう二つの赤い点が、敵らしい二十ほどの赤い点と接触した。


印は次々と減っていき、やがて二つを残して離れていった。


ユファレートとデリフィスが、敵を撃退したとパナは思ったらしい。


だが突然、赤い点が一つ消失した。


「なあ、それってさ……」


「まさか……!」


口籠もるパナに、ティアも絶句する。


不吉な考えが、ルーアの頭を過ぎった。

全員が、思っただろう。


ユファレートかデリフィスのどちらかに、最悪の事態が起きたのではないか。


「いや、わかんねえだろ」


ルーアは、否定した。

認めたくはない。


「どっちかは、敵を追って抗戦してるとか」


我ながら、苦しい言い分だった。


後続部隊と合流したのか、敵らしい赤い点は二十以上が集まり一塊になっていた。


しばらく見ても、乱れる様子はない。


「敵に捕まった可能性もある……」


テラントが呟いた。


「じゃあさ……!」


感情を押さえきれないのか、パナの語気が強まった。


一つになった赤い点を指す。


「なんでこいつは、助けに行かないんだよ!? おんなじ所をうろうろするだけでさ……!」


最悪の事態が起きた。

蘇生させようと、足掻いているのではないか。


自分の中の冷静な部分が、そう囁く。


ルーアは、かぶりを振った。

やはり、認める訳にはいかない。


単独になった赤い点が、ユファレートやデリフィスではない可能性もあるのだ。


現場をこの眼で見るまでは、迂闊に決め付けるべきではない。


「行ってみる」


窓の外に眼をやり、ルーアは言った。

風は、更に強くなっている。


「そうだな。もしかしたら、助けを求めてるかもしれん。行こうか」


テラントも同意する。


「……こっちは、大丈夫かな?」


ティアは、『地図』の孤児院の北を指していた。


赤い点が、三十ほど集まっている。


先程、ルーアたちが正対し、結局ぶつからなかった相手である。


どうやら、ルーアたちと接触しかけた場所から、ほとんど動いていないようだ。


待機命令でも出ているのだろうか。

いつ、南下してくるか。


余り孤児院を手薄にするのも、まずいかもしれない。


「行きな」


黙って寝台に腰掛けていたリンダが、口を開いた。


「……でも」


「心配なんだろ、ティア? ここの守りは、あたし一人で充分だ。元々、一人だったしね」


ルーアは無言になって、リンダを見つめた。


強がりなのではないのか。

リンダは、疲れきり気を失うように眠りについたのである。


あれから、まださほどの時は経過していない。


全快したということはないだろう。


リンダが、ルーアやテラントを見返す。

強い意志が宿った表情。


「……わかりました」


ルーアは、頷き言っていた。


リンダの眼の奥に、猛々しい光を見たのである。


ともすれば、圧倒されそうな雰囲気だった。


ルーアは、ティアとテラントと、吹雪く外へと出た。

道は、ティアが知っている。


「ティアも、将来あんなふうになるのかね」


「どうだろうね」


テラントが、どこか呆れたように言い、ティアは苦笑していた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


左手の方の崖の上から、岩を落とされた。


夜道で気付かなかったが、右手側は谷になっていたらしい。


山の中腹辺りの道だったのかもしれない。


足場が崩れ、デリフィスは谷を落ちていった。


意識を失っていたのだとしたら、束の間だっただろう。


眼を開いた時、体のすぐ近くには、岩が立っていた。


直撃していたら、間違いなく死んでいただろう。


空は狭い。

針葉樹が無数に生えていた。

谷はかなり深く、上が見えない。


なぜ、生きているのか。

体が痛むが、それだけである。

長引くような痛み方ではない。


針葉樹や雪、厚い防寒着がクッションになったとしても、有り得ない幸運である。


誰かに助けられたのだろうか。

だが、人の姿はなかった。


こんなにも、幸運の女神に愛された男だっただろうか。


なにか、気持ちが悪い。

女神の掌の上で、弄ばれているかのような気分だった。


(ユファレートは……?)


上だろうか。

そして、無事だろうか。


上空は、風が唸っている。

大声を上げたところで、届きはしないだろう。


早目に合流するべきだった。

だが、とてもよじ登れる高さではない。

途中で、体力が尽きるだろう。

重い剣も邪魔になる。


シーパルなら、登れるのかもしれない。


山育ちのシーパルは、なんの手掛かりもない岩肌だろうと、簡単によじ登っていく。

魔法も使える。


(無い物ねだりをしても、仕方ないか……)


ともかく、上へ行ける道を捜さなくては。


空は曇っている。


星の位置で、方角を知ることはできない。


南へ向かい、右手側の谷へ落ちた。


岩壁に右手を付き進めば、北へ、つまりロウズの村の方に向かうことになるはずだった。


木を切り倒し年輪を見ようかとも思ったが、途中でやめた。


かじかんだ手では、意外と重労働だったのだ。


北と思われる方向に進む。


ユファレートと合流できないだろうか。

ロウズの村に辿り着くのもいい。

テラントたちが救援に出ていて、それにばったり出くわすのもいい。


もう一度、幸運に恵まれないだろうか。


(……幸運、なのか?)


どうにもすっきりしない。

幸運だったから、助かったのだろうか。


なぜ、死ななかったのか。

歩きながら、デリフィスはそれを考えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


デリフィス・デュラムは、岩に潰されたか谷底へ落ちたか。


どちらにせよ、死んだと考えていいだろう。


奇跡的に生きていたとしても、五体満足ではいられまい。


サミーは、慎重にユファレート・パーターを観察した。


アルベルトが率いる後続部隊と合流し、三十人を超える集団になっている。


ユファレート・パーターは一人になったとはいえ、侮れない。


不用意に仕掛けて返り討ちにされては、最悪だった。


飛行や長距離転移の魔法で、逃げられる恐れもある。


それを避けるには、とにかく消耗させることだ。


移動系の魔法も空間系の魔法も、制御が困難である。


ルーアたちが救援に来るとしても、三時間は掛かるとサミーは読んでいた。


ユファレート・パーターは、様々な魔法を駆使して、岩や枯れ木を撤去している。


それを、サミーは観察し続けた。

ユファレート・パーターは、休むことなく魔法を使い続けている。


ユファレート・パーター。

世界最高の魔法使い、ドラウ・パーターの孫娘。

クロイツが警戒する女。

そしてもしかしたら、ハウザードが気に掛けている女。


二時間ほど経過しただろうか。


(……そろそろか?)


並みの魔法使いならば、とっくに魔力を使いきっているはずだ。


今なら、確実に倒せるのではないのか。


ユファレート・パーターは、谷の方を気にし始めていた。


デリフィス・デュラムが見つからず、谷へ転落したのではないかとでも考えているのか。


もういいだろう。

サミーは、襲撃の合図を出しかけた。


その時だ。

いきなり、ユファレート・パーターは谷へと飛び降りた。


いや、伝わってくる魔力の波動。

飛行の魔法を発動させている。


(あの女の魔力は、底無しか!?)


サミーは、内心で悲鳴を上げていた。


谷へと駆け寄る。

姿は見えないが、魔力の波動だけは肌を打っている。


サミーも一応は飛行の魔法を使えるが、谷間の風に煽られながら使用するのは危険だった。


普通の魔法使いには、自殺行為である。


サミーは、歯噛みした。

これだから、天才という人種は。

凡人の予測を、軽々と超えてしまう。


「……アルベルト、二手に分かれるぞ。下へ降りる道を捜すのだ」


自分と似たような顔の部下に、サミーは言った。


ユファレート・パーターは、消耗しているはずだった。


好機を逸する訳にはいかなかった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


呼ばれて、エスはそこに現出した。


オースター孤児院の一室。

彼は、寝台で胡坐をかいていた。


「やあ、エスさん」


気軽に手を挙げる。


「……決心は固まったかね、ロンロ・オースター?」


「ええ、まあ、ねえ」


へらへらと笑う。


「だって、詰んじゃってるでしょ? 他の方法がない」


「ふむ」


家族からも変態呼ばわりされているこの優男を、おそらくはエスだけが評価していた。


なんの力もないロンロ・オースターには、ザイアムの侵攻を止めた過去がある。


「起死回生の一手を、打たなくてはねえ」


「リンダ・オースターには、恨まれるかもしれんがね。君が、みんなを裏切ったと」


「蔑まれるのは、慣れているんです」


緩んだ表情に、迷いは感じられなかった。


「私は、支援できんよ。クロイツに、干渉されている。彼が、私の申し出を受けるとも思えん」


「わかってますよ。危険は承知の上です」


「そうか」


「それで、どこへ向かえば、彼らに?」


「ズターエ王国だ」


「ズターエ……」


ロンロ・オースターは、意味もなく身じろぎしてみせた。

寝台が、軋む。


「遠いなぁ……」


大陸南西にある王国である。

まともな移動手段だと、半年以上は掛かるだろう。


「なに、瞬きする間に到着することも可能になる」


「それは便利」


「良い事ばかりではない。わかっているとは思うが」


「はい。俺が向かうのは、現在世界で最も危険な場所でしょうからね」


「……」


不思議な男だ。


ごく平々凡々な男である。


恐怖という感情も、ちゃんと持っている。

相手の強大さも、理解している。

それなのに、臆さない。


「覚悟はできているようだね」


「はい」


「……では、始めよう」


無色透明の糸を伸ばす。

ロンロ・オースターの脳に突き刺した。


「私は、エス。ロンロ・オースターに、私の力と接続する許可を与える」


ロンロ・オースターの表情が歪む。

糸を、引き抜いた。

自らの意思で。糸を理解して。


「……気分はどうかね?」


「んー……ちょっとぴりっときてびっくりしましたけど、思ったよりも、て言うか、随分あっさりと」


「そういうものだよ」


きょろきょろと、ロンロ・オースターは辺りを見回した。


「なんか、変な感じだ……。これが、あなたの力。勝手に、情報が流れ込んでくる」


「情報の奔流だよ。早目に、能力を制御することだ。さもなくば、脳が破壊されることになる」


「そりゃおっかない」


「なぜ、君に力を貸し与える気になったか」


「わかってますって」


野心が、全く感じられない。欲もない。

世界を裏側から統べる力を得ても、決して支配者として踊り出ることはないだろう。

力に、酔うこともない。


「ストラーム・レイルも、『コミュニティ』も、俺にとってはどうでもいい連中なんですよ……」


ロンロ・オースターが、呟いた。


「勝手に啀み合って、殺し合いでも戦争でもすればいい。でも……」


彼の望みは、ただ一つ。


そして、唯一の者かもしれない。


リンダ・オースターの息子、つまりストラーム・レイル側の人間でありながら、エスと対話ができ、『コミュニティ』と向き合うこともできる存在。


「忠告だ。私と力を共有できるようになったとはいえ、君は肉体のある者だ。私と違い、他者を傷付けることも、他者に傷付けられることもできる。一時的に、肉体を消去することもできるがね」


「構わないですよ。別に俺は、不死になりたい訳じゃあない」


ロンロ・オースターが立ち上がり、伸びをした。

関節が鳴る音が響く。


運動不足であるかのような、ひょろりとした体つき。


農作業や猟で、体を使う機会は多々あるはずだが。


「じゃあ、ちょっと頑張ってきますかね。愛しい妹たちの成長に、明日からもにやにやできるように」


「健闘を祈るよ」


「上手くいくことを、と言ってください。俺は、戦いに行く訳じゃないんで」


へらへらと笑い、眼を細める。


「ズターエ王国……の……北……」


呟き。


そして、もう能力の制御ができるようになったのか。


ロンロ・オースターの姿が、消えた。


「ふむ……」


制御方法も、伝えてはいる。

だからといって、即座に実践できるものではないだろう。


「面白い男だ……」


果たして、クロイツやソフィアは、彼を見てなにを感じるか。

すぐに消そうとするだろうか。


薄く笑い、エスは部屋を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます