その男は

「……なにが、もういいのです?」


先程から、愚かしくオウム返しに質問をしている。


ヨゥロと名乗る女性がなにを言いたいのか、いまいちシーパルにはわからなかった。


「彼とは、誰なのです?」


「……彼……は……」


「知る必要はない」


声。

不意に、闇の中に流れる。


「なっ!?」


女性の姿が、歪んだ。

捻れ、縮み、一点に集まっていく。


消失は、一瞬のことだった。

入れ替わりに、男が現れる。


さっきまで女性がいた空間に、悠然と浮かび立っている。


緑色の頭髪。青白い肌。


(……なんだ?)


正対している。

正面から、はっきりと顔を、全身を見ている。


それなのに、男の頭髪と肌の色以外の特徴がわからない。


顔の輪郭も、顔付きも。体格、手足の長さ、見えているはずなのに、脳が理解できない。

情報が、脳まで達しない。


(なぜ……!?)


「ここのことを、俺よりも理解していないからさ」


冷たく見下ろす、瞳。


(……僕の、思考を……?)


「思考が垂れ流しになっているぞ、シーパル・ヨゥロ」


「!?」


「この世界での思考の仕方も、理解できていない。眼で見たものを、脳がどう解析するかも、わかっていない。だから、簡単に遮断できた」


「……」


なにを言っているのだ。

そして、何者なのか。


「けど、まあ、たいしたものだ。偶然とはいえ、この世界に接続できるなんてな。確かにヨゥロ族にとって、眠りはこの世界に赴くための儀式のようなものだが」


男が、肩をすくませる。


「呼吸の仕方も、心臓の動かし方も理解できているようだ。だが、さて……」


意思が伝わってくる。


これまでに、似たような意思を何度も向けられたことがある。

殺意に近い。けど、違う。


これは、悪意。


「脳の使い方を、理解しきれていない。体の動かし方も。そんな状態じゃ、とても俺に抗えないよな」


(そうか……)


唐突に、シーパルは悟った。

顔もわからないこの男が、何者なのか。


テラントには、ズィニア・スティマがいた。


もしかしたら、ユファレートにとってのハウザードは。


きっと、デリフィスにも誰かがいる。


(そして……そして、僕には……)


この男が、いる。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ルーアたちは、ティアの先導で、雪道を今度は南に進んでいた。


真夜中に、吹雪の中を出歩く。

我ながら、正気の沙汰と思えない。


なんで、こんな苦労をしなければならないのだ。


出発前に、シーパルの様子を見てきた。

寝台に、横たわったままだった。

ぐっすりと眠りこけているようでもあった。


無性に腹が立ったものだ。

やはり、蹴飛ばしてでも起こすべきではないのか。


「ユファ……デリフィス……」


ティアの呟きが、微かに聞こえた。

心配で堪らないのだろう。


テラントが、無言でティアの肩を叩く。

寒さのためか、口数は少ない。


「……待て」


ルーアは、足を止めた。

微弱だが、魔力の波動を二つ感じた。


「……ユファレートだ」


もう一人、他にも魔法使いがいるようだが、平凡な力しかないようだ。


ユファレートと並の魔法使いの魔力を比較すると、違いが歴然だった。


質が違う。輝きのようなものが違う。


錆び付いたなまくらと、研ぎ澄まされた名剣が、同じ棚に陳列されているようなものだった。


「ユファ!? どこどこ!?」


ティアが、袖を掴み引っ張る。


「……邪魔するなよ」


ルーアは、低く告げた。

集中しているのだ。


感知した魔力から、おおまかな位置を割り出す。

それほど簡単なことではない。


強風に、音に、容易く感覚を狂わされる。


シーパルなら、とルーアは思った。


ルーアよりも、遥かに魔力という力に慣れ親しんでいる。


きっと、すぐにユファレートがどこにいるのか、わかるのだろう。


「……あっちだ、多分な」


ルーアは、谷間の方を指した。


「自信なさ気ね」


「……」


なさ気ではなく、自信がないのだ。


魔力の発生源を探るというのがどれだけ繊細で困難な作業か、魔力が感知できないティアに言っても無駄だろうが。


「駄目だ」


崖の縁まで向かったテラントが、眼下を見て首を振った。


降りられないほど、切り立っている。


飛行の魔法で降下するにも、この強風では危険だった。


「どこかに、降りる道はないか?」


「えっと……」


テラントに聞かれ、ティアは瞑目した。


この地で育ったティアに、地理のことは頼るしかない。


やがて、彼女ははっと表情を変えた。


「ある……! あるよ! こっち!」


駆け出す。


「ついてきて!」


言われるまでもない。

ティアの後を、ルーアとテラントは追い掛けていた。


「他にも魔法使いがいる。多分戦闘中だ。急ぐぞ!」


言って、ルーアは空中に向かって衝撃波を放った。


ユファレートならば、戦闘中でも味方の魔力を感知できるはずだった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


谷底へと降下して、ユファレートは飛行の魔法を解除した。


焦燥が募る。


崖上に、デリフィスの姿は見当たらなかった。

ならば、ここに転落したのだろうか。


結構な深さである。

普通に考えて、命はない。


それでも、デリフィスの死体を見た訳ではないのだ。

諦めるのは早過ぎる。


辺りを見回す。

と、ユファレートは一本の針葉樹に眼を止めた。


幹に、傷がある。

まだ、真新しい傷に思えた。


剣で水平に斬り付けたのではないか。


(……デリフィス? ……だよね?)


きっと、彼が目印にでも付けた傷だろう。


やっぱり、生きていた。

まだ確定ではないが、ユファレートは決め付けた。


この場にいないということは、どこかに移動したのか。


寒さを凌げる所を捜しに行ったのだろうか。


さすがにこの状況下にあって、一人で敵に突っ込むなんて真似はしないだろう。


みんなと合流するために、動いているかもしれない。

だとしたら、北だろうか。


「……」


周囲に眼をやる。

岩壁、針葉樹、雪。


「……北って、どっち?」


冷や汗が吹き出しそうになる。


「い、いやいや、平気平気。わたしなら、大丈夫。うん」


遭難なんてしない。


仮に道がわからなくなったとしても、長距離転移の魔法を使えばいい。

それで、帰ることはできる。


(だから、わたしよりもデリフィスよ)


足跡などは残っていない。

随分前に立ち去ったということだろうか。


すぐに移動できたということならば、怪我はないのかもしれない。


適当に、ユファレートは歩きだした。


正直、どちらが北なのかはわからない。


雪に足を取られながら、確たる当てもなく歩く。


精神的にかなりきついが、泣き言は口にできない。

みんなは、もっと苦しいはずだ。


ティア以外は、雪が積もった山道なんて歩き慣れていないだろう。


暖気を発生させて寒さを凌ぐこともできない。


どれだけ歩いたか、前方を塞ぐ人影に、ユファレートは足を止めた。

いや、前方だけではないか。

其処此処の木陰に、潜んでいる者がいる。


テラントやデリフィスのような勘は持ち合わせていないため、正確な人数はわからない。

十人くらいだろうか。


すっかり囲まれている。

正確な位置を掴まれていたということだ。


(魔法使いがいる……?)


明かりや暖気の魔法を使っている。

その魔力を辿ったのだろう。


問答などはなかった。

いきなり、右手から短剣を投げ付けられる。


「フレン・フィールド!」


力場で弾き、ユファレートは逆の方向へ杖を向けた。


木陰から飛び出している、黒装束の上に防寒着を羽織った『コミュニティ』の兵士。


「ライトニング・ボルト!」


真っ直ぐ伸びた電光が、男の胸板を貫く。


(大丈夫! いける!)


自らに言い聞かせ、奮い立たせる。


雪が降り積もった足場では、迅速な移動はできないはずだ。

すぐに接近戦に持ち込まれることはない。

注意すべきは、飛び道具と魔法。


「ファイアー・ボール!」


「!」


火球が、ユファレートの近くで破裂する。


四散する雪。蒸気。

視界が、覆い隠される。


やはり、魔法使いがいた。


「エア・ブリッド!」


ユファレートは、風塊で蒸気を吹き散らした。


直後に、男の声。


「ディレイト・フォッグ!」


周囲を、霧が包んだ。


確保したばかりの視野をすぐに奪われて、焦りが生まれるのをユファレートは感じていた。


相手は、魔法使いとしてはそこまでの腕ではない。


だが、効果的な使い方をしてくる。


四方から迫られているのを、肌で感じた。

逼迫する状況に、さらに焦る。

この位置は、まずい。


瞬間移動の魔法を発動させて、包囲を脱した。


転移完了と同時に、意識を尖らせる。


現在最も厄介な相手は、魔法使い。


ユファレートは、魔力の波動を読み位置を特定しようと試みた。


見つけた。岩陰。


「フォトン・ブレイザー!」


光線が、木々を薙ぎ倒し岩に穴を穿つ。


魔法使いは、魔力障壁で防いだようだ。


だが、衝撃を殺しきれなかったか尻餅を付いている。


好機。だが、膝が折れかける。


魔法を長時間使い続けた。

体が、休息を求めている。


(ちょっと、まずいわね……)


迫りくる兵士たち。


ユファレートは、背中を向けた。


「フライト!」


飛行の魔法を発動させて、逃げ出す。


ただし、引き離してしまわない程度の速度で。


(こういう時は……)


飛び道具を警戒して、時折進行方向を変えながら、必死で頭を働かす。


戦闘の経験がまだまだ不足していることは、自覚している。


シーパルなら、どうするか。


彼も、いくつもの事件に巻き込まれ、戦闘を繰り返してきた。

どう戦ったか、聞き出していた。


似たような事例が、あったはずだ。


アスハレム。負傷したシーパルは、敵に追われて。


魔力の波動を感じた。

敵の魔法使いのものではない。

もっと強靭で、だが荒々しい、よく知る魔力。


(ルーア……!)


彼が、近くに来ている。

連携が取れれば、敵を殲滅できるかもしれない。


飛び道具を避けるための動きは最低限に留め、ユファレートはできるだけ直線的に逃げた。


口の中で十まで数えたところで、飛行の魔法を解除する。


振り返り、ユファレートは杖を突き付けた。


追跡していた兵士たちは、ユファレートが直線的に逃げていたために、一塊になっていた。


「ヴァイン・レイ!」


光の奔流が、兵士たちを塗り潰していく。


取り敢えずは、作戦通り。


一人だけは、なんとか光の奔流をかわしていた。


だが、兵士が跳躍した先に待ち構えていたのは。


「いらっしゃい」


凶悪な笑みを浮かべた、テラント。

容赦なく光の剣を叩き込む。


「ひっ!?」


しゃっくりのような悲鳴が聞こえた。


兵士たちにかなり遅れて付いてきていた、敵の魔法使い。

仲間の全滅に、慌てて踵を返す。


だが、それを遮るようにルーアが現れる。


また、悲鳴が聞こえた。

両者の間で、光がぶつかり合い弾ける。


たたらを踏んだのは、敵の魔法使いの方だった。


ルーアが、足を振り上げる。

蹴り飛ばされ、魔法使いは木の幹に叩き付けられた。


「くっ!?」


なんとか抗おうとするが、ルーアの足の裏が魔法使いの腹の辺りを押さえ付ける。


剣が閃き、魔法使いの頬を掠め、木の幹に突き立てられた。


「死にたけりゃ、抵抗しろよ」


これまた凶悪な顔付きで、ルーアは低い声を出す。


「チンピラ臭半端ないわよ、ルーア」


遅れてやってきたティアが、そう言った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


サミーは、ジャックとガンジャメの二人と念話で連絡を取り、合流した。

自分と似た顔をした魔法使いたち。


『地図』の欠点を知っている。

彼らは、そこに配置されていた。

オースター孤児院への、奇襲部隊を指揮させる予定だったのだ。


これまで、『地図』に表示されることはなかったはずだ。


ユファレート・パーターは、危険な相手だった。


個々の戦闘力では、敵うべくもない。


人数と連携で攻めるしかない、とサミーは判断した。


下手に作戦を立てても、これだけの悪天候では、思うように事が進まない。


アルベルトから、報告があった。

ユファレート・パーターを発見したというものだった。


次の報告は、捕まってしまった、というものだった。


指揮していた兵士十人も、殲滅されたという。


怒る気にはならなかった。

能力としては、サミーもアルベルトもさほど変わらない。


その場にいたのがサミーだったならば、やはり捕まるか殺されるかしていたのだろう。


アルベルト救出のため、サミーは動き出した。


戦力となる魔法使いを、むざむざ見捨てるつもりはない。

助けられるならば、助ける。


敵は、ユファレート・パーターに、合流したというルーアとティア・オースター、テラント・エセンツ。


それだけ揃われてしまうと、殺し合いをしても勝てない。


兵士たちは置いていくことにした。


連れていくのは、自分と同じ顔をした魔法使い二人、ジャックとガンジャメのみ。


戦うためではなく、機先を制し、出し抜くための人選だった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


捕らえたその男から、ルーアは特別なものをなにも感じなかった。


どこにでもいる魔法使い、という印象しか受けない。


中肉中背、平凡な顔立ち、少し額が広いだろうか。


三十歳前後に見えるが、四十代だと言われても驚きはしない。そんな外見。


ロープなど持ち合わせていないため、魔力の縄の魔法をルーアが使い、木に縛り付けていた。


ユファレートはいくらか疲労している。

まだ敵が大勢いるのだ。

魔力を温存してもらわなくてはならない。


細かい魔法は得意ではないが、今回はなかなかの出来映えだった。


この男の筋力で、易々と引き千切れる強度ではないだろう。


魔法を使えば破壊できるだろうが、そんな真似をすれば、かなり痛い目に遭うことになる。


男は、現段階ではおとなしくしていた。


顔を伏せ気味にし、ルーアたちと眼を合わせようとはしない。


「さてと。まずなにを聞くかな」


男の顔を、テラントは覗き込んだ。


「取り敢えず、お前、名前は?」


「……」


男は、無言で顔を逸らす。


テラントは、ごきごきと首の関節を鳴らした。


「……ふっ!?」


男の表情が、苦悶に歪む。

テラントが、腹に膝を打ち込んだのだ。二度、三度と繰り返す。


「ちょっ!?」


「テラント……!?」


「あー……お前らは、回れ右な」


抗議の声を上げるティアとユファレートの肩を掴み、ルーアは押していった。


敵の情報が不足している。

そして、情報は重要だった。

特に、圧倒的な人数差がある、今のような状況では。


捕らえた者を尋問するのは、当然のことだった。


ティアたちは納得しないかもしれないが、口を割らないのならば、尋問以上のことも必要となる。


テラントたちからは少し離れた木の陰まで、ルーアはティアたちを連れていった。


「お前らは、ここにいろ」


「あの、さ……ルーア……」


「オースター、直視しろなんて言うつもりはないけどな」


ルーアは、白い溜息を付いた。


「これも、戦闘の一部だ。どうしても認められないなら、武器なんて持たずに、どこかに隠れるか逃げるかした方がいい」


「……」


ティアもユファレートも、考え込む表情をする。


背後では、時折鈍い音が響いていた。


綺麗事だけでは、武器を持ち戦うことなどできない。


ティアもユファレートも、わかってはいるはずだ。


だが、完全な肯定も否定もできないだろう。


おそらくティアとユファレートは、ずっと中途半端な位置に立ち続けることになる。


戦闘を楽しむような人種ではなく、しかし、周りの人々のために力を奮う。


状況によっては敵を危めるが、非情にも成り切れない、そんな中途半端な立ち位置に。


「まあお前らに、尋問をやれなんて言わねえよ。取り敢えずは、あの男の立場にならんようにしてくれればいい」


二人とも、充分に女だった。

女と男では、敵に捕まる意味が違う。


ティアとユファレートを残し、ルーアは引き返した。


テラントだけに、汚れ役をやらせる訳にはいかない。


テラントは、剣を抜いていた。

魔法道具ではなく、普通の剣の方である。


銀色の刃の方が、魔法道具よりも効果的なこともある。


「俺は別に、善人でも正義の味方でもないからよ」


男の頬や口の周りは、赤く腫れていた。


「素直に質問に答えてくれない奴に、手荒な真似をすることもある。拷問みたいなこともな。爪を剥いだり、指を捩折ったり、皮を剥いだり」


テラントは、元々ラグマ王国の将軍だった。


捕虜にした敵兵や間者に拷問を加えてでも、情報を聞き出さなければならないこともある。


条約によっては、捕虜への拷問は禁じられているが、それは建て前に過ぎないだろう。


そして、テラントの性格上、部下だけに手を汚させることはできないはずだ。


やりたくてやっている訳ではないだろう。

だが、やろうと思えばやれる。


「お前さん、名前は?」


テラントが、男の頬に抜き身の剣を近付ける。


男の眼を見ると、怯えているようだった。


「……アルベルトだ」


名乗る。声は、少し震えていた。

テラントの脅しが効いたのか、いささか素直にはなっているようだ。


「じゃあ、アルベルト。次の質問だ。デリフィスという奴、わかるな?」


「……ああ」


「あいつは、どうなった?」


「岩の下敷きになったか、谷へと落下したか……死んだ、と聞かされている」


「……」


テラントの剣先が、わずかに動いた。

感情が揺れているのだ、とルーアは思った。

横顔に、変化はない。


「……次。お前たちの戦力について、話してもらおうか。人数、配置、能力、指揮官は誰か……」


「人数や配置は、言わなくてもわかるだろう?」


含むような言い方。

アルベルトたちも、『地図』のことは知っているのだろう。


「長年使い込んでいない魔法道具を完全に信用するほど、素直じゃねえんだよ。欠点の一つや二つ、あってもおかしくない」


それは、魔法使いではなく、そして頭の回るテラントらしい意見だった。


魔法という力に関しては、魔法使いの方が懐疑的であろう。


魔法の力に限界があることを、全ての魔法使いが理解している。


そして、魔法道具の力に関しては、魔法使いの方が盲信的であるかもしれない。


その力は、魔法の力を軽く凌ぐ。

『光の剣』、『ブラウン家の盾』、『ヴァトムの搭』、『隼の翼』、『拒絶の銀』、『インビジブル』、『蟲の女王』、『ジグリード・ハウル』、そして、『地図』。


これまでの旅で見てきた魔法道具の全てが、現代の魔法を超越した威力や効果を持っていた。

旧人類の魔法。


(……欠点、か)


余り考えていなかったことに、眼を向かされたような気がする。


「……いいのか?」


アルベルトが言った。口許に、微かな笑み。


「……あん?」


「オースター孤児院の北に、三十の配置。『地図』を見たなら、わかっているはずだ。お前たちが留守の間、オースター孤児院がどうなっているか……」


「あの部隊に、動く気配はなかった」


『地図』上の様子を思い出しながら、ルーアは言った。


「それに、離れすぎている。俺たちがオースター孤児院にいないことを、奴らは知らないはずだ」


アルベルトの含み笑い。


ルーアは、小さく舌打ちした。


「なにが可笑しい?」


「ズィニア・スティマは知っているな? 『最悪の殺し屋』」


「……」


「あの男は、様々な人体実験を受けていた。そして、異常な身体能力と剣士としての莫大な知識を得た」


「……それで?」


「あの男に比べたら実にささやかだが、私たちも人体実験を受けている」


「……私、たち?」


「私たちにある能力。それは、離れた場所にあっても、意思の疎通ができるというものだ」


アルベルトの笑みが、深いものになる。


「北の部隊を率いる指揮官に、伝えさせてもらったぞ! 貴様たちが、オースター孤児院を留守にしていることをな! さあ、何人の子供たちが犠牲になるかな!」


(こいつ……!)


視界が、赤くなったような気がした。


その顔を蹴り付けるためには、剣を突き付けているテラントが邪魔だった。


テラントを押し退け、足を振り上げかけて。


「ディレイト・フォッグ!」


魔法を発動させる声が、響き渡った。


一人のものではない。

複数、おそらく三人。


濃い霧に、包み込まれる。


舌打ちすることは、堪えた。

声を出せば、それだけ正確に位置を特定される。


霧から飛び出し、気配と魔力を探る。


背後から、軽い足音。

これは、ティアとユファレートか。


気配を感じた。左。近い。

いつの間にか、かなりの接近を許していた。


この耳にうるさい風の音がなければ、気付けていたのだろうが。


「なっ……!?」


気配の方に眼をやり、ルーアは絶句した。


そこにいたのは、アルベルト。

どうやって、束縛から逃れたのか。


魔力の縄を魔法で破壊した、瞬間移動の魔法を使った、それならば、魔力の波動で必ず気付ける。


破裂音。破壊の魔力の波動。

アルベルトを木に縛り付けていた方向からだ。


ユファレートの魔力の波動ではない。


アルベルトの魔法。


(どういうことだ……!?)


「リウ・デリート!」


混乱しながらも、ルーアは解除の魔法を発動させていた。

邪魔な霧が、いくらか薄れる。


ルーアの魔力の縄の残滓が、微かに視えた。

誰もいない。


テラントの罵声が聞こえた。

混迷が深まる。


ルーアは、アルベルトの姿を捜した。


森の深い方へ、背中を向けて逃げていくところだった。


追跡や魔法の狙撃を、躊躇ってしまう。


意思の疎通ができる、と言っていた。


それ以外にも、なにかしらの能力があるのではないのか。


だから、魔力の縄の束縛から脱出できた。


ルーアたちには知られていない、未知の能力がある。


当然、警戒しなければならない。

迂闊に追跡できない。


未知の能力に備え、魔法は攻撃よりも防御に使おうと考える。


アルベルトが森の奥に消えるのを、ルーアは座して見送るしかなかった。


ユファレートが、二度、解除の魔法を発動させた。

霧が消え失せる。


テラントが、顔をしかめながら戻ってきた。


アルベルトを含め、敵はおそらく四人。

一人を追っていたのだろう。


「すまん。逃げられた」


左腕に、魔力の縄の残滓が視えた。

足止めを喰らったのだろう。

この足場では、わずかな時間ロスでも追跡は困難になる。


「……どんな奴だった?」


ルーアの質問に、テラントは不審そうな顔をした。


「どんなって……アルベルトだが」


「……なに?」


テラントが追跡した方向は、アルベルトが去った方向とまったく違う。


それに気付き、ルーアははっとした。


ルーアがアルベルトだと思った人物は、顔が腫れていなかった。


(……別人? 双子?)


「あれ?」


ティアが、声を上げる。


「アルベルトって、あの魔法使い? あの人なら、あっちに……」


と、また別の方向を指す。


「……三つ子?」


呟き、ルーアは手で顔を覆った。

くだらない手で撹乱された。

騙されたのが自分たちでなければ、笑い出していたかもしれない。


「三つ子かそっくりさんか知らんが、同じ顔の奴らが三人いる訳か」


「そういうことだな」


呆れたように言うテラントに、ルーアは頷いた。


起きた事態を把握するにつれ、悔しさが込み上げてくる。


ルーアは、一度地面の雪を蹴った。


「見事に出し抜かれた。けど、いいさ。こっちに犠牲は出ていない。今後、同じ手に掛からなければいい。それよりも……」


「アルベルトたちにあるという、離れた所にいても意思の疎通ができるという能力。オースター孤児院を、北から襲撃すると言っていた」


テラントが続ける。


ルーアは、ティアに視線を送った。

ティアは、顔色を変えている。


「そんな……!」


「ああ、オースター。すぐに戻らないとな」


「待って。デリフィスは……?」


ユファレートの言葉に、テラントが眼を細める。


「……デリフィスは、生きているのか……?」


「生きているわよ!」


ユファレートの声は、疲労のためか少し掠れていた。


「谷に落ちたと思う。だけど、きっと生きているわ。谷底に生えた木に、付けたばかりの傷があったの。きっと、デリフィスが付けた印よ」


「そうか……」


テラントが、少し表情を緩ませる。

やはり、心配だったのだろう。

デリフィスとの付き合いは、テラントが最も長い。


「デリフィスは、俺とユファレートで捜す。ついでに、アルベルトたちも潰す」


ユファレートの肩を、テラントは叩いた。


「じゃあ、俺とオースターは、孤児院の方だな」


「頼む」


全員が、頷いた。


風が、また強まった。


ティアの案内で、急ぎオースター孤児院へと向かう。


テラントたちも、急いでいるだろう。


オースター孤児院もデリフィスも、切迫している状況かもしれない。


どうにも、移動ばかりを繰り返している。


アルベルトたちの狙いは、なんだ。

走りながら、それを考えた。


こちらを掻き回し、疲労を誘っているのか。


別の意図があるのか。


なんにせよ、どうにも煮え切らない、回りくどいやり方である。


微かな不安を、ルーアは感じていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます