西へ

水色の男が、高笑いをしている。


自分の力に酔っているように。


それを、ティアは半ば崩れた診療所の壁にすがりつきながら見ていた。


「……うそ」


膨大な光に、ルーアが呑み込まれたように見えた。


光の通った後は、路面や壁が融解している。


水路の向こうの民家には、大穴が穿たれていた。


騒動に目覚めたのか、家から出てきた住民がちらほら見えるようになってきた。


遠くから、鐘の音が鳴り響く。


怒鳴り声も聞こえる。


距離があるためか、内容は聞き取れない。


何度も同じことが、叫ばれているようである。


水色の男に、変化があった。


高笑いをやめて、苛立った様子を見せる。


なにか呟くと、路地へと入っていった。


デリフィスを遮っていた兵士も、身を翻し退散する。


デリフィスは、追わなかった。


ルーアの安否を確かめるのが優先だと判断したのだろう、水路へと走っていった。


おかしな動悸がする。


ティアも、水路へと向かった。


うまく走れない。


なにもない所で、躓いたりする。


デリフィスは、地面を調べていた。


「……ルーアは?」


声が、震えた。


魔法の余波か、周囲の空気が弾ける音がする。


熱気で蒸し暑い。


「当たってはいない」


デリフィスは、水面に眼をやった。


「よけた。いや、滑り落ちたか? バラクは、勝利に眼が眩んで見落としたようだが」


バラクとは、水色の『悪魔憑き』のことか。


「無事なの?」


「当たってはいない」


水路。流れは早かった。


負傷したルーアでは、無事だとは断言できない。


「捜してくる」


手の埃を払って、デリフィスは言った。


「あたしも……」


無言で、診療所を指される。


「……わかったわよ」


水路は、西へと延びていた。


赤く鈍い輝きを放つ、『塔』が見える。


「……ちょうどいい」


『塔』に、ダリアンはいる。


デリフィスは呟き、水路沿いを走っていった。


鐘と大声は、今だに鳴り響いている。


騎馬が駆けているのか、馬蹄の響きも聞こえる。


辺りが、騒然としてきた。


叫ぶ内容が、ようやく聞き取れるようになってきた。


「『ヴァトムの塔』に、誤作動の恐れあり! 住民のみなさんは、直ちに街の外へと避難してください! 繰り返します……」


ヴァトムの軍隊だろう。

騎馬の一団が、通りを走っている。


分かれ道の度に、二騎が集団を離れてその道を進む。


二人一組なのだろう。


診療所の方へも、二騎が向かってきた。


一人は鐘を鳴らし、一人は拡声器を口に当てて、警告を叫んでいる。


診療所の前で、馬を止めた。


それも仕方ない。


診療所の壁は崩れ、道には『コミュニティ』の兵士の死体がいくつも転がっているのだ。


外に出たユファレートに、なにか問い掛けている。


詰問しているようにも見えた。


ティアは、慌てて診療所へと戻った。


ユファレートは、魔法に関係することはとんでもなく饒舌だが、それ以外には、ぼんやりとしたところがある。


うまい応対ができないかもしれない。


「よく聞こえないですね。なにがあったのか、説明して欲しいだけなのですが」


騎馬兵の物言いは丁寧だったが、口調は威圧的だった。


馬から降りることもしない。


「ここで、謎の集団が争いを始めましてね」


魔法医のワッツだった。


診療所から出て、ティアとユファレートの肩に手を置く。


「通りすがりの彼女たちが、私たちを庇ってくれました。おかげで、私たち夫婦は無傷です」


領主リトイ・ハーリペットは、『コミュニティ』のメンバー。


だから、軍や警察と関わることも危険。


そこまで説明はしてはいないのだが、ユファレートの態度で察してくれたのかもしれない。


騒動の当事者として連行されるのは、まずい。


事態は切迫しているのだ。


いつの間にか、診察室の仕切りのカーテンは閉ざされて、宿屋の親子は隠されていた。


カーテンの前には、ワッツ夫人が無表情で立っている。


宿の女主人の腹部の創傷を見られたら、また面倒な質問をされるところだった。


「これは、ワッツ殿」


騎馬兵が、馬を降りる。


ワッツのことを、知っているようだ。


腕の良い魔法医であるから、兵士の治療をすることでもあるのだろう。


「聞こえたと思いますが、街は今、大変危険な状況にあります。直ちに避難なさってください」


「そうしたいのは山々ですが、なにしろここは診療所。入院患者もいます。彼らを置いて、避難するわけにもいきません」


「それはわかりますが」


「馬車を一台用意してもらえますと、とても助かります」


「なるほど。では、そのように手配致しましょう」


兵士たちは、馬に飛び乗って立ち去っていった。


その姿が見えなくなってから、ティアは頭を下げた。


「助かりました」


「なに、君らは『塔』の発動を止めようとしてくれているのだろう? 色々事情があるようだが、詮索もしないよ」


地面に転がる、『コミュニティ』の兵士へと眼を向けた。


「私は医者だから、人間の体をよく知っているつもりだ。彼らが普通ではないのは、見ればわかる。事情を知るのは、とても危険だろう?」


笑いながら、言う。


「以前会った時も、今も、君たちはとても悪人には見えないからね」


ティアは、もう一度頭を下げた。


「着替えを」


ワッツ夫人が、頷く。


宿の女主人の服は、血が付着していた。


兵士たちに見られたら、また不審がられるだろう。


ワッツ夫人とユファレートと協力して、寝巻きを着せた。


やがて、馬車を準備した兵士たちが戻ってきた。


「全員は乗れないね」


馬車の荷台を覗いて、ワッツが言った。


「行きなさい。私は残ろう」


「……ワッツさん?」


「患者の家を回ってくる。みなの避難を確認したら、私もすぐ行くよ」


「危険すぎます!」


「私は、医者だ。そのことを、誇りに思っている。だから、医者として誇りに思える行動を取りたい。患者がまだいるのに、避難はできない」


ワッツ夫人は、夫の顔を見つめている。


その頬を、ワッツは撫でた。


「御婦人の治療は、まだ完全に終わっていない。頼むよ」


「……はい、あなたも気をつけて」


ワッツ夫人が止めないのだ。

ティアには、これ以上口出しすることはできなかった。


ワッツ夫人と兵士が協力して、馬車の荷台に宿の女主人を運んだ。


ユファレートが、女の子を抱き上げて乗り込む。


最後に乗ろうとしたティアに、ワッツが耳元で囁いた。


「すぐに、仕切りのカーテンを閉めればいい」


馬車を走らせる兵士たちが、邪魔だとは思っていた。


先程、疑われたばかりである。


『コミュニティ』と繋がりがある可能性だってあった。


当然、その視線は気になる。


「カーテン閉じたら、余計怪しまれないですか?」


「最初は、何度か覗かれるかもね。そうしたら、咎めるような視線を向ければいい。それで、男は見づらくなるものだよ。君たちは、全員女性だからね」


そして、ワッツは悪戯っぽく笑った。


馬車が、走り出した。


ワッツだけを残して。


西地区である。


街の西門へと、馬車は向かった。


そして、西門を出てしばらくしたら、『塔』へと着くはずだった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


『ヴァトムの塔』。

おかしな所だった。


ダリアンは、『塔』の屋上にいた。


下から見上げるた時は、天まで届いているのではないかと思えたが、実際には雲までも届いていない。


四百メートルくらいの高さだろう。


屋上は、学校のグラウンドほどの広さがある。


壁も柵もない。


それなのに、なぜか無風だった。


なにか、不思議な力で守られているのだろうか。


『塔』全体の材質も、訳のわからない物だった。


大理石のような白さ。


それに、赤い線が無数に張り付いている。


だから、遠目だと『塔』は深紅に見えるのだ。


赤い線は、血管のように脈打っている。


『塔』にいると、その鼓動のために、巨大な生物の体内にでもいる気分になった。


『塔』の中に、階段はなかった。


横開きの扉で遮られた小部屋がある。


扉は自動で開き、小部屋に入ると、振動と共に体に軽い負荷がかかった。


そして、しばらくしたら、また扉は自動で開き、屋上へと出ることになる。


(旧人類の、失われた技術、か……)


不思議というよりも、気味が悪いという印象をダリアンは持った。


原理がわかる物が、なに一つとしてない。


きっと人間は、理解できないものに恐怖を抱くのだろう。


屋上のほぼ中央に、『塔』の中枢というべき存在があった。


ランスのような形状の物体がある。


ただし、ランスにしては巨大すぎる。


もし、家ほどの大きさの人間がいるのならば、ランスとして使えるのかもしれない。


そのランスの先から、『塔』の力は放たれるらしい。


ヴァトムの街の中央へと向いていた。


ランスの下には、箱状の物があった。


箱には、楽器の鍵盤のように、四角の形の物が無数に並んでいる。


それを押すと、ランスを起動できるらしい。


起動の方法を、『コミュニティ』は解析していた。


恐ろしい組織だと、つくづく思う。


ランスの下の箱の前に、男がいた。


死神から与えられた、部下の一人である。


レオン、と自己紹介された。


『悪魔憑き』らしい。


外見上は、普通の人間と全く変わらない。


ランスの起動方法は、この男が知っている。


死神から与えられた部下は、あと二人いた。


一人は『悪魔憑き』。


バラクという名前の、全身が水でできているような男だった。


もう一人は、普通の人間の魔法使いだった。


パウロという名前である。


ただの人間の魔法使いのはずだが、『悪魔憑き』よりも危険な気配を感じた。


実際のところは、わからない。


ダリアンは魔法使いではないのだ。


魔力が感知できないので、彼らの実力を正確に読み取ることはできない。


だが三人とも、一癖も二癖もあるのは間違いない。


小部屋の扉が開く。


水色の体をした男が、屋上に出てきた。


『悪魔憑き』のバラクである。


自分の力に、自信を持った男だった。


そして、好戦的である。


ルーアを仕留めるために真っ先に『塔』を出たのは、バラクだった。


「ルーアを、殺したぞ」


聞き取りにくい声で、そう言った。


「そうか」


なぜか、戸惑うような気分にダリアンはなった。


レオンの視線を感じる。


ダリアンが命令を出せば、『塔』が起動される。


何十万という人間が、消滅するのだ。


「どうした? ルーアは殺した。『塔』を起動させないのか?」


ルーアが死んだら、『塔』を起動させる。

そういうルールだった。


「……遺体は?」


「吹っ飛んじまったよ」


「絶対殺したと、言い切れるか?」


バラクが、眼を細めた。


「……なんだ? あんたまさか、びびってんのか?」


「……そうではない。俺は、ゲームの主催者だからな。ルール違反を犯したくはないだけだ。死体を確認してから、『塔』を発動させる」


バラクが、あからさまに舌打ちをした。


「バラク」


レオンが咎める。


「どの道、正午までには『塔』を起動させるのだ」


「わかってるよ。仕方ない。水路でも浚って、死体を捜してくるか。レオン」


「なんだ?」


「俺が街にいるのに、誤作動されては堪らん。お前も来い」


レオンは、溜息をついた。


やれやれ、という風に立ち上がる。


「あー、そうだ」


バラクが、小部屋の扉の前で振り返った。


「警官や軍人がうろうろし始めているが、事を起こしたらまずいんだよな?」


「そうだな」


警察と軍隊は、リトイに繋がる。


こちらから、手出しはしない。


リトイから、手を出させる。


それで、正当防衛が成り立つ。


リトイを殺す理由ができるというものだ。


「びびってる……か」


『塔』の屋上で一人残され、ダリアンは呟いた。


あるいは、本当に怖じけづいたのかもしれない。


気持ちが揺らいだのは、事実だ。


自分が決断したら、大勢の人間が死ぬ。


迷いも出るというものだ。


必要ならば、どんな非人道的なこともできる自信が、ダリアンにはあった。


それでも、迷いは生ずる。


まだ、人間らしい部分が残っているということか。


必ず、『塔』は発動させる。


それが、世界の裏側の最大の組織、『コミュニティ』でのし上がる近道となるはずだ。


組織のトップの一人、死神からの、直々の指令なのである。


必ず、必ず『塔』は発動させる。


あとは、決心を固めるまでだ。


焦る必要はない。


正午までに、固めればいい。


ダリアンは、自分にそう言い聞かせた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


「こりゃ、どうなったかな……」


テラントは呟いた。


戦闘があった。それはわかる。


いくつも、『コミュニティ』の兵士の死体が転がっているのだ。


見覚えのある、剣で斬られた跡。


焼け焦げた死体も、いくつかある。


壁が半壊した建物。

『ワッツ診療所』と看板には書かれている。


この場所を見つけるのは、そう難しいことではなかった。


街の外へと避難中の住人を掴まえて尋ねたら、すぐに返答があったのだ。


どうやら、ワッツはかなり優秀な魔法医らしく、街ではちょっとした有名人のようだ。


(戦闘があった。それはいい。問題は、だ……)


デリフィスたちの姿がない。


戦闘に、勝ったとしたら。


次の襲撃を警戒して、場所を移した。


もしくは、敵がいるという、『塔』に向かった。


あまり考えたくはないが、負けたのだとしたら。


最悪なのは、すでに全員が殺されていること。


(やっぱ、『塔』かな)


捜すとしたら、そっちの方向だろう。


それに、『塔』にいるダリアンという男を倒せば、勝ちと言われた。


敵の言葉を、鵜呑みにしたわけではないが。


「……君は?」


声を掛けられて、テラントは顔を上げた。


松葉杖を付いた男と、それを支える白衣を着た中年の男がいる。


声をかけてきたのは、白衣の男の方だった。


医者のように、見える。


「あなたが、ワッツさんですか? 魔法医の」


「そうだが、君は何者だい? 見たところ、病気や怪我をしている様子はないようだが」


警戒されている。


ここで戦闘があったのだろうから、仕方ないことか。


「俺は、テラントってもんです。旅の連れが、ここにいると聞いて、やってきました」


「……テラント? テラント・エセンツかい? ラグマ王国の」


「……そうです」


少し、嫌な予感がした。


ラグマ王国とホルン王国の関係は、良好とは言えない。


だが、ここで嘘をつくのも不自然だった。


「いや、驚いた。ラグマ王国の若き常勝将軍と、こんな所で会うとは」


懐かしい呼び方をされて、テラントは苦笑いをした。


「私のことをご存知なのですね。ですが、警戒はなさらないでください。今の私は将軍はおろか、軍人ですらありません。ただの一介の旅人です」


将軍、と呼ばれ、テラントは自然と丁寧な話し方になった。


「知っているよ。君のことは、気にかけていた。いや、正確には、君に嫁いだマリィのことを」


「妻のことを」


「ああ、知っているよ。彼女も私も、以前は『放浪する医師団』に所属していた」


「そうでしたか……」


『放浪する医師団』とは、国境を越えて世界各地で医療活動を行っている非営利団体だった。


「マリィほどの魔法医を、私はまだ見たことがない。そして、彼女は美しかった。外見もそうだが、なによりもその魂が」


そうだ。それに、テラントは惹かれたのだった。


「彼女には、国境も人種も、貧富の差も関係なかったな。傷ついた者のために、日夜奔走し、時には魔力を使い果たし、気を失うまで傷を癒して回っていた。医師としてのあるべき姿を、彼女は体現していた」


ワッツは、懐かしそうに眼を細めた。


「医師も患者も、男共はみんな彼女に惚れていたよ。ああ、これは女房には内緒にしておいて欲しい」


そして、笑った。


「彼女が嫁いだ相手として、君のことを知ったのだよ、エセンツ将軍」


「妻は……」


「ああ、そうだったね……。まったく、なぜ彼女のような人が……」


「私は、妻を殺した男を追っています」


「……仇打ちのためかい?」


「あれは、平和を愛し、争いを嫌う女でした。だから、仇討ちなど望まないでしょう。全て、私の自己満足のため。……恥ずかしい話です」


マリィのことを思い出すのは、簡単だった。


眼を、閉じればいい。


だが、あの日から。


瞼の裏に映る彼女の姿は、血に染まった。


思い出は、汚されてしまった。


「……今は、連れのことが心配です。デリフィスという男が、ここにきませんでしたか?」


「その名前の剣士さんなら、負傷した赤毛の……ルーアとかいう名前だったかな、少年を連れてきたよ。それに、少女も」


どうやら、間違いなさそうだ。


デリフィスたちは、この診療所を訪れている。


シーパルと顔見知りらしいあの魔法使いは、嘘を言ってはいなかった。


敵にも拘わらず、情報を提供した理由は不明だが。


「彼らは、今どこに?」


ワッツは、水路を指した。


「赤毛の少年は、戦闘中に水路へと落ちて流されてしまったようだ。剣士さんは、それを追っていったよ」


水路は、西へ続くようだ。


『塔』が見える。


「ティアとユファレートだったかな? 少女二人は、患者さんを連れて街の外へ避難しているところだろう」


ユファレートもいたのか。


なにか理由があってのことだろうが。


避難というのは、『塔』が誤作動を起こす可能性があるからか。


ここへ来る途中にも、軍隊や警官がその内容のことを警告して回っているのを、テラントは見ていた。


誤作動というのが、引っ掛かった。


『塔』にいるダリアンという者を倒せば勝ち。

その言葉が思い出される。


「避難というと、西門の方でしょうか?」


距離を考えると、そうなる。


「そうだね」


ワッツが頷く。


全員が、西へ向かっていた。


ならば、テラントが次にどうするべきかは決まっている。


「わかりました。私も、西へ向かってみます」


また、長距離を走ることになりそうだ。


「将軍」


走ろうとしたところで声をかけられ、テラントは肩越しに振り返った。


「マリィから、手紙が届いたことがある。君と結婚して、しばらくしてからのことだ」


「手紙、ですか」


「幸せだと、書いてあったよ」


「……」


テラントは、眼を伏せた。


「君は、自分を恥じるようなことを言っていたが、私が君の立場ならば、私は攻撃的な魔法を習うことだろう。もし、妻が殺されているところを見たのならば、メスを凶器に変えるだろう。だから、君を恥ずかしい男とは思わない。同じ男としてね」


ゆっくりと、丁寧に言い聞かせるような話し方だった。


テラントは、一礼してワッツに背を向けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます