リバース・スラスターズ

作者 マユ・クロフト

101

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

これは傑作。大きな敵に立ち向かう少年少女の姿を描いた本格派のスペースオペラだ。しかし少年少女の甘く切ない心の揺れ動きも描かれている。青春ジュブナイルとしても美味しい。

23世紀の初頭、人類は深宇宙より襲来した謎の敵性異星体グォイドに対し太陽系防衛艦隊を結成、太陽系を舞台に種の存亡を賭けた大宇宙戦の時代を迎えていた。航宙艦エンジニアの少年ケイジは二十歳前後の少女でしか扱えない航宇宙戦闘艦〈じんりゅう〉に救助される。しかし、〈じんりゅう〉も主機関が故障し危険な速度で最中であった。ケイジは〈じんりゅう〉の少女クルーと協力するが行く手に敵の影が潜んでいた。

 本格的なSF世界観の中で少年一人と美少女達によるラブコメも含まれて楽しめる。登場人物もみな個性的だ。台詞や「」内文章で上手く差別化できているのも面白い。戦闘シーンは熱量がある。日常シーンではニヤニヤできる。シリアスとラブコメをここまで上手く融合させた手腕は見事としか言いようがない。ただひとつ評価を落とす点はSF特有の専門用語の多さだ。特に戦闘シーンでは何を言っているかさっぱりわからない箇所がけっこうある。雰囲気で理解できる。説明が事前にされていないわけではない。しかし一度説明した専門用語が延々と繰り広げられてそれを覚えている読者が多いとは思えない。読み手を意識した描写にするだけで更にいい作品に仕上がるだろう。 アラフォー女の風子『75点/100点』

★★ Very Good!!

地球圏の存亡をかけた戦いを描いてる作品だけど、自分が好きなエピソードは〈アクシヲン三世〉という本編の枝葉の一つである深宇宙を目指した物語です。まぁ本編ではないからサクっと終わってて勿体ねぇなぁとは思いました。(ま、まぁ人外生物とのコミュニケーションとかは本編でやってるから…)

一般受けしないけど好きなジャンルです。

★★★ Excellent!!!

最初はよくある女の子クルーと主人公少年のドタバタ・ラブコメメイン話だと思っていた。
すんません、いい意味で予想を裏切られました。
素晴らしい正統派SFです。ぐいぐい話に引き込まれました。
文章で、その場の情景をまざまざと思い浮かべる事が出来る。敵艦隊との死闘、現場の息詰まるやりとり、艦内の仲間との心休まる時間。すべての情景が秀逸です。この物語は映像にしたら物凄く映えると思う。特にアニメ。そのくらい情景描写が見事です。

★★★ Excellent!!!

宇宙戦艦に組み込まれたシステムを駆使し、人類の敵と戦うという壮大なスペースファンタジー。宇宙での戦闘を始め、地球とは異なる危機迫るピンチなど見所もタップシですが……やはり見所は此処でしょう。
この船を扱えるのは女の子のみという点です!
様々な美女揃いの宇宙戦艦と聞くとナデシコを彷彿とさせますが、それに勝らずとも劣らぬ美女揃い。
そんな中に男子が放り込まれたら……ニヤニヤが止まりません(笑)
SFハーレム(?)を読みたい方が居られたら、此方を手に取って見て下さい。SF小説の名に恥じない細かな設定や、SFチックな兵装なども注目です。

★★★ Excellent!!!

強大な敵との避けられない戦い。
希望を与えられそして今度は自分が与える。
敵に勝る武器は一つ。
少女達のみが扱える超高速思考統合システム。
精密なのにとても読みやすく一気に読んでしまいました。
宇宙戦艦とスペースオペラ好きとしては星3つでは足りない気分です!

愛とはお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

Love does not consist in gazing at each other, but in looking together in the same direction.
 Antoine de Saint-Exupéry

このスペオペ、このロマンを是非!

★★★ Excellent!!!

希望を失った少年は、それでも戦いの道を選び、
希望そのものである少女たちは、人類の剣となって未知の敵と戦う。
広い宇宙の片隅で、少年は少女たちと出会い、希望を取り戻していく。

ラブコメのような漂流生活にニヤニヤと笑い、
微かな希望を胸に戦う艦隊戦に胸を熱くする。
無限のロマンを堪能しました。