8/人形劇の記憶

 人形劇か何かを、一緒に観た記憶がある。


 まだ小学校に上がる前だろうか。隣町の小ホールで開かれた小さな劇で、ジョーとアスミで並んで座って観劇したのだ。


 ジョーの母親とアスミの母親も親交があった。詳細は思い出せないが、たぶん子供二人が観劇している間、喫茶店でお茶でも飲んでいたのだろう。そして何があったのか、人形劇の終了時間になっても、二人はホールにやってこなかった。


 とまどうジョーを横目に、アスミはホールの外に出て、バス停まで歩いて行った。


 お母さんたちはどうしたのだろう。不安にかられているジョーに対して、アスミはここで待っていれば大丈夫、と言った。


 ジョーは理由を尋ねた。


 私たちの街に帰るバスはここからしか出ていないから、とアスミは答えた。また、仮に母親二人と合流できなかったとしても、運転手さんに話せば、きっと子供の自分たちを街まで乗せてくれるくらいはしてくれるだろうと。先に家に帰って待っていたっていいんだ、と。


 アスミは、頼もしい。そんな印象が強く残っている。


 顛末てんまつは思い出せないが、現在ジョーの母親は元気に暮らしている。たぶん、何とかなったんだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!