第一話「思いがけない助力」

5/勝てなかった話

 第一話「思いがけない助力」/


 植物の蔦が絡みついた道路沿いのブロックべいに、電柱の影が伸びている。照りつける日光はアスファルトの地面を焼き、生物という生物が日陰に避難したい。そんな気持ちを共有しているかのよう。


 今日から夏休み。だが、開放感と鬱屈感が半々くらいの複雑な心境で、宮澤みやざわジョーは二年半でだいぶ修復された街中を、夏季講習のための登校という目的で歩いている。


 抜けるような空。だが、その先に続いて行く未来のことを考えると、気が重くなる。


 少し、面白くなくても「敵わない」という話をする。


 柔道、というスポーツを知っているだろうか。人を投げたり、関節を決めたり、首を絞めたりする。中学生の一時期の頃、ジョーが打ち込んだ、闘争から派生したスポーツである。


 幼いなりに、力を求めていた。その道を追う過程で、少しばかりの勝利と、そして人生観に関わる敗北を経験した。


 戦歴から言えば、中学の最後の夏。県で個人戦ベスト三。そして、全国大会の初戦敗退、である。


 悪くは、ない。だがそれだけでは、生きていけない。


 夏の暑さと最後の全中での敗北経験は、ジョーの中でリンクしている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!