231/聖女からの伝達事項(1)

「私達が生きている世界、『今、ここ』のすぐ近くに重なるように、『ここではないどこか』、そんな別の世界が存在している、そんなことを思ったことはないか?」


 聖女・中谷理華の問いかけにジョーは応えた。


「ある」


 それは例えば、何気ない「街角」の薄皮一枚をペリペリと剥がしてみると、そこには「紫の館」が存在している。かもしれない。そんな話だ。


「そんな世界が本当に存在しているのか。それは、人間側の『認識』に寄るんだ。認識できる者にとっては存在するし、認識できない者にとっては一生そんな世界は存在しない。


 さて、ここ、片隅の島国の偏角の『S市』は、何故、こんなにもオントロジカが豊かなのか。それは、『認識』にまつわる『奇跡』が集積しているからだ」

「『奇跡』?」

「『本質能力エッセンテティア』は一つ一つの生命に個別に宿っているものだ。一方で、生命一つではどうしようもないような、世界そのものを変えてしまう類の、『能力』を超えた『能力』、『個』として分割された存在には不可能な領域に干渉できる、そんな現象が世界には存在している。それが、人類史上七つだけ観測されている『奇跡』だ」

「『本質能力エッセンテティア』を超えた、『超・本質能力エッセンテティア』みたいなものか?」

「イメージとしてはだいたい合ってる。そして、観測済みの『奇跡』のいずれもが、ある個別の『本質能力エッセンテティア』が覚醒する形で世界に現れている」


 アスミから、S市のオントロジカは世界の他の場所と比べても豊かだという話は聞いていた。しかし、アスミはその理由までは心当たりがないようだった。理華は、何かこの地の守人もりびとであるアスミも知らないようなS市の真実を知っているようである。


「S市に古くからある三つの武家。それぞれが一子相伝で各々の『認識』にまつわる本質能力エッセンテティアを伝承してきた。『映認』の弓村。『破認』の甲剣。『操認』の槍間。しかし、現在はいずれも跡取りは途絶え、三つの本質能力エッセンテティアは、一時的に私が預かっている。発動させるには条件が伴うけれど、私がアスミさんに『操認』をほどこしていたのはもう君も気づいているね?」


 認識を操つる本質能力エッセンテティア。アスミの人形の体を人間の体だと周囲に認識させていたのは、藍色のリボンに込められた『操認』の本質能力エッセンテティアに寄るものだった。


「続いて、弓村の『映認』の方から。これは、『認識する力を高める』能力だ。常人よりも遠くのものを見ることができるようになったり、構造物の構成を正確に理解できるようになったり。彼方の星を認識できれば、極小の世界の成り立ちも理解できる能力。さて、これから君が『紫の館』に入ったら、最上階の望遠鏡を目指せ」


 望遠鏡。確かにあった。気がする。ジョーはスヴャトとその望遠鏡を覗いて、「宇宙の果て」に関して語り合った。あの時、スヴャトはどんな話をしていたんだっけ?


「望遠鏡を君が再び覗いた時、『映認』を超えた『永認えいにん』が発動する。人類史上七つだけ観測された『奇跡』のうちの一つだ。これは、『全ての世界を認識することができる』現象だ」

「『全ての世界』?」

「現在、過去、未来。そして全ての可能世界だ。それらを一瞬にして『認識』できると伝えられている。


 その『全ての世界』の中に、君が求めるお祖父さんにまつわる真実もある。だがね」


 今宵の、聖女からの伝達事項の一つ目。そのリスクに関しては、話を途中まで聞いて、ジョーにも予想された事柄ではあったけれど。


「君という個人は、『永認』に耐えられない。『全ての世界』を見るなんて、一人の人間の容量を超えた事態だからね。だから、『永認』が発動したら、座標を意識するんだ」



――あらゆる世界全てを見渡せるとしても、本当の自分はどこにいたいのかをしっかりと持つんだ。



「じゃないと『永認』に飲み込まれる」


 そのリスクを聴いてなお、ジョーはX――祖父にあった出来事を。歴史を。知らなくてはならないと思った。


 巨大な機構を見栄えよく駆動させるために、消えた方が都合が良い部品があったとして。いざその螺子ねじ一本、歯車一つが虚空へと零れ落ちていった時、掬い取ろうと手を伸ばしてしまう。そんな、不用品と切り捨てられてしまう断片が、それでもここまで辿り着いた歴史ルーツを、自分だけは抱き留めたいと願ってしまう。


 この気持ちはジョーの中心から来るものだ。姉のカレンに「全ての棄却される存在の味方」なんて呼ばれてから、ますます輪郭がはっきりとしてきていて、もう偽れない。


 巡る世界とS市の関係について。覆われていたヴェールを少しずつ剥がしていく理華は、続く「破認」の話の前に、ジョーとも縁があるある真実を伝えた。


 それはたとえば、「途切れない永久とわ色のチェーン」について。


「『映認』を覚醒させて『永認』という奇跡をこの世界に出現させた者の名は」



――『夢守ゆめもり永遠とわ』だ。



 それは、アスミの母親、人形師・空瀬アリカが一九九九年の七月に一度だけ本物を目撃したという神秘の少女。彼女が創り上げた最高傑作『理想的な人間像』のオリジナルになった人物の名前だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!