• 非幸福者同盟

  • 第三話「拠り所の守り人」
  • 76/こんな自分なりに

76/こんな自分なりに

 ジョーの言葉と同時に、志麻のスマートフォンのメッセージ着信音が鳴った。送り主は、アスミしかあり得ない。


 超女王の言葉に揺さぶられていた気持ちが、収まっていく。志麻にある大事な二つの記憶のうちの一つ目。自身の手首を傷つけたあの日。病室にアスミがやってきて、アスミの秘匿をそっと打ち明けてくれた。心の奥に残留し続ける、アスミの言葉を思い出す。



――だから私は、自分の身体を傷つける人は、キライなの。



 その時、志麻の魂を規定した一つの気持ち。私は、アスミのような人間を守るように生きていきたい。例え、母親を許せないような醜い人間なりにでもだ。


「愛する人が病室のベッドで眠っている。お医者様からは、99パーセント目覚めないでしょうと告げられている。それでも、星に願い続ける。これから先の私の幸福の大部分を対価に差し出しても、愛する人に目覚めてほしいと」


 志麻は凛と、ジョーに答える。


「でも、決して愛する人は目覚めない。そういう街になってしまうということよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!