75/姉ちゃん

「交渉は決裂ですか」


 超女王の周囲に大量の蝶が、蜂が、加えて上空から襲来する鴉の群れが現れる。セミナースペースにいた男たちがゆっくりとこちらに向かって歩み出し、遠方のエスカレータから、奥の階段から、わらわらと、意識をはく奪された男達が降りてくる。


 それでもジョーはさらにもう一歩前に出る。


 ジョーはただ人間が持っている「共感」として、姉のカレンの気持ちに想いを馳せた。胸に痛みと、強い気持ちが湧き上がってくるのは、ジョーは家族に抱く感情として、不器用でも優しい姉を愛していたから。


 一番近くにいた、信頼できる人間、志麻にゆっくりと聞いてみた。


「アスミが、オントロジカは奇跡の源だと言っていた。『奇跡』まで強い人間の支配下に置かれてしまったら、弱い人たちはどうやって夢を見るんだ。この街はどうなるんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!