68/杜の都にて

 コンビニエンスストア、ホテル、企業が拠点にしているビルディング。そんな中に並ぶ街路樹が、夏の日差しの光と緑のコントラストを演出している。


 小一時間の探索の後、志麻が少し休憩と、街路樹を囲っている柵に腰かけた。周囲には同じように日陰で涼を取る人々が見られる。いつもの夏のS市中心部の風景である。


「じゃあ、俺、アイス買ってくるよ」


 基本的には市街を回って存在変動律が感じられる場所を探すという本日の探索だったが、志麻は同時に複数の機械鳥や機械鼠も展開して制御している。消耗は激しいのだろうと、ジョーは街角のアイスショップを指差して申し出た。


「それは、宮澤君のおごりなの?」

「うーむ。じゃあ、そういうことで」

「私、バニラ」


 その時、志麻のスマートフォンのメッセージ着信音が鳴った。おそらくはアスミと陸奥の組からだが、画面を眺める志麻の表情には特に緊急性は感じられない。


「なんだって?」

「ん。進展なしね。あっちも、タコ焼きを食べて休憩中だって」


 じっとタコ焼き屋を眺める陸奥にいたたまれなくなって財布を開いたアスミの図が思い浮かんだ。陸奥にタコ焼きの味を教えた自分に若干の責任を感じながら、ジョーはゆっくりとアイス屋さんに歩いて行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!